可愛くなるためにすることはこんなに簡単だった?

自分を低く評価しては、うまくいくこともいかなくなります

 

自分で自分をどう評価するかというのは、意外にも大切な問題です。

その評価が自分の像を作りあげてしまうためです。

整った顔立ちをしているにもかかわらず、「私は何をやってもダメ」と思い込んでいるような人がいます。

スポンサードリンク

周りからの評価は決してそんなはずはないのですが、本人が自分をそのように低く評価していると、 他人がなんと言おうと、自分をそういうイメージで しか捉えられないのです。

とくに女性の場合、容姿というのは自分の像をつくる大きな条件です。

自分で自分の姿かたちをどう評価するかで、自己のイメージは大きく変わってくるといっていいでしょう。

 

アメリカでおこなわれた興味深いある実験データがあります。

自分は「平均並みの容姿だ」と思っている女子高校生は社会への適応度が高く、逆に「自分の容姿は劣っている」と感じている女子高校生は、適応度が低いという実験結果が出たのです。

 

つまり、「私はかわいくない」と思いこんでいる女性は、実際にかわいいか否かは別として、なかなか周囲に溶け込みにくいという実験結果を示しています。

この傾向は、学校現場だけでなく、女性が数多くいる職場などでも見られるはずです。

スポンサードリンク

しかし、よく考えると、美の基準は時代とともに移り変わるものです。

それは化粧の仕方にも流行があることを考えただけでもわかります。

江戸時代の人が現代の女性の化粧をした顔を見て、美しいと感じるとは思えません。

 

それは浮世絵の美人画が、今の女性の美と大きく違うというのと同じです。

自分を低く見ていては、うまくいくこともいかなくなります。

自己評価を容姿だけに求めるのはゆがんだ評価です。

 

自分自身のよさがどこにあるかを探してください。

そして、自己イメージを高く持つことで、さらに魅力が備わり、それがやがて表にあらわれてきます。

 

 

自分の評価は他人ではなく自分がするもの

 

今はとにかく他人の評価ばかり気にする風潮があります。

自分を高く買ってもらおうと、 目も耳も外へ向けてばかりいます。

そして、少しでもほめられると大喜びし、けなされると即座に落ち込んでしまうのです。

 

外から受ける圧力を気にしてばかりいると、ストレスが高じて心身に不調をきたしても不思議ではありません。

ストレスは、またあなたを自身のない人間にさせるのです。

自分の評価は自分ですればいいのです。

 

「自分の評価は自ら行なう」という心構えがあれば、人は自分を生かせるはずです。

ここで注意するべきことがあります。

人は自分にはとかく甘くなりがちです。

 

悪いところは正面から受け止める強さが必要です。

人の欠点はすぐ目につくのに、自分には目をつむったままというのでは、正しい評価はできません。

欠点は治す努力することで、より自分に自身がもてるはずです。

 

そして、心をひかれることがあれば、ダメでもともとと考えて、チャレンジしてほしいものです。

人から見たら失敗と思われることでも、「もう少しというところまでいけた」という手ごたえがつかめれば、しめたものです。

それだけの力があるという評価ができ、自信へとつながります。

 

自分に自身がつくと人生は大きく変わります。

人生が変わると、必ずあなたの恋愛や仕事や学校での出来事は変わってくるはずです。

綺麗な女性や可愛い女性というのは、必ず自分に自信がある人です。

 

自分に自信がある人というのは、自然と周りが寄ってくるのです。

そういう人になるには、まずは自分に自信を持つということです。

 

関連記事

→高校生でも簡単に可愛くなる方法

→笑顔が素敵な女性になる方法と条件

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る