彼女

彼女が信じられない時は別れるべき?それってトラウマが原因かも!

お互いがいい関係を作るには、言葉の使い方が重要

 

「この人は自分を理解してくれている」

と信じていたのに、それが揺らいでしまうという経験をしたことはありませんか?

友人、恋人、親や家族などの何気ないひと言に、「何も分かってくれていない」と落胆してしまう。

脱力感を覚える瞬間です。

スポンサードリンク

そこで知っておきたいのが、対人関係のトラブルの多くは誤解によって起こるということです。

そして、その誤解は言葉の世界で起こるということです。

私たちが住んでいる世界と、言葉の世界は違います。

 

人は過去、現在、未来という、一本の時系列のなかで生きており、今この瞬間にも動かしがたい事実が生まれています。

誤解がおきるのは、おおむねこの事実そのものが原因ではなく、言葉で表現されたため起こるるものです。

ここでは、言葉が勝手なイメージを作りあげる危うさについて考えてみましょう。

 

例えば、三年前の手帳にあったメモを読み返し、当時の記憶をたどったとしましょう。

そこには今は別れてしまった恋人のことが書かれています。

九時に二五階のホテルバーで待ち合わせ。

 

おそらく手帳に書かれた言葉から、このころはお互いうまくいっていたのだと思い、愛し合うふたりの姿をイメージするでしょう。

イメージはさらに続きます。

ホテルの少し暗いバーで、ふたりだけの世界を演出。

スポンサードリンク

ガラス越しに見える美しい夜景を眺めながら、ジンライムを片手にたわいもない話をしている。

暗がりのなかで恋人の横顔ホテルのほの暗いバーで、顔を見て、目が合うと笑みを返す…

こうして手帳にある言葉から、過去のイメージを膨らますことができます。

 

でも実際は、どうだったのか。

どちらかが待ち合わせに遅れ、気まずい空気だったかもしれませんし、人気のあるバーで長時間待たされ、ロマンチックな気分になれなかったかもしれません。

ひょっとすると、その日は雨で、美しい夜景は見えなかったかもしれません。

 

このように、過去の記憶ほど改変しやすいものはないのです。

自分のイメージどおりに、事実を変えていくことができるのです。

多くの偉人たちが残した伝記も、美化されていても不思議ではありません。

 

たとえば、有名な画家の伝記に「食べるにもことかき、水だけで制作に打ち込んだ」とあれば、美談として作品の価値も高まるでしょう。

でも、食べることにことかいたのは、酒やギャンブルで生活費を使い果たしてしまう浪費癖があったからかもしれません。

これでは美談になりませんね。

 

そのときの行動や起こった事実に、本人の気持ち、ほかの人の気持ちが言葉として加わると、描き出される世界は姿を変える可能性をはらんでいるのです。

この点を充分頭に入れておくようにしたいものです。

 

 

彼女が信じられないのは別れるべきか?

 

付き合っている異性が、信じれないから別れるべきか?

これは、男性だけにかぎらずに、女性にも多く悩んでいる人はいるようです。

さて、なぜこのような事で悩んでしまう人が多いのかというと、理由はとっても簡単です。

 

人は情が湧くと、好きでもない人とでも一緒にいたいと思うもの。

好きなのか情なのか?

別れるべきかと悩んだ時に、人間という生き物は判断力が鈍くなります。

 

もし、今付き合っている彼女が、大事に出来ていない場合。

それは、情のみで付き合っている可能性が高いです。

つまり、別れたほうがいい可能性が高いです。

 

情だけで付き合っていても、いざ結婚となり、新婚生活を送ってみたのはいいものの…

やはり上手くいかないケースが多いようです。

ですので、信じられない彼女を大事にできているのか?

 

ここをしっかりと確認することが大事です。

大事にできているのであれば、信じれるかは分かりませんが、とにかく一緒にいたらいいのです。

難しく考える必要なんてありませんよ。

 

関連記事

→彼女を束縛してしまう心理

→彼氏彼女の会話が続かないや弾まないと思う方に

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
  1. 恋愛

    敬語を使う男性心理から分かる6の事実
  2. 恋愛

    恋は盲目愛は幻?その心理が笑えない4の理由
  3. 恋愛

    男が本当に好きな女に見せる態度10選
  4. 彼氏

    彼氏の行動心理10選〜あなたの謎を3分で解明!
  5. 浮気

    愛人が欲しい男性心理と特徴5選
PAGE TOP