恋愛

一人になりたいと思う女性の心理

なぜだろう…

今日は部屋に一人でこもってしまいたい…

とっても一人になりたい気分…

なぜ人間ってこんな気分になると思いますか?

今回は、そんな人間の心理についてご紹介していきたいと思います。

心配しないで下さい。

一人になりたいと思うのは、あなただけではないのですから。

スポンサードリンク

孤独はあなたを精神的に高めます。ときに友人から離れて自分だけの世界を!

 

「人には遊びが必要だ」とお話しすると、友人とわいわい騒ぐことをイメージする人もいます。

たわいのないおしゃべりをして、楽しく過ごすといったところでしょうか。

特に最近では、携帯電話やスマホが当たり前のコミュニケーションツールとなり、友人関係のあり方も変わってきました。

 

いつどこにいても連絡がとれるだけに、すぐに集まろう、会おうという話になりやすいはずです。

ではここで一つ質問です。

「今日は一人になりたい」と思ったことはないでしょうか。

 

会社帰りに頻繁に友だちと食事に出かける人でも、「今夜は、一人でゆっくり過ごしたいな」と思う日がないでしょうか。

自分の部屋で好きな音楽を聴いたり、好きな本を読んだりして、ひとりで過ごす時間を持ちたいという思いです。

これは極めて当然のことです。

不思議に感じるかもしれませんが、精神的成長のためには、時として孤独も必要なのです。

 

人は青年期になると、自分だけの城を求めます。

小さいころには親にまとわりつき、兄弟姉妹と一緒の子ども部屋に満足していても、そのうちに自分だけの部屋が欲しがり、そこでひとりで過ごすことに喜びを見つけます。

家族が無断で入るのを嫌がったりもしますね。

スポンサードリンク

これは青年期に特に多いのですが、独立心が強まると同時に、閉鎖的傾向(心をシャットアウトするということ)を見せるようになるのです。

これは、心のなかに城を築くということです。

思春期に一人部屋が欲しくなるのは、自分の部屋が目に見える自分の城となるからです。

難しい言い方をすると、自我の領域といえるものです。

 

これを心理学の研究者がいうには、自分の意識が発達して、外部の圧力から自分を守ろうとするためだと説いています。

自分の領域の設定は成長を意味し、そこから新しい独立した人間の生活がはじめられるのです。

もちろん、どのくらい閉鎖的になるかは人により異なります。

 

外向的(周囲の人間や物事に興味・関心を持つ事が多い人)な性格の人の城は小さく、ほかの人と交流することを好むので、孤独の体験が乏しくなります。

心を開いて他人をどんどん招き入れるので、誰も入って来られない領域はごく小さなものです。

 

反対に、内向的(自分の考えや思いに興味・関心を持つ事が多い人)な人は大きな城を築きます。

立派な城壁のなかにいて、人付き合いが悪く、心のなかで何を考えているのか、他人にはわかりにくくなります。

閉鎖的、内肉的であるのは一見、悪いことのように思われがちですが、若いときには自己を形成するうえで、孤独は大切な役割を果たすことがあります。

 

自分を理解してくれない人は締め出すけれど、本当は理解してくれる人を激しく求めているのだと指摘する人もいます。

子どものころの友人は、仲良しであっても、本当のあなたを理解してくれる人になれるとは限りません。

一人になりたいと思う心理は、一時的にでもまわりをシャットアウトして、本当に理解してくれる人を求めているといえるのです。

 

 

気をつけて!ぼっちになり過ぎは危険!

 

突然ですが、気をつけて下さい!

えっ…

急にどうしたんですか?

と思われた方もいるでしょう。

 

一人でいる時間が人間には絶対に必要なことは分かりましたね?

しかし、一人でいる時間が多すぎる人というのは、こんな危険な傾向に陥りやすいのです。

そんな危険な傾向に関しては、次のページでご紹介していくことにしましょう。

→一人が好きな人は結婚や恋愛ができない驚きの理由!

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
  1. 浮気

    愛人が欲しい男性心理と特徴5選
  2. 恋愛

    男性をその気にさせる方法と注意点9つ
  3. 彼氏

    彼氏の行動心理10選〜あなたの謎を3分で解明!
  4. 恋愛

    敬語を使う男性心理から分かる6の事実
  5. 恋愛

    絵文字を使わない男性心理から分かる8の事実
PAGE TOP