女性

休日に何もしない時間を作ると幸せ度が上がる?

機嫌よく、くつろいでいる脳が幸せを呼びます

 

いきなりですが、自律神経系を味方につけることで、人生においてダンゼン有利です。

何事も相手の特徴をよくつかんで接していくと、とてもスムーズに事が運ぶのです。

何がどうスムーズに運ぶのか、順を追ってリストアップしてみますよ。

スポンサードリンク

〈自律神経系と仲良くすると、こんな変化が起こる〉

不安や緊張を解き、リラックスできる。

心身ともに快調になる。

だから自分が大好きになり、絶対的な自信が湧き起こる。

そして、容姿コンプレックスから抜け出せる。

すると、脳の働きを邪魔するものがなくなり、想像イメージが広がっていく。

心の中に最高の自分イメージを描けるようになる。

それにつれて、すべての価値観や人生観が変わる。

本当にやりたいこと、夢が見つかる。

これはつまり、脳の「成功スイッチ」がオンになった状態です。

 

「シンデレラ遺伝子」も目覚めて動きだしています。

さあそれでは、自律神経系の4大特徴を教えましょう。

スポンサードリンク

(1) 自律神経系は、不眠不休で働いている。

(2〉自律神経系は、現実と想像の区別がつかない。

(3) 自律神経系は、時間や空間の区別がつかない。

(4〉自律神経系は、「誰が」という人称を解さない。

 

4つの特徴に共通しているのは、自律神経系は本来、人間の意志を受けつけずに生体コントロールを行なっているということです。

その証拠に、夜眠るときは心臓を止めて休んでいる、という人はいますか?

私は自分で体温調節している、なんて人もひとりとしていません。

 

私たちが起きていても眠っていても、また、意識するしないに関係なく、心臓は休むことなく鼓動しています。

そして、全身の血液を循環させています。

また、絶えず呼吸をして肺に酸素を取り込んでいます。

 

こうしてカラダは常にお度から訂度の体温を保っています。

何かものを食べると、食べた量に応じて胃酸や酵素が分泌され、分解・吸収や再合成が行なわれます。

食べた本人が何を食べたか忘れていても、カラダのほうはきちんと処理してくれます。

 

こういうカラダの中の生化学反応は、 1秒間に数千万固から数億四も行なわれています。

すべては、自律神経系が不眠不休で働いているからです。

自律神経系は働き者ですから、いつもせっせと、頭とカラダをつなげる作業も行なっています。

 

たとえば、悲しいことや苦しいことを想像していると、ただちに不安や心配を昔痛としてカラダの上にあらわします。

呼吸が苦しくなる、胃が痛くなる、顔色が悪くなる、という症状を引き起こすのです。

これは、自律神経系は現実と想像の区別がつかないためです。

 

3年先や5年先のことを心配していても、時間や空間の区別がつかないため、今まさにこの場で、その心配事が現実に起こっているかのように、現在形でカラダの反応を引き起こします。

カラダは一瞬にして過去や未来の場面へ行ってしまうのです。

また、自分以外の誰かについて誉めたり、けなしたり、感動した映画や本について語っているときも、自律神経系は、すべて言葉を発した当人のこととして受けとめます。

 

「私が、あなたが、誰それが」という人称を解さずに、いつも自分自身が主人公になっています。

こういう特徴を逆手にとって、自律神経系と仲良くしていけばいいのです。

早速、誰でも簡単にできることから始めてみましょう。

 

関連記事

→悪口を言う人と言わない人では可愛さが違う!

→もっともっと可愛くなりたい女子に恋よりオススメな方法!

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
  1. 恋愛

    絵文字を使わない男性心理から分かる8の事実
  2. 浮気

    愛人が欲しい男性心理と特徴5選
  3. 彼氏

    彼氏の行動心理10選〜あなたの謎を3分で解明!
  4. 恋愛

    敬語を使う男性心理から分かる6の事実
  5. 恋愛

    男が本当に好きな女に見せる態度10選
PAGE TOP