血液型

A型男性は仕事ができる?できない?

話しのよくわかる参謀肌

 

堅実タイプのA型男性は、黙々と仕事にうちこみます。

協調性があるので、上司にも部下にも敵をつくらず、話のよくわかる人。

といった雰囲気で、まわりの誰からも慕われます。

スポンサードリンク

とくに、この勤勉実直さは、上司にとって使いやすいタイプ。

A型男性はリーダー肌でもありますが、リーダーの気持ちをよく理解できる参謀的な気質も持っています。

参謀といっても、自分で企画立案するのはいささか不得意で、上司が考えたルールにのって、一分のスキなく遂行するタイプです。

A型男性を使う上司は、細かい配慮をしながら仕事を与えなければなりません。

 

じっくりガマンで商談成立

 

A型男性は、あまりユニークな発想をするほうではありませんが、ときどき、思わぬアイデアを出すことがあります。

それは2パターンの仕事を着実に行いながら出てくるアイデアで、一朝一夕に出てきたものではないため、採用されることがあります。

経験主義者であり、重厚なタイプであるA型男性の企画力は、会社の運命を左右するほどのビッグプロジェクトをつくり出したりもします。

 

礼節を重んじるところのあるA型男性は、顧客との長いつきあいを大切にします。

あまり、単発的なセールスは不得手ですので、それだけに上司は、昨日今日の販売実績で、評価をしてはならないのです。

じっくりガマンして、A型男性の行動を見まもってあげることが大切です。

スポンサードリンク

育て方しだいで、大きな商談をまとめてくるでしょう。

商談のまとめかたにも色々ありますが、A型男性は、その理詰めの気質から手攻めが得意です。

ワンルームマンションを売るのに、綿密に計算された税務対策資料を提供したり、地の利を強調することで、決して相手にストレートに「買ってくださいへとは言わないタイプ。

 

あるいは決定権を持つ夫にセールスせず、妻のほうを攻めるタイプです。

しかしこういった方法がうまく功をすればよいのですが、まわり道をしすぎて、なかなか商談がまとまらないこともしばしば。

決断力については、結構迷うほうなので、おシリをたたく人、アドバイスをする人を必要としているときには、上司はここぞとばかり一言。

 

そのとき、その場所、そのチャンス、グッドタイミングに気づかないA型男性のために、励ましコールのひとつでも贈ると、意気揚々として絶妙の決断力をみせるのです。

 

 

単純なほめ方ではよろこばない

 

ほめて人を動かすことの下手なA型男性は、逆に単純なほめられ方ではよろこびません。

上司はあまり見えすいたお世辞は慎しむことです。

持って生まれた誠実性は、嘘を嫌います。

 

A型男性をほめる場合には、マンネリ化したほめ方より、その場に合ったほめ方が必要です。

A型男性は、あまり接客上手なほうではありません。

たいだい、接客には遊び心が多少必要なのですが、仕事と遊びを区別しているところがあり、不器用なのです。

 

我を出さず、ごく自然に相手を持ちあげるところもあるので、自分流の接客に徹したほうがよいでしょう。

A型男性の適した仕事は、サラリーマンなら安定性のある大手企業や公務員。

思い切って脱サラするなら、弁護士など国家資格が生かせる自由業。

 

政治家なら大きな政党、大派閥に属して、しかも調整役。

スポーツ界なら団体競技。

小説家をめざすのなら、資料中心の歴史小説向きです。

 

関連記事

→A型男性の恋愛とアプローチ攻略方

→A型男性の性格の特徴は悪いは嘘!

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
  1. 恋愛

    絵文字を使わない男性心理から分かる8の事実
  2. 恋愛

    恋は盲目愛は幻?その心理が笑えない4の理由
  3. 恋愛

    男性をその気にさせる方法と注意点9つ
  4. 恋愛

    男が本当に好きな女に見せる態度10選
  5. 恋愛

    食事に誘う男性心理から読み解く6の事実
PAGE TOP