精神的に辛い時にどうすると楽になれるか?

今精神的にとても辛いです…

どうすれば楽な気持ちになれるのでしょうか?

助けてください。

今回は、悩める人を助けれる記事をご紹介したいと思います。

あなたもこのページを読み終えた頃には、希望が見えるはずです。

スポンサードリンク

「私にはこれがある」と思えば楽観的になれる

 

強い人、楽観的な人、幸せな人。

このような人と話していると、この人には、何かしら精神的な支えのようなものがあると感じられるものです。

それは家族の存在かもしれないし、なにか宗教的なものかもしれないし、肉体的なことかもしれないし、特技かもしれない。

しかし本人は無自覚で、「自分には、こんなものがある」とは、気づいていないことが多いようです。

 

「俺は体力だけには自信があるから、何でもやって、家族を養うつもりだ」

「不安なことや大変なことは確かにありますね。でも、私は生まれてからずっとこの街にいて、幼なじみがたくさんいますから、何かあったら、誰か呼んでグチったり、八つ当たりできるんですよ。」

 

皆さんには、このような「私にはこれがある」といえるものがあるでしょうか。

実際には、「体力だけは」といったところで、それは若いときの話…

ということもあるだろうし、幼なじみも、いざとなったら、案外冷たいものかもしれない。

しかし、そう「信じている」ということが大切で、そういう精神的な支えがあるから、日々の暮らしも、それなりにやっていけるのであろう。

スポンサードリンク

さて、自分には何があるのか。

もし、「私には何もない…」と思った人は、かえってこれまでの人生が順調で、豊かに暮らせてきたということかもしれない。

しかしそれは、言い方を換えれば、自分が意欲を持って何かをするというチャンスに恵まれなかったともいえるし、その分、予定外のことが起きて、大きなストレスに襲われたときに、それに耐えうるだけの「精神的な支え」が弱いのかもしれない。

 

そういう不安を抱えている状態ともいえるのではないのか?

しかし、そういう人でも、先に書いたように、自分の「精神的な支え」の存在に気づいていないだけで、いざとなったら、十分な耐性を発揮するだろうから、心配することもないだろう。

 

ある人は、「私には、家族がいる。かけがえのない妻と子どもがいる」と、力強くいった。

そういう気持ちがあるだけで、この人は十分な耐性を備えているはずだ。

強い人、楽観的な人、幸せな人には、共通点がある。

それは、「精神的な支え」が太く、耐える力があるということだ。

大きなストレスに耐えられる力があるから、強く楽観的で、幸せ感を持つこともできるのであろう。

 

 

精神的に辛いのは、自分が成長している証拠

 

人間というのは不思議なもので、失恋や仕事など。

辛いことを乗り越えることで、大きく成長します。

なぜ辛いことを経験することで成長するのかといえば、辛い人の気持がわかるようになったり、弱い自分に打ち勝つ事ができた自信がつくからです。

 

あなたが今、精神的に辛いのは自分がまだ弱いから。

逆をいえば、この試練を乗り越えることで、あなたはまた一段と魅力的になれるわけです。

試練を乗り越えても、また試練が来て、辛いことの連続じゃ…

なんて思っている人には、そういう事しか起こりません。

 

これにもしっかりと理由があり、脳がそうさせようと勘違いを起こすのです。

実際は辛いことなどなにも起きていないのに、自分はまだ辛い状況だと勘違いする。

または、辛い状況になるようになるようにと、行動させようとするのです。

 

今あなたに大事なこと。

それは、前向きに考える勇気と、周りに頼る勇気。

その2つの勇気さえあれば、あなたの精神的な辛さは徐々に無くなるはずなのです。

 

また、たった一度の人生なのですから、幸せな人生を送りたいのは人間の本望です。

過去に、「幸せな人の特徴は不幸な人とここが違う!」にて、幸せと不幸な人の違いをご紹介しました。

こちらを参考に、精神的な辛さをぶっ飛ばすというのはどうでしょうか?

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る