彼氏

彼氏が死んだ辛い経験をした方に

辛いな…

大好きな彼氏が死んだという事実。

これは一生忘れられない出来事です。

そんな辛い経験をしたあなたへ。

その経験がトラウマにならないように、しっかりと次の恋愛ができるように。

今あなたがすべき事をご紹介していきます。

スポンサードリンク

「あっという間」をどんどんくりかえそう

 

人間の脳はよくできたもので、いろいろなことを考えさせたり、覚えさせたり、感じさせたりしながら、同時に、忘れるようにもできている。

肝心なことも忘れてしまうという欠点もあるが、欠点というのは、裏返してみれば長所になることも多く、この「能力」の優れた人ほど、幸せになれるのかもしれませんね。

 

実際、どんなに辛いことがあっても、人はぎりぎりのところで耐えて、少しずつ癒され、立ち上がってゆくもの。

そのときは、どんなに悲しくともなのです。

イヤなことを忘れることによって、また、自分の人生をつくっていく気力を蘇らせてゆく。

そうやって、みんな生きてきたし、これからも、そうやって生きてゆく。

 

人の死は、誰でもつらく悲しい。

もっとも辛く悲しいのは、おそらく、「幼児を亡くした母親」又は、「大好きな彼氏や彼女を亡くした方」ではないだろうか。

そのつらさと悲しみの深さは、人間レベルの能力では、どうやっても表現しきれないものだろう。

スポンサードリンク

しかも、その死がどう見ても不可抗力で、自分の責任ではないのに、「自分のせいだ。あんなことをいわなければ」

「あのとき、ちょっと気をつければ、こうはならなかったのに…」

などと、自分を責め続ける場合が多い。

 

私があなたにいいたいことは、「あなたも辛いだろうが、今はとにかく、今をがんばりなさい」ということだ。

肝心なのは、その悲しみをいつまでも引きずってしまわないことである。

悲しんでいる友達の訴えにはじっくりとかまえて、耳を傾け、「うん、うん」と何回でもうなずき、心ゆくまで、相手を「悲しみにくれさせ」なければならないことだろう。

 

そうやって、少し立ち直ったところで、後は時間を使って、少しずつ忘れさせる方向に導くこと。

悲しみをこらえて過ごすのではなく、悲しむだけ悲しんだら、思いきり楽しいことに時間を使い、旅行したり好きな映画を見たりなどして、「あっという間だったなあ」と思えるような環境を整えるしかないようだ。

 

それは、いわば「時間の治療エネルギ ー」をたくさん引き出すということであって、「あっという間」をどんどんくりかえしてゆこう。

うまく忘れられる人ほど、強く生きてゆけるものだ。

 

 

命の大事さが分かったなら…

 

大好きな彼氏が亡くなり、命の大事さというものが痛いほど分かったでしょう。

命の大事さがわかったのであれば、あなた自身の体は大事にしましょうね。

健康に気を使うのもそうですが、楽しいことをたくさんするということも、あなたの体にご褒美を与えているわけです。

 

楽しい人生を送り、楽しい時間を過ごす。

そして、自分がしたいことにもたくさんチャレンジすればいいのです。

分かりましたか?

 

辛い経験を乗り越えたあなたは、人の悲しみが分かる、とっても強い人間になっていることでしょう。

そうなった時には、苦しんでいる人を助けれてあげてください。

あなたは強い人間なのですから。

 

また、精神的に辛い毎日を送っているのであれば、過去にご紹介した記事を参考にしてみるといいでしょう。

きっとあなたの助けになるはずです。

→精神的に辛い時にどうすると楽になれるか?

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
  1. 恋愛

    男性をその気にさせる方法と注意点9つ
  2. 恋愛

    男が本当に好きな女に見せる態度10選
  3. 浮気

    愛人が欲しい男性心理と特徴5選
  4. 恋愛

    食事に誘う男性心理から読み解く6の事実
  5. 恋愛

    絵文字を使わない男性心理から分かる8の事実
PAGE TOP