未分類

笑う心理とツボにハマる理由

人という感情豊かな生き物ですが、なぜ人は笑うのでしょうか?

実は人が笑う心理とは、生きていく上で不可欠なものなのです。

今回は、人が笑う心理と、なぜか意味もなくツボにはまってしまう理由。

ここに関して詳しくご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

「笑い欲」は、基本的本能のひとつ

 

人というのは不器用なもので、自分の意思ではどうにもならないことがある。

あなたにも、笑いがとまらなくてこまったことがあるはずです。

「誰か止めてください!お願いです!」と必死になりながら、ずんずんと「笑い地獄」にはまってしまうのです。

 

知人は、初対面の人が目の前で突拍子のない高い声で話し出したので、失礼だと思いながらも笑いが止まらなかったそうです。

しかし、後になって何がおかしかったのかと考えても分からない。

また、ある知人は、葬式で足がしびれてちゃんと立ち上がれない人を見て、笑いをこらえきれなかったという。

 

おそらく、人は潜在的に「笑いたい」という欲求に本能のようなものがあるのでしょう。

「面白いから笑う」というが、裏側から見ると、「笑いたいから、いつも笑いのネタを探している」のであって、「楽しいから笑う」のではなく、「笑うから楽しい」のではないでしょうか。

 

ここで一つ、下手な漫才を紹介します。

若手漫才師と思ってください。

スポンサードリンク

「ほんまの話、インターネットって便利やなあ」

「メールもでけるし、調べもんするのも簡単やしな」

「そうそう、裸の画像も見られるし」

「そんなん見てるんか。しょうもないなあ」

「相撲やで」

「そんなアホな!」

 

自分でいうのもナンだが、こんなものでは私は笑えない。

しかし、若手の人気漫才師が期末試験を終えた高校生の前でやれば、なんとかなるかもしれません。

その場に笑える環境ができていると、ネタが少々つまらなくても、テンポと間がよければ笑いがとれ、自分も楽しい気分になるものです。

 

私たちは、「面白くない」という空気があると、「笑えない」ものなのです。

しかし、そんな時こそ、「笑うため」になんとかしよう。

雰囲気の悪いときこそ、ちょっとした笑いのきっかけをつくる気持ちで臨もう。

 

気まずい時ほど笑いを共有し、お互いに楽しくなるためのきっかけをつくること。

それが幸せをぐいぐいと引っ張ってくるコツです。

食欲、睡眠欲、性欲など、人間が生きてゆくための本能といわれるものに、「笑い欲」も加えてもいいと思えるほどです。

 

 

人が笑う・ツボにハマるのは、今を明るく生きている証

 

人というのは、テレビを見て笑ったり、友達と喋っていて笑ったりしているだけで、どこか幸せに感じるものです。

しかし考えてみてください。

家族の不幸や大好きな恋人と別れた時。

こんな時に、あなたは笑えますか?

笑えませんよね。

 

実は、あなたが今笑ったり、ツボにはまったりしている状況というのは、とても幸せな環境にあるからなのです。

友達が笑わしてくれる環境があったり、ツボにハマる芸人さんを見れるテレビがあったり。

これは当たり前すぎて気づかないだけで、とっても幸せなことなのです。

 

人というのは欲深くて、お金がもっとほしいとか、もっといい家に住みたいなどと思ってしまいます。

ですが、今のままでも十分に幸せなのです。

ですから、今の笑える環境を大事にして、一度きりの楽しい人生を過ごしましょうね。

 

 

最後に

 

人は笑うという素晴らしい能力を身につけていますが、こんなダメな一面もあります。

それは、家族や友達、恋人にまでなぜか八つ当たりをしてしまうのです。

大事な人というのは分かっていても、人はなぜか人は八つ当たりをしてしまうことがあります。

 

これはなぜだと思いますか?

そんな八つ当たりをしてしまう心理に関して。

次のページで詳しくご紹介していこうと思います。

→八つ当たりしてしまう心理と対処法

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
  1. 恋愛

    絵文字を使わない男性心理から分かる8の事実
  2. 彼氏

    彼氏の行動心理10選〜あなたの謎を3分で解明!
  3. 浮気

    愛人が欲しい男性心理と特徴5選
  4. 恋愛

    恋は盲目愛は幻?その心理が笑えない4の理由
  5. 恋愛

    男性をその気にさせる方法と注意点9つ
PAGE TOP