未分類

ぬいぐるみと寝る人の心理

いろんな人がいるこの世の中ですが、ぬいぐるみと寝る人というのは、それほど珍しくありません。

ですが、なぜ人間はぬいぐるみと寝るという、少し不思議とも思える行動をするのでしょうか?

今回は、そんなぬいぐるみと寝る人の心理について、詳しくご説明していこうと思います。

スポンサードリンク

ぬいぐるみと寝る人の心理には「友達」の二文字が関係している

 

一人暮らしの、ある老婦人の知り合いの方に、くまの赤ちゃんの「ぬいぐるみ」が友達という人がいます。

とはいっても、ばかにしてはいけません。

今どきのぬいぐるみは賢いのです。

いい子いい子と頭をなでてやればうれしそうに笑うし、乱暴に扱ったりすればしくしくと泣き出すのですから、まるで「生きて」いる感じです。

 

それに、突然「元気?ぼくは元気だよ」などといい出します。

「人間って、いろいろあるんだね」 などと、生意気にも、分かったようなことをいう。

ときおり「あーあ」とため息をつき、一日に何度か、機嫌よく童謡を歌い…

 

そんな老婦人は終日、この「ぬいぐるみ」を身近なところに置いて過ごし、一緒にいると安心するそうです。

ときどき突拍子もなくしゃべり出す言葉に、妙に感じ入ることもある。

勇気づけられることも、ほっと癒されることもある。

 

「ぬいぐるみ」なんてものは、人のほんとうの「友だち」にはなり得ない…

などと批判する人がいるかもしれませんが、この人にとっては、ほんとうに「友だち」なのでしょう。

なぜ人は「友だち」を求めるのだろうか?

答えは簡単です。

スポンサードリンク

「心」は、「ふれ合い」がなければ生きていけないからです。

自動車のエンジンならば、ガソリンが必要です。

しかし人間には、「心」があるから、 いわゆるエネルギーとしての「食事」だけでは生きていけないのである。

 

人間が生きていく条件として、政治の世界では、よく「食糧と安全」などと言います。

確かに、この二つの安定は大切な条件でしょう。

しかし、生きていく条件として、心の世界では、やはり人との「ふれ合い」が大事なのです。

 

心を暖めてくれる「ふれ合い」をもたらしてくれるもの。

それが「ぬいぐるみ」であれ、自分をほっと安心させてくれる、勇気をあたえてくれる「ふれ合い」をくれるものに、私たちは優しい愛着を持つ。

「ふれ合い」がなければ、心は枯渇するのです。

 

心が死んでしまえば、人としては生きてはいけない。

そんな心を癒してくれるのがぬいぐるみであり、癒やされるのが人間なのです。

 

 

まだまだある、ぬいぐるみと寝る心理を詳しく上げてみよう!

 

先ほどのタイトルでは、ぬいぐるみと寝る人の心理だけではなく、寝る人の理由についてもご説明しました。

さて今度は、ぬいぐるみと寝る人の心理を、詳しく上げていくことにしてみましょう。

 

※ぬいぐるみと寝る人の心理を細かく分析するとこうなる

・子供の場合は母親や父親の代わり、大人の場合は寂しさの現れ

・どんなことをしても文句を言わない、服従心の表れ

・不安な社会で一日闘いぬき、安心感をもらっている

・抱きまくら代わりにぬいぐるみを使っている

・ふれあいを求めている(先ほどのタイトルでご紹介した)

 

上記のような心理が働いていると考えられます。

中には、ぬいぐるみ無しでは寝られないという人もいるほどで、人によっては恋人と同じくらい大事という人もいますよね。

それほど、ぬいぐるみが人間私達に与えている力というのは、意外と大きいものなのかもしれません。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
  1. 恋愛

    男性をその気にさせる方法と注意点9つ
  2. 恋愛

    食事に誘う男性心理から読み解く6の事実
  3. 浮気

    愛人が欲しい男性心理と特徴5選
  4. 恋愛

    敬語を使う男性心理から分かる6の事実
  5. 恋愛

    男が本当に好きな女に見せる態度10選
PAGE TOP