結婚

失敗する教育ママの特徴

母親にとって、子供は自分の命よりも大事と思えるほど、可愛いものです。

しかし、そんな宝物と思えるほど大事な子供だからこそ、教育ママになってしまう人がいます。

今回は、そんな失敗する教育ママの特徴について、実際にあった実験結果を例にご紹介しましょう。

スポンサードリンク

「楽しみ」にやれば展望が見えてくる

 

物は言いよう、という言葉を聞いたことがありますか?

日本語には、「ちゃんとやれ」と、「でき上がるのが楽しみじゃないか」という、二つのいい方があります。

人の意欲をかき立てて、「よっしゃ!やってやろうじゃないか!」と思わせるのは、当然後者の方でしょう。

 

心理学の実験に、こんなものがあります。

二人の先生がいました。

一人は「ちゃんとやれ」式指導法を得意とする先生。

もう一人は、「楽しみじゃないか的」先生です。

 

専門用語でいえば、「専制君主的」先生 と「民主的」先生である。

この二人の先生の指導の下で、小学校の生徒たちにある課題をやらせると、その達成成果にどのような違いが見られるのか?という実験です。

 

課題の一つは、「鯉のぼりの絵を描く」というもの。

これは幼い子供でもできそうな「簡単な課題」ですね。

もう一つの課題は、子供たちが通う「校舎の立体模型をつくる」というもの。

これは工作を得意とする子供であっても難しそうな「難しい課題」です。

スポンサードリンク

さて、結果はどうなったか?

それは、読者の皆さんを多少戸惑わせることになるかもしれないが、「ちゃんとやれ」式「専制君主的」先生に指導された子供の方が、「簡単な課題」「難しい課題」ともに生産性も、完成度に関しても、「楽しみじゃないか的」先生に教えられる子供たちの成果をはるかに上回ったのです。

 

しかし単純に、例えば職場の上司に、「そうか。そういう心理学の実験結果があるのなら、オレが明日から部下達をがんがん叱って、徹底的にしごいてやるぞ。オレは専制君主になってやるぞ」と納得されても困るのです。

というのも先の結果は、当初の結果なのであって、実験を毎日数時間ずつ一週間二週間続けていくと、だんだんと「楽しみじゃないか的」先生の子供達の成果の方が、最後には逆転してしまうのです。

 

この結果をどう見るか?

結局「ちゃんとやれ的」先生の下では、叱られるのが怖いから子供たちは素直に先生のいいつけを守る。

しかし時が経つにつれて、「うるさいな、がみがみいわないでよ」という不満が生まれ、「もうイヤ」といい出す子供が現れ、やる気を失い、だらけていく。

それにともなって成果も「右肩下がり」になっていく。

 

その点、「楽しみじゃないか的」先生の指導法による子供達は、当初は目立つ成果を上げられなくても、ジワジワと「右肩上がり」になっていくのである。

「長い目」で見れば、やはり「楽しみじゃないか的」指導がすぐれているのです。

 

特に立体模型をつくるという「難しい課題」においては、「楽しみじゃないか」 と励まされた子供の方が、圧倒的にすばらしい完成度を見せたのだという。

子供が取り組んでいる事に対して、「できるのが楽しみだね」と声をかけてみましょう。

そして、「その気」になってもらいましょう。

この「できるのが楽しみだね」の一言が、想像以上の成果をもたらせてくれるのです。

 

※厳しい教育ママの子供にある恋愛傾向を知っていますか?

→厳しい親の子供の恋愛あるある

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
  1. 恋愛

    男性をその気にさせる方法と注意点9つ
  2. 恋愛

    絵文字を使わない男性心理から分かる8の事実
  3. 恋愛

    敬語を使う男性心理から分かる6の事実
  4. 浮気

    愛人が欲しい男性心理と特徴5選
  5. 恋愛

    食事に誘う男性心理から読み解く6の事実
PAGE TOP