未分類

ひねくれ者の特徴と心理

人から好かれにくい性質の、ひねくれ者。

今回はこんなひねくれ者の特徴と心理に関して。

まずは、 ひねくれ者の心理と直し方。

そして次に、ひねくれ者の特徴を見ていくことにしましょう。

スポンサードリンク

ひねくれ者の心理と直し方

今から少しだけ、私の知り合いの女性を例に、ひねくれ者の例を上げてみましょう。

私の知り合いの女性で、どちらかというと、評判があまりよろしくない人がいます。

なぜかといえば、人が彼女を褒めても、素直に喜んでくれないからです。

かわいらしい花柄の洋服を着ていたから、職場の同僚が、「とっても似合うわよ」 と褒めると、きりっと顔を引き締めて、「私が、子供っぽいっていいたいんでしょ?」といい返す。

 

また、ある日は、夜遅くまで残業をしていたので、上司が「君は、なかなかタフなんだね、見かけによらず」と、褒めると、また不愉快そうな顔をして、「それどういう意味ですか?女らしくないってことですか?」とかみついてくる。

いつもその調子だから、周りの人は彼女を褒める気力を失ってゆく。

それどころか、今では話し相手になる人もいなくなり、職場では、いつも一人でポツンと寂しそうにしているのだという。

いわば、「褒められ下手」な人です。

彼女自身は、そんな自分がイヤでたまらないという。

「私って、どうしてこう、性格がひねくれているのかしら?せっかく褒めてくれるんだから、素直に喜べばいいのに…」と。

この人はおそらく、自分で「自分を褒める」ことが苦手な人なのではないでしょうか?

スポンサードリンク

しかし自分で「自分を褒める」ことができず、人からの褒め言葉も喜んで受け取れないというのは、あまりにもったいない。

なにか、自分で自分を不幸にしている人のようにも見えてきます。

 

こういった人は、まずは「自分を褒める」ことから始めてみたらどうでしょうか?

「二十歳過ぎても、十代の女の子が着るような洋服を着こなせる女って、なかなかいないわよ。私ぐらいのものよ」

「タフな女って、なんか、かっこいいじゃない。アメリカ映画にでも出てきそうで」

そうやって「自分を褒めて」いくうちに、固くなった心もだんだんやわらかくなっていき、人の「褒め言葉」も素直な気持ちで聞くことができるのでははないでしょうか?

まず、自信を持つこと。

それが、人とのコミュニケーションがうまくなるコツです。

 

ひねくれ者の特徴を細かく見てみよう

さて、次にひねくれ者の特徴を見ていくことにしましょう。

今から10個の特徴をあげますが、当てはまっている項目が多ければ多いほど、ひねくれ者の可能性が高いかもしれませんよ。

 

※ひねくれ者と言われる人に、多く共通する性格の特徴とは?

・素直にありがとうが言えない

・遠回しに嫌味を言ってしまう

・人の幸せに共感できない

・人に頼らず、なんでも一人で解決しようとする

・とにかく人を見下す

・平気で友達の陰口を言える

・冗談が通じない

・プライドがムダに高い

・他人の細かい行動や言動をやたらと気にする

・とにかく相手のせいにする

 

ひねくれ者の10個の特徴をあげてみました。

どうでしょうか?

あなたはどれだけの項目が当てはまっていましたか?

ひねくれ者ほど、社会から嫌われる傾向にあります。

これは、嫌われるというよりも、絡みづらいというのが正解でしょうか。

独特の雰囲気で、周りとは違う何かを持っている人とは、絡みづらく対応の仕方も難しい。

 

類は友を呼ぶと言いますが、世の中にひねくれ者と言われる性格の人がたくさんいれば、おそらく問題はないでしょう。

同じような性格の人が寄ってくるので、一人ぼっちになることはありません。

ですが、今の世の中には、ひねくれ者タイプの性格の人は少ないです。

ですから、社会に馴染める人になるためには、ひねくれ者と言われる性格を改善する必要があるのです。

関連記事

→無口な人の心理と性格の特徴

→人と比べる人の心理と性格

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
  1. 恋愛

    恋は盲目愛は幻?その心理が笑えない4の理由
  2. 恋愛

    男が本当に好きな女に見せる態度10選
  3. 浮気

    愛人が欲しい男性心理と特徴5選
  4. 彼氏

    彼氏の行動心理10選〜あなたの謎を3分で解明!
  5. 恋愛

    絵文字を使わない男性心理から分かる8の事実
PAGE TOP