恋愛

天然ドジっ子キャラが好かれる理由

芸能界でも、一般社会でも、天然キャラやドジっ子キャラというのは、なぜか人の心をつかみます。

今回は、そんな天然キャラやドジっ子キャラに関して、なぜ人気者になれるのか?

そんな素朴な疑問を解決できる1ページとなっております。

スポンサードリンク

天然でドジっ子な人ほど実は得している|だからドジっ子キャラは人気者になる!

 

「人からよく見られたい、よく思われたい」という気持ちは、誰の心にもあるものですが、だからといって頑張り過ぎないことは大事です。

「いいところを見せよう」と張り切り過ぎて…肩に力が入って…かえって思わぬ失態を招く事が多くあります。

人生はいい方向にばかり転がるとは限りませんからね。

 

それに「うまくやろう」という意識が強すぎると、もし思いどおりにならなかったときに、自分が「だめな人間」に思えて、みじめに思える。

人によっては、「だめな自分」は急いで覆い隠して、メンツを立てようと必死になって言い訳をする。

しかし、そんなことをすればかえって、「往生際の悪いヤツだ」「人のせいにする」と、また人からの反感を呼び込みかねません。

 

それならいっそ、人から「よく思われる自分」など目指さないでいるほうがいいのではないでしょうか?

第一、気が楽です。

自分なりに一所懸命ではありますが「いつもドジな私」で結構じゃないですか。

「ドジな私」で、してやったりです。

スポンサードリンク

いつもドジであってこそ、「たまに、うまくいったこと」が、絶賛の拍手を浴びるのです。

逆に、「ドジな事を滅多にしない人がドジッた時」は、どうでしょうか?

「うまくいくこと」は「いつものこと」だから特別、注目などされません。

逆に「うまくいかなかったこと」は「たまに」のことだろうから、かえって目立って意外な思いをされる事もあるでしょう。

 

どちらが得か、よく考えてみよう。

まあ、「損得」の話でもないのかもしれませんが、「人からよく思われたい」という思いが過剰になればなるだけ、無理に取りつくろったり、ありもしない話をでっち上げたりしなければならない…というのが現実です。

また、その人の意志に反して、「無理をしている姿」というものは、人の反感や失笑を買うことになる場合もあります。

 

「人からよく思われたい」思いが強い人ほど、ただの見栄っ張りになり、ドジっ子ほど見栄っ張りにはならない。

そして、ドジっ子ほど周囲から応援されやすいのですから、現状を無理に変えてしまうと、あなたのその魅力が無くなりますよ。

 

 

では、天然ドジっ子キャラを恋愛テクニックで使うのはあり?

 

天然でドジっ子キャラが人気者になる理由をご紹介しました。

そこで、一瞬でもこんな事が頭によぎった方がいるのではないでしょうか?

「人気者で周りから愛される人になれるんなら、天然ドジっ子キャラになりきろうかな」

なんて事が頭によぎった人。

 

女性が男性の前で、天然ドジっ子キャラになりきると、おそらくモテ度はアップするでしょう。

男性の場合も同じで、ドジっ子は異性からも好かれやすいです。

ですが、個人的な意見としては、天然ドジっ子キャラになりきるのは「なし」と思うのです。

やはり、ずっとそのキャラになりきるというのは、精神的に苦痛になってきます。

 

もし、異性の前で使うのであれば、ふとした時に「わざと天然ドジっ子キャラ」になりましょう。

毎回毎回が、天然ドジっ子キャラではなくて、印象に残りやすい一瞬を狙って、テクニックとして使うのがいいでしょう。

印象に残りやすい場面で使うことで、相手の脳裏に焼き付けるというのも、恋愛テクニックの一つですよ。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
  1. 恋愛

    男性をその気にさせる方法と注意点9つ
  2. 恋愛

    敬語を使う男性心理から分かる6の事実
  3. 恋愛

    食事に誘う男性心理から読み解く6の事実
  4. 浮気

    愛人が欲しい男性心理と特徴5選
  5. 恋愛

    絵文字を使わない男性心理から分かる8の事実
PAGE TOP