友達が少ない人が孤独を感じる理由とは?

友達が周りに比べて少ない…

なぜでしょうか?

孤独を感じる理由は、友だちが少ないからでしょうか?

少なくても友達がいるのに、孤独を感じるのはなぜ?

今回は、こんな疑問を抱えているあなたへ。

友達が少ない人が孤独を感じる理由について、ご紹介したいと思います。 

スポンサードリンク

時に孤独を感じるのは、友達が少ないからか?

人は誰でも、時に孤独を感じ、寂しい夜を過ごすことがあります。

これは、友だちが多い人でも感じることがあり、表現力が豊かな人間だから、より感じやすい感情なのです。

ですが、友だちが多い人と少ない人では、孤独に感じる回数は違うのでしょうか?

答えはこうです。

 

※孤独に感じる回数が多い人の特徴

・常に誰かといる環境を求めている人

・一人の時間の使い方が下手くそな人

・心から頼れる人が周りにいない人

・休日に常に一人でいることが多い人

・恋人が長い期間いない人

スポンサードリンク

このような特徴があります。

友だちが少ない人が、孤独を感じる時というのは、周りの人の楽しそうな環境や、自分が悩んでいる時に、連絡する人が少なくて、誰も一緒にいてくれない。

こんな時に、人は孤独を感じるのです。

 

友だちが少ないから孤独を感じるというよりかは、知人が友達と一緒にいて幸せそうに見える。

こんな時に、孤独を感じているのです。

孤独を感じ、一緒にいてくれる友達がいない時は、人混みが多い場所に行くなり、とにかく明るい雰囲気の場所に行ってみましょう。

自分は一人じゃないんだ。

そう思えるような環境に、自らすすんで行動できる人は、孤独を打ち消す力を持っている人なのです。

→友達と意見が合わない時の付き合い方

 

「友だち」という、不思議で大切な関係がある

私自身にとってもそうですが、みなさんにとっても親しい友人と、共に過ごす心置きないひと時ほど、心が安らぐときはないのではないでしょうか。

この「友だち」とはなんだろうと、改めて考えてみると、これがよく分かりません。

 

いつだったか、マラソンの高橋尚子さん(Qちゃん)が、「あなたにとってコーチの小出さんは、どのような存在なのですか?」と尋ねられて、「ほとんどの時聞をいっしょに過ごしているんですけど、父親ではないし、恋人でもないし、うーん?」と言葉に詰まっていました。

どうも、「どういえばいいの分からない、不思議な関係です」と述べたかったようです。

「友だち」も、例えてみれば、そのような存在なのでしょう。

多くの時間を共にいますが、仕事で関係する人のように、必ずしも、その人とつき合っていれば「得になる」という間柄ではない。

それどころか、どこかで会って「まあ一杯」ともなれば、少なからずお金もかかるし、時間の浪費ともなる。

そして、その人のために使う「お金と時間」に、なんの見返りも期待しないのが、友だちという関係です。

 

まあ、目の前の損得だけを考えれば、百「損」あって一利なしです。

しかし、しばらく会わないでいると、むしょうに会いたくなる。

「得になる人」にも増して、大切に思えてくるのも、友だちという存在です。

家族のように、強いきずなで結ぼれているわけでもない。

いや、ときには、この「強いきずな」がわずらわしくなって、助けを求めたくなるのも、また友だちです。

そんなときに、気軽な気持ちでおしゃべりでもしていれば、家族以上の親しみを感じてしまうこともあるのだから、友だちというものはまったく「不思議な関係」です。

 

私もこの年齢になって、ちらほら古い知り合いの方の許報に接するようになりました。

仲のよかった友だちとの別れに、深い喪失感と悲しみを覚えるのは、やはり友だちが私の人生にとって、かけがえのない存在であったからでしょう。

父親でも恋人でもない、得にもならない、家族でもない、不思議な関係。

いうなれば、「食うためにだけなら、いなければいないでこまることはない存在」であっても、人が心豊かに、幸せに生きていくためには、どうしても必要な存在。

そんな友だちに恵まれた人は、「幸福な人」だと思うのです。

→明るい性格になりたいなら特徴を知ること

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2015年 9月 30日

ページ上部へ戻る