恋愛

礼儀正しい人が好かれ礼儀知らずが嫌われる理由

日本人は礼儀正しく、マナーがいい国として世界的に評価されています。

今回は、そんな礼儀に関して。

なぜ日本では、礼儀正しい人ほど好かれて、礼儀知らずほど好かれないのか?

そんな素朴な疑問を解消していきましょう。

スポンサードリンク

真面目な日本人にとって、礼儀は社会の常識

 

真面目な日本人にとっては、礼儀知らずほど、魅力が無いと思える瞬間は無いのではないでしょうか?

これは、恋愛においても同じです。

礼儀知らずほど、異性から嫌われますし、逆に礼儀正しい人ほど、好印象に見られがちです。

 

例えば男性の場合、コンビニの店員さんが親切な対応をしてもらったのに対し、そっけない対応をしてしまうと、女性は心の中で「この人は礼儀知らずだな」と思っていることでしょう。

これは、女性の場合でも同じです。

 

また、あなたがコンビニの店員さんだった場合、全く同じ人でも、礼儀正しい人か礼儀知らずな人なら、どちらのお客さんが好印象でしょうか?

間違いなく、礼儀正しい人ですよね。

 

そして礼儀は、これから世の中を上手に生きていくうえでも、とっても大事な能力です。

なぜ、これからの世の中を生きていくには、とっても大事な能力なのか?

次のタイトルからは、詳しく礼儀の重要性などについて、ご紹介していこうと思います。

スポンサードリンク

礼儀作法の意味が実は結構深い~過去をさかのぼってみよう!

 

日本には、「芸」という言葉があります。

正しくは旧字で「事」と書く。

上手に歌をうたう技能、手品のわざ、芸は身を助ける、芸が細かいなど。

芸能の「芸」として使われるのが普通です。

 

古代の中国では、この言葉には、貴族の男子が成人するために身につけておかなければならない「たしなみ」という意味があったそうです。

これを「六芸」という。

音楽・弓術・馬術・書法・算術・礼法という六つの「芸」、いわば「たしなみ」なのです。

この六つのことが身について、その人は初めて一人前の貴族として認められたのだそうです。

 

 

礼儀作法の大事さと堅苦しいイメージ

 

ここで気がつくのは、趣味、学問、そして戦士としての技術に並んで、「礼法」が加えられているところです。

「礼法」とは、礼儀作法のこと。

いくら楽器をうまく奏でることができても、弓矢を引くことがうまくても、学力が豊かであっても、礼儀作法がなっていない人は、一人前としては認められなかったのです。

 

確かに、今の時代に生きている私にも思い当たるフシはあります。

「私、〇〇大学の出身なんですよ」

「三十五歳にして役員に抜擢されまして」

「テレビにはコメンテーターとして、よく出演するんですがね」

 

このような人に出会えば、「へえ、それはすごいなあ」と感心もするが、その人が礼儀作法がなっていない人だったりすると、がっかりしませんか?

どこの大学の出身か知らないけれど、どんなに有能な人かしらないけれど、「人としてはなあ…」という気持ちもわいてきます。

 

何が言いたいかといいますと、礼儀作法といっても、堅苦しいことをいっているわけではないのです。

お辞儀は四十五度腰を曲げて、人を迎えるときは三つ指ついて…などというつもりはありません。

 

「はじめまして」も「失礼します」もいえない人が、実際、たくさんいるのです。

「ありがとうございます」をいえない人もいる。

礼儀作法というのは、こういった常識範囲の事ができれば、社会では十分生きていけるのです。

 

こんな、常識範囲の事が出来ない人に関しては、「この人の親は、いったいどんなしつけを…」と疑いたくなる人も多いものだが、それよりも、この人自身が可哀想になる。

礼儀作法が身についている人は、一緒にいても、初めて会った場合でも、気持ちのいい人と思われがちです。

逆に、礼儀を出来ない人というのは、必ず社会で話題の人となります。

話題と言っても、もちろんネタの方の話題ですよ。

→人から好かれる人の特徴|嫌われる人との違いは?

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
  1. 恋愛

    敬語を使う男性心理から分かる6の事実
  2. 恋愛

    男が本当に好きな女に見せる態度10選
  3. 恋愛

    食事に誘う男性心理から読み解く6の事実
  4. 浮気

    愛人が欲しい男性心理と特徴5選
  5. 恋愛

    男性をその気にさせる方法と注意点9つ
PAGE TOP