恋愛

付き合うか付き合わないか決められない時

どうしよう…

今、付き合うべきか?付き合わないべきか?とっても迷っています。

これは大事なことだと思うのですが、こんな大事なことに迷った時には、どうすればいいのでしょうか?

今回は、付き合うか付き合わないか決められない人へ、迷いを吹っ切るコツに関してご紹介するとしましょう。

スポンサードリンク

迷いを吹っ切るコツは、さんざん迷うこと

 

迷ってしまって、いつまでも決断できないという人がいます。

こんな人は、いつも「迷い」に「とらわれ」ているのです。

 

私の知り合いのある若い女性は、今つき合っている人と結婚しようかどうか迷っている。

彼から、今月中にもプロポーズの答えを出してほしいと迫られるし、自分としてもズルズルと答えを引き延ばすのは申し訳ないから、早く迷いを吹っ切って決断しなければと思うのだが、そう思うとますます迷い答えを出せなくなってしまう…と彼女はいうのだが、人間とはそういうものです。

 

迷いを吹っ切ろうと思うこと自体が、迷いへの「とらわれ」であり、だから吹っ切ろう、吹っ切ろうと焦れば焦るほど、迷いへの「とらわれ」に縛られる結果となって、答えを出せなくなる。

こういう場合は、「とらわれ」と「共存」することを考えるほうがいいでしょう。

例えば、次のような考え方をしてみましょう。

 

「結婚について迷うのは当たり前のことです」

「お母さんも、お姉さんも、結婚に際しては迷ったのだ」

「だから自分も、結婚のことで迷ってたっていいのだ」

「迷いを吹っ切ろう」と思うのではなく、「迷う自分」をやさしく受け入れてあげるということ。

スポンサードリンク

「迷う自分」を許してあげること。

そして相手にも、許してもらうこと。

決断できないときは、決断できるときがやってくるまで、待ってもらうしかないのではないでしょうか。

「迷っていること」を正直に相手に伝えてみても一つのいい方法です。

 

またこれは、結婚にかぎったことでもありません。

イエスかノーか、前進するか後戻りするか、右へいくか左へいくか…

人生には二者択一を迫られる場面はいくらもあります。

 

そもそもこういうときに、 迷わない人の方がおかしいのです。

迷ってもいい。

十分に迷うこと。

 

確かに「いついつまでに」と決断の期限が設けられている場合もあるでしょうが、あまり急速にエイヤッと決断しようと思わないことが「迷いから抜け出す」コツとなります。

迷いと共存し、「とらわれ」から解放されていけば、やがて自然に「こうしよう」と決断がついてくるものです。

 

さんざん迷ったあげくに決断したことの方が後悔はしないもの。

ある行動学の専門家によると、迷っているのに、その気持ちを押し隠して、エイヤッとやってしまうことが後悔の元となる事が多いようです。

 

 

付き合ってみてすぐに別れるというのもアリ

 

どうしても答えが出ないときは、一度付き合ってみるというのもアリです。

とりあえず付き合ってみると、一週間ほどするとあなたの中で答えは出ているでしょう。

そこで、「やっぱり好きになれない」と思うのでしたら、その気持ちを正直に言ってしまえばいいのです。

 

相手に対して罪悪感を覚えるかもしれませんが、相手もいつかは振られるかもしれないということを踏まえてに、付き合っているはずです。

それに、好きでもないのに付き合っている方が、よっぽど罪悪感がわくと思いますよ。

偽りの愛や好きという言葉ほど、相手を傷つかせ、悲しませることはないのです。

浮気された人が最も傷つくのと同じように。

 

関連記事

→どちらと付き合うか迷う女性に

→どうしたらいいかわからない恋愛を乗り切る方法

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
  1. 浮気

    愛人が欲しい男性心理と特徴5選
  2. 恋愛

    敬語を使う男性心理から分かる6の事実
  3. 恋愛

    絵文字を使わない男性心理から分かる8の事実
  4. 彼氏

    彼氏の行動心理10選〜あなたの謎を3分で解明!
  5. 恋愛

    食事に誘う男性心理から読み解く6の事実
PAGE TOP