未分類

自分を大事にする人ほど人を大事にする理由

自分を大事にする人ほど、人を大事にするという事は、いろんな書籍でも書かれてきましたし、偉人と呼ばれた方々も発言してきている言葉です。

ですが、なぜ自分を大事にする人ほど人を大事にするのか?

本当の理由をあなたは知っていますか?

今回は、そんなふとした疑問についてお答えしましょう。

スポンサードリンク

どうして人を大切にしなければならないのか?

 

今から少しだけ、ある一人のヤンチャな男の子の話をします。

この話は実際にあった相談話しで、疑問解消のカギとなるのでしっかりと読んでおきましょう。

 

その男の子は、よく近所の女の子に意地悪をして泣かす。

そのたびに、親から「お宅の子供が」と怒鳴り込まれる。

通っている小学校でも、乱暴ないたずらを繰り返しては「家庭でのしつけに問題があるんじゃないですか」と担任の教師からいわれる。

 

こまった母親は、いい聞かせました。

「お友だちには、優しくしなくちゃいけない。人は大切に思わなくちゃいけないのよ」

すると「どうして?」と、子供は首を傾げました。

母親は、次の言葉を継げなくなったそうです。

 

「どうして鳥は空を飛べるの?」

「夜空に輝くお星さまは、昼にはどこにいっちゃうの?」

このように子供の無垢な質問に、答えに窮することはよくあることです。

スポンサードリンク

これもまた、ある意味では無垢な 「子供の質問」だったらしい。

なぜ人を大切にしなければならないのか?

 

確かに、なかなかの難問ではあります。

だが、あまり難しく考えないことが大事です。

むずかしい問題ほど、答えはシンプルなもの。

 

素直に考えてみれば、「あなただって、人にいじめられたくないでしょ、人から大切にされたいでしょ」

答えは、ここらあたりに落ち着くのではないでしょうか。

 

意地悪をして、一緒に遊んでくれる友だちがいなくなれば、ひとりぽっちです。

寂しい思いをしたくなかったら、友だちを大切に。

お母さんをこまらせて、お母さんに見放されてしまったら悲しい。

悲しい思いをさせたくなかったら、お母さんのいいつけを守って。

 

結局は、「人を大切にする」ということは、「自分を大切にする」ということにつながっていくのです。

まあ、それはそれとしてこの「人を大切に」を、実際の人間関係の現場で具体的に実践してみることは、そうは簡単なことではないようです。

 

とくに大人と大人の人間関係においては、「人を大切に」というもっとも基本的なことが、ついおろそかになる。

目の前の目的に目を奪われて、もっとも大切なことがないがしろにされることも多い。

だからこそ、「人を大切に」する気持ちをいつでも持ち続けている人、そういうやわらかな心の持ち主に、人は魅きつけられていくのです。

 

 

最後に

 

私の長い人生を思い返してみても、やはり近くにいてくれる友達というのは宝物です。

人が近くにいてくれる環境が当たり前ではありません。

人が近くにいてくれる環境にずっといてる人というのは、自然と人を大事にできている人なのです。

そして、自分も大事にしている人ではないでしょうか。

 

また、一つだけ断言できることがあります。

人を大事にしていて、損をすることはありません。

例え自分がどんな状況に置かれたとしても、友人さえそばにいてくれれば、人は孤独にも苦痛にも感じないものなのです。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
  1. 彼氏

    彼氏の行動心理10選〜あなたの謎を3分で解明!
  2. 恋愛

    敬語を使う男性心理から分かる6の事実
  3. 恋愛

    絵文字を使わない男性心理から分かる8の事実
  4. 恋愛

    食事に誘う男性心理から読み解く6の事実
  5. 恋愛

    男性をその気にさせる方法と注意点9つ
PAGE TOP