仕事が嫌な主婦への逃げない乗り切り方は?

仕事や家事、自分のやるべきことを楽しみます

 

逃げの姿勢は、不幸せを呼び込みます。

【イメージ】

「幸せな人」は、仕事や家事を楽しんでいる。

自分に与えられた仕事を通じて成長し、経済力をつけ、素敵な人と出会っていく。

だから、恋人や仕事に対しても、理解と共感を示すことができる。

スポンサードリンク

仕事や家事が「デキる女」というのは、 いつもリラックスして自分のやるべきことを楽しんでいます。

「仕事は面白い、楽しい、やりがいがある」と感じているからです。

少しくらい苦労があっても、それがちっとも苦になりません。

 

けれど、「仕事はつらいもの」と思い込んでいると、たとえどれほどいい仕事に就いても、最後はつらくなります。

最初のうちは、「これこそ私の求めていた仕事」「上司や先輩ともウマが合う」「ずっとこの仕事を続けたい」と希望に燃えても、どこかで不平不満が持ち上がってきます。

「やっぱり私には向かない」「もっといい条件のところを探そう」「仕事なんかしなくても生活できるようになりたい」と、逃げの態勢に入っていきます。

 

いつもそんな調子なので、恋人や夫が情熱を傾けて仕事に取り組んでいるのを見て、不平不満が募っていきます。

「仕事と私とどっちが大切?」と迫ってしまうのは、一緒に過ごす時聞が足りないせいばかりではありません。

「仕事は人生をつらくする」と、心のどこかで思い込んでいるためです。

その人自身の仕事観が、そうさせてしまうのです。

美しい私と楽しい仕事があれば、「勝ちの人生」です。

スポンサードリンク

仕事に対して悪いイメージを持ってしまった場合、どうすればいいイメージに切り替えていけるでしょう。

その答えは、このサイトで以前にお話をしました。

もし、見た人がいれば覚えていますか。

そうです!

女性の場合は、まず容姿コンプレックスから抜け出すと、それにつれて仕事観も明るく前向きなものに変わっていきます。

 

仕事との相性をよくする第一歩は、自分の容姿に絶対的な自信を持つことです。

「誰が何と言おうと私は美人、いい女、魅力がある」と信じている人ほど、「いい仕事に恵まれる私」「仕事を楽しんでいる私」というイメージをつくれます。

そのイメージをもとに頑張って、いい結果を出せます。

人に認められる快感が味わえますから、仕事はいっそう面白くなります。

美人の魔法にかかれば、 仕事もうまくいきます。

 

 

逃げないで下さい

 

女の世界というのは、実にドロドロで常に意地悪な人がいます。

昼ドラなどを見ると、余計にそう思ってしまいますよね。

今あなたは、とても逃げ出したくなり、どこか遠くへ行きたいと思っているでしょう。

ですが、決して逃げないで下さい。

 

この逃げないでくださいというのは、仕事を辞めるなと言っているわけではありません。

嫌だから辞めると、自分が戦って自分のこれからを思って辞める。

この2つでは全く違ってきます。

 

自分が戦って今後を見据えて辞めるのであれば、あなたはどんな社会にも適応できます。

仲間はずれにされているのであれば、頼らなくても仕事ができるようになればいいのです。

頑張っている姿勢を分かってもらえているはずなのに、なぜか仲間はずれ。

 

そんな時は違う職についたらいいのです。

まずは、がむしゃらに頑張ること。

その必死な姿は相手に必ず伝わります。

 

伝わっているにも関わらず仲間はずれなら、リーダー格の女がそれを阻止しているのでしょう。

そんな集団にペコペコする必要はありません。

なぜなら、あなたの方がよっぽど強くて立派な女性なのですから。

そう自身を持って、次の職探しでもすればいいのです。

 

関連記事

→人間関係が苦手な仕事人に。職場での原因はこれかも?

→お金に好かれる方法は財布じゃない!

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る