喧嘩しないカップルの共通点

喧嘩しないカップルと、よく喧嘩をするカップルがいます。

この二つのカップルについては、昔からよく議論されていて、喧嘩しないカップルは愛が無い証拠だとか、よく喧嘩するカップルは相性が合わないんだとか。

はっきりいって、喧嘩をしようがしまいが、お互いの愛が本物であればそれが一番と思います。

 

さて、話しは本題に戻りまして、今回は喧嘩しないカップルの共通点に関してご紹介していこうと思います。

また、喧嘩しないカップルが一番注意すべき点、ここに関してもご紹介していくので、この1ページでしっかりと知識を蓄えましょう。

スポンサードリンク

喧嘩しないカップルの共通点とは?

 

1.お互いがお互いを分かり合えている

喧嘩とは些細なことがきっかけで、喧嘩になるものですが、お互いがお互いを分かり合えているカップルは、こういったことでは喧嘩になりません。

相手の行動すら少し予測が出来てしまい、こういった場合のカップルというのは、ソウルメイトだった可能性すら感じさせるほど。

結婚後も喧嘩をすることが少なく、お互いを支え合えていける関係でいれる可能性は高いでしょう。

 

2.どちらかが溜め込んでいる

優しい人でいようと思えば思うほど、怒りを溜め込んでしまい、後々爆発してしまうはめになります。

また、溜め込んでいることは相手は絶対に気づきません。

火山が噴火したころには、二人の破局の危機ともいえるでしょう…

 

3.お互いの意見を尊重する

女性を軽視している男性や、頑固な人ほど、相手の意見を聞こうともしません。

自分の意見や価値観を押し付けて、相手に我慢ばかりさせているカップルというのは、いずれ破局が訪れます。

しかし、お互いの意見を尊重し合える二人であれば、どんな苦悩も乗り越えていけるのです。

 

4.束縛しあわないカップル

束縛しあわないカップル、自由を尊重するカップルというのは、喧嘩になることが少ないというデータがあります。

恋人以外の友達や趣味などを大事にしてほしい、という意見の一致が、変に束縛のない自由なカップルへとさせています。

 

5.細かいことは気にしない性格のカップル

カップルの定番の喧嘩といえば、「言った、言わなかった」などの、本当にどうでもいいような喧嘩です。

細かなことを気にしないカップル同士であれば、このような喧嘩は無くなります。

また、細かいことは気にしない=器が大きいという可能性も関係しているのです。

スポンサードリンク

喧嘩しないカップルは要注意!|喧嘩しないカップルが別れる理由の多くがこれ!

 

「このろくでなし!」と突拍子もなく、怒り出す人がいます。

「たかがこれくらいのこと」であるにもかかわらずです。

 

朝、出る時に頼まれていた買い物をしてくるのを忘れた。

テレビに夢中になっていて、女房が話しかけられたことに気づかなかった。

家でくつろいでいるときにお尻から出たガスが、大音響を立ててしまった。

そんな、「たかがこれくらいのこと」で、怒ってしまう人です。

 

この「突然の怒り」の標的にされた人にとっては、これほどびっくりさせられることはない。

「なんだよ、いったいどうしたんだよ」という気持ちでしょう。

しかし、よほど怒りっぽい人ならば別だろうが、突然、わけもわからずに大声でわめき出す人などまずいません。

 

その人にとってはおそらく、いやきっと、「積もり積もったもの」があったのでしょう。

その「積もり積もったもの」が、「たかがこれくらいのこと」をきっかけにして爆発した。

そう考えるほうが正しいのではないでしょうか。

 

分別のある人ならば、多少のことなら我慢はできます。

「あら、まあ」と軽く笑ってすませてくれるものです。

しかし、そんな「たかがこれくらいのこと」であっても、積もり積もれば、話が変わります。

「このろくでなし!」となる。

 

人の心は、人からは見えないぶんとてもやっかいです。

ポットの「目盛り」のようなものが、人の額あたりについていて、「積もり積もったもの」も一目瞭然、「そろそろ爆発するな」ということがわかれば非常に便利ですね。

しかし、そんなものを発明してくれる科学者などいません。

 

私たちにできることは、我慢してくれたから、笑って許してくれたから、それに甘えて、今後は同じことを繰り返さないように…と注意することです。

「一度許してくれたから、今度も許してくれるだろう」そう安易に考えてしまうことが、命取りともなりかねません。

愛情や信頼関係を築いていくのは大変なことですが、失うのはあっという間なのです。

→マンネリ化しないカップルデート解消法と対策はこれ!

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る