未分類

思いやりのある人と思いやりのない人の違い

思いやりがあると周りから言われる人、または会った時にそう感じさせる人というのはどこが違うのでしょうか。

思いやりがある人とは、どこか人情味が厚く周りから信頼され、とにかく好印象を与える人でもあります。

逆に思いやりがない人はどうでしょうか。

周りから冷たい人間と評価され、信頼にもどこかかけてしまいます。

どうせ同じ人生を生きるのなら、思いやりがある人で生涯を終える方が何かと得することも多いでしょう。

今回はそんな思いやりがある人と思いやりがない人の違いについて、詳しくご紹介しようと思います。

スポンサードリンク

「思いやり」は想像力から生まれる

頭をなぐられたらどれだけ痛いか、ナイフで傷つけられたらどれだけ痛いか。

これは、経験してみないことには実感できません。

最近の子供たちは、小さいときになぐり合いの喧嘩などしないので、なぐったりなぐられたりの痛みがわからない。

そこで、爆発したときには限度を越えた暴力をふるい、他人に痛みを与えることをなんとも思わない傾向があるといいます。

また、昔は子供もナイフで鉛筆を削って怪我をしたものですが、最近の道具はなんでも便利で安全、めったなことでは怪我をしない。

これは言い方を変えると、怪我をするチャンスがないということです。

何が言いたいかといいますと、なぐり合いの喧嘩でお互いに痛い思いをした後で仲直りしたり、多少の怪我をして傷ついてもまた治っていく、という体験に欠けています。

 

痛みや苦しみに敏感と鈍感の二極化が進む

そんなせいか、「傷つく」「痛み」ということに関して、敏感過ぎたり、鈍感過ぎたりする人が増えている印象も受けます。

傷ついて治して元気になって、また傷ついてと人間は死ぬまでこの繰り返しです。

しかし、傷つかないように傷つかないようにと、傷つくことを必要以上に恐れて人間関係を持てなかったり、「私は傷ついた、傷つけられた」と必要以上に自分の「傷」に敏感だったりする。

そうかと思うと、赤ん坊のように怖いもの知らずでやりたい放題で、他人を傷つけて平気だったりもします。

自分の「痛み」にばかり目を向けていないで、自分の痛みをとおして、他人の痛みにも気づいてほしいものです。

スポンサードリンク

問題は全てに共感が出来ないこと

しかし他人に共感するために、なんでもかんでも痛みを経験するべし、というのではありません。

それでは、夫をなくした人の痛みは夫をなくしてみないと同情できず、子供を失った人の悲しみを分かち合うためには、わが子が死ななければならないことになってしまいます。

一人の人間には、全ての悲しみや痛みはわからない。

他人の痛みは、想像することはできても、100%わかるわけではない。

とはいえ、それは「孤独」ではありません。

お互いに、他人のことがわからないからこそ、相手を理解しようと努力し、相手の痛みを想像する。

しかし、いくら想像力の豊かな人であっても、相手の痛みを完壁に理解することはできません。

だから、そこに「思いやり」が生まれる。

「人の心の痛みは完全にはわからない」ことを知っている人こそ、「思いやりのある人」と言われる人ではないでしょうか。

 

思いやりのある人になるには難しい…

思いやりのある人になるのは、努力することが必要です。

だからこそ、思いやりのある人というのは人から好かれるわけです。

ですが、思いやりのある人と周りから思われることは、そんなちっぽけな努力以上の力をあなたに与えます。

そんなに難しく考えなくても大丈夫です。

まずは人の気持ちを考えることから始めてみましょう。

また、「安心できる人やほっとする人の共通点」を参考にしてみるのもいいでしょう。

同じように、安心できる人やほっとする人というのは、人から好かれる人の条件ですから。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
  1. 恋愛

    敬語を使う男性心理から分かる6の事実
  2. 恋愛

    男性をその気にさせる方法と注意点9つ
  3. 彼氏

    彼氏の行動心理10選〜あなたの謎を3分で解明!
  4. 恋愛

    食事に誘う男性心理から読み解く6の事実
  5. 恋愛

    男が本当に好きな女に見せる態度10選
PAGE TOP