被害妄想への対処法と治療法

被害妄想が激しい人というのは、自分でも気づいている人が多く、その多くの人が対処法や治療法を求めているようです。

今回の記事では、比較的簡単に自分で出来る被害妄想への対処法と治療法。

そして、被害妄想をしがちな人の共通点、この辺りに関しても詳しくご紹介していこうかと思います。

スポンサードリンク

自分のへんなところ、他人におもしろおかしく話せますか?

他人にちょっと何かいわれただけで、被害妄想におちいってしまう人がいます。

「あいつは、自分のことをバカにしてるんじゃないか」と卑屈になったり、見当違いの攻撃で仕返しをしたりする。

こういう人の多くは、自分を笑い飛ばす余裕がないようです。

人間にはさまざまな個性があって、クセがある。

他人から見たらどうでもいいようなつまらないことにこだわっていたり、いつまでたっても子供っぽい趣味や、子供っぽい態度がどこかに残っていたりします。

それは、他人から見たら滑稽なものなのです。

しかし他人から指摘されたり笑われたりすると、本当のことなのに反発してみたり、逆に相手の滑稽なところを何とか見つけて仕返ししてやろうと必死になったりする。

ですがそれを始めてしまうと、必ずといってもいいほど人間関係がこじれてきます。

 

被害妄想を無くすには心の余裕から

あなたももう立派な大人なのですから、自分の滑稽なところを自分で笑い飛ばす余裕を身につける必要があります。

自分で自分を笑える人というのは、客観性を身につけている人です。

自分を笑う目を持っているということは、外から自分の姿を見ようとしている証拠です。

自分の滑稽さがわかる人間は、自分を外側から見つめる能力がある人。

反対に、自分で自分のことを笑えないのは、自分だけの思い込みの世界にひたっていて、自分を外から見る客観性があまり養われていない可能性があります。

そんな人はぜひ、自分のおかしいところを見つける訓練をしてみましょう。

スポンサードリンク

例を上げてみる

例えば、他人に自分の行動を笑われたとき、自分のどんなところがおかしく見えたのか、他人の目になって考えてみるといい。

私は、最近の若い人たちは、非常にユーモア感覚にすぐれていると思います。

テレビではたくさんのバラエティー番組が放送されているし、お笑いタレントが大人気です。

その中で育った彼らは、自然に笑いの感覚を身につけているのでしょう。

自分がやってしまったおかしなことを、他人におもしろおかしく話せるようになれば、もう他人に笑われることなど怖くはない。

他人に笑われたら、自分も一緒に笑ってしまえばいい。

笑いは、あなたを余裕のある人間にしてくれるはずです。

 

人を信じてみる勇気をもってみる

被害妄想に陥ってしまう人の中には、人に騙された、または人を信じれないというトラウマが原因で、被害妄想に走ってしまう人もいます。

人を信じることは大人になるにつれて難しくなっていくこと、というのは間違いありません。

しかし、被害妄想を治療する上で一番大事な事、それは勇気をもつことです。

真面目すぎる人ほど、他人の細かな言動や行動を気にする傾向にあります。

心の底から信用ができなくてもかまいません。

他人をもう一度信じてみる勇気をもってみましょう。

ですが、それが出来れば被害妄想なんて…と思った人は次のタイトルをしっかりと目に焼き付けてください。

 

適当に考えてみる勇気

被害妄想に陥ってしまう人は、常に一つのことに執着心を持ち、その一つの事に対して真面目に答えを探そうとしすぎです。

楽観主義な人ほど被害妄想が激しくない理由をご存知ですか?

楽観主義な人は”いい感じに適当”であり、生きていれば何とかなるという精神を兼ね備えています。

楽観主義すぎるのも困りものですが、あなたも楽観主義な人を参考にしてみてはいかがでしょうか。

周りに楽観主義な人がいるのであれば、積極的に会話に参加してみましょう。

また、楽観主義な恋人を作ることで、被害妄想がかなり改善されたという事例もあります。

一週間に一度は適当に生きてみる日を作ってみてはいかがでしょうか?

 

無理と決めつけないこと

最初から無理と決めつけていては、絶対に被害妄想を改善することは不可能です。

自分を笑ってみる…無理

人を信じる勇気をもつ…無理

楽観主義になりきってみる…無理

これでは、いつまでたってもあなたは変わることができません。

人間は変化することを恐れます。

なぜなら、今でも十分に暮らせていけるし、努力をする必要もないからです。

最後に一つ、被害妄想を改善できる人の共通点。

それは、無理と決めつけない、勇気をもって行動した人なのです。

逃げてばかりの人生でもいい。

自分にとって本当に大事な場面で逃げなければ、それだけであなたは強い人間になれるのですから。

また、心の傷や痛みを癒す方法にて、トラウマや嫌な出来事への対処法を知っておきましょう。

人生を楽しく生きていくために、役立つ知識です。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る