未分類

悩む人と悩まない人の決定的な違い

小さなことで悩む人と悩まない人。

世の中にはこの2つのタイプに分かれているようにも思えますが、この2つのタイプの違いとは、いったいどんな違いがあるのでしょうか?

今回の記事では、そんな悩む人と悩まない人の決定的な違いについて、育ってきた環境やあなたが今いる環境での決定的な違い等をご紹介していこうと思います。

ちょっと待った!実はその悩みはすでに解消されていない?

あなたも、むやみな注意を信じ込んで、いたずらに心配していることはないでしょうか?

例えば親に、「二度あることは三度ある」と教え込まれたとする。

さてあなたは、おととい道を歩いていて、そばを通った車に水をひっかけられた。

そしてなんと、昨日も同じことが起こった。

するとあなたは、今日はいつひっかけられるかと不安でならない。

しかし、三度目を防ぐ方法は教えてもらっていない。

なぜなら、そんな方法はないからです。

二度あったことは、もう変えようがない。

二度あっただけで、次が起こる心配をしてもしかたないのです。

しかし、あなたの心の中にはいつまでも、「二度あることは三度ある」という立て札が立っている。

小さい頃、親に教え込まれたことは絶大な力を持つものです。

心の立て札の書き換えは、そう簡単なものではありません。

親に教え込まれた事・すでに意味がない悩みではないのか?

ある女性は小さい頃友人の話を家ですると、必ず「それはどこの子だい?」と聞かれたという。

親が質問した意味とは、「〇〇町の三河屋の息子」とか「駅前のクリーニング屋の娘」という答えを聞きたいのです。

しかし彼女にとっては、その子はただの「〇〇くん」であって、どこの子なのかよくわからなかった。

さてそのうち、彼女も社会人になった。

あるとき、実家で弟の話を聞いているとき、「それどこの子?」と思わず聞こうとしている自分に気がついた。

しかし彼女は、どこの子か答えを聞いてもわからない。

つまり、まったく意味のない質問をしようとしていたのです。

親のしていた行動を無意識にやっていることは、本当によくあることです。

しかしそれに気づくと、やらなくなることも多い。

あなたが悩んでいることの中には、現実的でないことや、悩んでいてもすでに意味のないことではないでしょうか?

それは、誰かに吹き込まれたものではないでしょうか?

試しにちょっと点検してみると、そのばかばかしい信念がくずれていくこともあるので、ぜひやってみてほしい。

 

楽観主義な親かどうかによっても違ってくる

当たり前のようにも思えますが、もちろん悩む人と悩まない人というのは、楽観主義者の親かどうかということも関係してきます。

親がネガティブ思考で、そんな親を見て育ってきた子供は、親のようにはなりたくないと思いながら育ってきたのであれば、無理に自分をプラス思考の人間に変えようとさえします。

両親がお互い楽観主義者だった場合、小さなことで悩んでしまう子供になるようなことはあまり考えられません。

もし、親がお互いに楽観主義者だったのにもかかららず、あなたがほんの小さなことで悩んでしまう性格だった場合、精神病などの病気を一度疑っているべきです。(親のしつけや育った環境によっては、ネガティブ思考になってしまうことも考えられるので、100%病気というわけではありません。)

 

人生を無駄にしたと思わない

少し話は変わりますが、人生を無駄にしたと思う人の割合に注目してみましょう。

実は、人生を無駄にしたと思う人に共通する1つの考え方。

それが、小さなことで悩んでしまうという悩みを持っている人だったのです。

小さなことで悩んでしまう人ほど、不安が多く、人生を楽しむことができなかったと答えています。

不安が多いから楽しむことができない=人生損している。という結論に結びつける人が多いようです。

あなたはどちらでしょうか?

不安が多い方ですが?それとも少ない方ですが?

不安が少ない人生を歩んでいる人こそ、小さなことでは悩まない人なのです。

 

悩まない人はゴールが明確・悩む人はゴールが曖昧

最後に、悩む人と悩まない人の考え方の決定的な違いについて触れていきましょう。

小さなことで悩まない人というのは、常にゴールが明確な人です。

なぜかといえば、ゴールが見えている人というのは、ゴールにたどり着くまで全力で駆け抜けようとする人。

例え途中で失敗をしてしまっても、ゴールが明確にあるので、その人にとっては小さな失敗はゴールにたどり着くために必要な経験ととらえることができます。

しかし、ゴールが曖昧な人は違います。

ゴールが見えていないぶん、常に心の中は不安定です。

また、ゴールが見えてないからこそ、小さな失敗でくよくよと悩んでしまうのです。

あなたはどうでしょうか?

何かをするときに、常に目標を決めていますか?

いつも目標やゴールが無くて、曖昧なのであれば目標やゴールを決めておくこと。

それが例え他人よりもいい結果でなくてもいいではないですか。

あなたなりに頑張ってゴールできたのであれば、それはあなたにとってそれは一歩成長した証なのです。

また、「くよくよしない方法と4つのコツ」を参考にしてみましょう。

くよくよしない方法を身につけることで、あなたは悩まない人の仲間入りをはたせるのかもしれませんよ。

関連記事

  1. 未分類

    断れない人の心理

    断れない性格の人は、頼みごとをされると断れずについ引き受けてしまいます…

  2. 未分類

    年収550万の手取りと生活・貯金の目安

    年収550万ですと、サラリーマンの平均年収を少し上回る程度、といったと…

  3. 未分類

    人を傷つける失言癖を直す方法3選

    人を傷つける失言癖がある人というのは、無神経と言われる人に多く、また素…

  4. 未分類

    団結力を高める方法~チームワーク力向上のカギ4選

    団結力があるチームとないチームでは、長い目で見ると必ず大きな差が出ると…

  5. 未分類

    遅刻癖の心理と原因

    いつもいつも遅刻してくる遅刻常習犯。こんな遅刻癖のある人の心理…

  6. 未分類

    完璧主義の原因と克服方法6つ

    完璧主義な性格を克服するには、必ず原因を改善しないといけないわけですが…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 恋愛

    恋は盲目愛は幻?その心理が笑えない4の理由
  2. 恋愛

    敬語を使う男性心理から分かる6の事実
  3. 浮気

    愛人が欲しい男性心理と特徴5選
  4. 恋愛

    絵文字を使わない男性心理から分かる8の事実
  5. 彼氏

    彼氏の行動心理10選〜あなたの謎を3分で解明!
PAGE TOP