結婚

好きすぎる嫁といい関係を続ける4つのポイント

嫁のことが大好きと思える旦那というのは、間違いなく素晴らしい旦那であることは間違いありません。

そんな関係がいつまでも続けば、一生を幸せな夫婦として終えることができますが、現実はそう甘くありません。

夫婦というのは、育った環境が違うので、必ずどこかで考え方の違いで衝突してしまいます。

そんな好きすぎる嫁と、いつまでもいい関係を続けるためにはどういった工夫が必要なのでしょうか?

スポンサードリンク

いつまでも女として見ること

嫁が旦那に隠れて浮気をしていた原因のTOP3に、女として見てくれなかったという原因がランクインしているのをご存知でしょうか?

これは実際にアメリカで調査された結果ですが、多くの女性は旦那に対して女として見てほしいという願望が強いということが分かっています。

※実際にアメリカで調査された「旦那に隠れて浮気した理由はなんですか?」

第1位.愛が無くなったから

第2位.女として見てくれなかった

第3位.一緒にいても楽しくない

女として見てくれなかった理由は第2位にランクインしていて、どれだけ嫁に対して”女として見ていることを伝えれるのか”ということが大事なのかが分かりますね。

週に一回以上は必ず夜の営みを、時にはエスコートをする、ぎゅっと抱きしめてあげる、など嫁に対して「女の子だから」ということを伝えれる行動や言動を怠らないようにしたいものです。

スポンサードリンク

旦那に対して幸せを感じている嫁の特徴とは?

・家族で会話がたくさんあること

・結婚して子供が出来ても、男と女の関係であること

・当たり前にならずに、感謝の気持ちを忘れないこと

・寝室は必ず一緒にしておくこと

参照元:優しい旦那に幸せを感じる人に

参照元のサイトでは、一般人の既婚者女性に対してアンケート調査をおこなった結果、旦那に対して幸せを感じている嫁の特徴が、上記の4つであるということが分かっています。

あなたはどうでしょうか?

上記の4つの行動を意識して日々の夫婦生活を送れていますか?

もし1つでもかけているようでしたら、今日からしっかりと意識をして夫婦生活を送っていきましょう。

そうすることで、嫁はあなたと結婚したことに後悔することはありません。

また、大好きな嫁に幸せと感じてもらい続けることが可能になります。

 

嫁に対して、こんな「甘え」と「怠け」を持っていませんか?

男性の中には、「嫁が仕事に関して理解がない」とか、「仕事で疲れているのに、ああしろこうしろとうるさい」とか、「家庭の話など聞いていられない。家に帰ったときくらい休ませてくれ」などと思っている人も多いでしょう。

しかし、あなたが嫁の話を聞くことを避ければ避けるほど、嫁の欲求不満はふくれあがっていき、もっと自分の話を聞いてくれと要求します。

そして、それでもダメならあきらめて子供に向かう。

あなたのことは、家庭にいてもいないものとして、子供との家庭を築いていくのです。

こうして、世間で話題のマザコン家庭ができ、父親不在の家庭ができあがっていきます。

皆さんも分かっているように、そうなってからでは遅い。

こうなってから夫婦の理解を取り戻そうと思っても、至難の業です。

取り返しのつかないことになる前にやっておくことをおすすめします。

あなたは、自分の仕事の話をどれくらい嫁にしているでしょうか?

また、家庭の話をどれくらい嫁から聞いているでしょうか?

仕事上では、言わなくてはならないことや考えの違う上司と渡り合うのが当然と思っているあなたも、いざ嫁が相手となると、「何もいわずにゆっくり休ませてくれ」という人が多いのではないでしょうか?

 

嫁への甘え

嫁をほめたり、嫁の料理を「おいしい」といったり、いつもよくやってくれていることを感謝したり。

そういうことをしないのは、嫁への甘えともいえます。

「言わなくても分かっているだろう」というのは「怠け」なのです。

女性のよさを否定し、女性のよさを分かろうとしない男性にかぎって、そんなふうに女性への甘えがあります。

「そんなのは女性の甘えだ」「もっとこうするべきだ」「こうでなければいけない」といいながら、自分は女性を理解することを怠けていないでしょうか?

そしてそういう人にかぎって、嫁が自分を見限った頃に、その大切さに気づいたりするものなのです。

さて、思いあたった人は今日からでも嫁にもっとやさしくしましょう。

嫁の話を聞き、自分の仕事の話もしてみよう。

きっと彼女はそのことに満足して、そしてあなたもいい意味で彼女に甘え、安らげる関係がつくれるでしょう。

また、「夫婦円満の秘訣と感謝の気持ちの関係性」もセットで読んでみましょう。

感謝の気持ちを伝えることがどれだけ大事なのか?あなたは改めて気づかされることでしょう。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
  1. 浮気

    愛人が欲しい男性心理と特徴5選
  2. 恋愛

    敬語を使う男性心理から分かる6の事実
  3. 恋愛

    男が本当に好きな女に見せる態度10選
  4. 恋愛

    恋は盲目愛は幻?その心理が笑えない4の理由
  5. 恋愛

    食事に誘う男性心理から読み解く6の事実
PAGE TOP