単身赴任の辛い気持ちが実は幸せな理由

単身赴任という、少し残酷にも思える制度に対して、辛いという気持ちを隠せない人は多く存在します。

特に単身赴任は夫が辛いと感じることが多いようで、逆に妻は子供が一緒にいたり、家事が少なくなったりと、メリットを感じている人も多いようです。

さて、そんな単身赴任に辛いという感情を持っている人が実は幸せな理由とは、一体どのような理由なのでしょうか?

辛い気持ちが幸せな理由とは、あなたはどのような理由だと思いますか?

スポンサードリンク

こんな寂しい「単身赴任生活」が、実は幸せな理由

単身赴任をしても、ちっとも「寂しい」などと感じない人もいるし、妻子から離れてすっかり羽を伸ばして自由を謳歌してしまう人もいるでしょう。

しかし、男性も案外寂しがりやで、一人身に耐えかねている男性も多いのが現状です。

朝一人で目を覚まし、着替えをして出かける。

喫茶店でモーニングを食べて出社する。

夜は夜で、ほとんど何も入っていない冷蔵庫からビールを出して、コンビニで買ってきたおつまみをつまむ。

休日の朝、流しにたまったコップを洗ったり、洗濯していると、「いったい俺は何をやっているのか」という気になってくる。

むなしさに人生を考え直してしまう人もいるだろう。

しかし、こんな寂しい単身赴任生活を経験できた人は幸せです。

きっと、家庭の大切さ、妻の大切さを身をもって知るからです。

仕事仕事で生きてきて、会社の命令なら単身赴任も当たり前と引っ越したが、いったいおれは人生で何を本当に大切にしたいのか。

そんなことを考え直せたなら、あなたは男としての人間としての幅が広がる。

仕事だけではない価値観に目を向けられる。

今まで見落としてきた大切なものを取り戻すチャンスを与えられたのです。

スポンサードリンク

意外と多い単身赴任後の絆の深まり

単身赴任をしてみて、かえって妻子との糾が深まったという人は多い。

きっとこれは、たまに家に帰ったときに、一緒にいる時間を大切にするからでしょう。

今までよりも十分にコミュニケーションができて、夫婦仲の改善に貢献する。

妻のほうも、夫が電話してきたり、情けない声を出しているのを聞いたら、今までにはなかった愛情が生まれてくるかもしれません。

反対に、家庭から解放されて、「おれは本当は結婚向きの男ではなかったのだ」と思い始める人もいるかもしれません。

それはそれで、じっくり考えてみるといいと思う。

結婚向きの男ではなかったと分かったからといって、さてどうするのか。

外国にでも逃亡するか、離婚して一生フラフラと生活するのか。

会社に頼んで一生単身赴任を続けさせてもらうのか。

単身赴任というのは迷惑な制度ですが、そうでもしなければ真剣に人生を考えない人間にとっては、非常にありがたいものなのかもしれません。

 

性欲の悩みはどうすればいいのか?

単身赴任の人に多い悩みの1つに、性欲の悩みというのが存在します。

実は性欲の悩みが原因で、単身赴任中に浮気や不倫してしまう人も少なくありません。

実際に、単身赴任の離婚率は同居する夫婦の二倍と言われています。

その離婚率の多くは、寂しさと性欲が原因になっています。

もちろん、相手側も同じような悩みを抱えていることをお忘れなく。

単身赴任中はめったに会えませんが、久々の再開は子供だけでなく、妻(夫)にもしっかりと愛情を注ぎましょう。

そこで愛が無いと感じられれば、違う相手に走ってしまう可能性が上がってしまうのです。

性欲の悩みに関しては、お店に行くかDVDや動画で満足するしか方法はありません。

間違っても決して、家庭崩壊になるような結末にならない行動を心がけてください。

 

単身赴任を楽しむためには

最後に単身赴任を楽しむためには、思いっきり独身に戻ったつもりで、はっちゃけることが大事です。

もちろん浮気や不倫はいけませんが、新しい環境で新たな仲間を求めて、居酒屋めぐりをするのもいいでしょう。

とにかく週末くらいは外でハメを外してみましょう。

そして、今までの以上に友達作りに力を入れてみることです。

逆に絶対にしてはいけないことは、外から出ないということ。

単身赴任の寂しさや一人の時間が原因で、うつ病になってしまう人は少なくありません。

うつ病になってしまい、会社を退職してしまったなどとなれば、何のための単身赴任なのか分かりませんよね。

だからこそ、今まで以上に友達作りに力をいれることが大事になってくるのです。

また、「毎日同じことの繰り返しへの対処法」もセットで読んでみましょう。

せっかく人間という素晴らしい生き物として産まれてきたのですから、楽しい毎日を過ごし、楽しい人生で一生を終えたいものです。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る