睡眠時間が3時間~5時間は異常なのか?

人間がいつまでも健康でい続けるためには、必ず質の高い睡眠が必要です。

なぜなら、質の高い睡眠をしないと人間は精神病にかかってしまうリスクが高まり、精神的な健康を維持できないからです。

そこで最も注意してほしいのが、睡眠時間3時間~5時間というあなたです。

なぜ睡眠時間3時間~5時間の人は要注意が必要なのか?

理由と睡眠時間が少ない人が陥りやすい睡眠障害の種類、そしてあなたの性質についてご紹介していきましょう。

スポンサードリンク

まずは睡眠時間の平均を年代別に見てみよう

睡眠時間というのは年代によって、平均の睡眠時間は全く変わってきます。

そこでまずは、年代別に平均の睡眠時間を見てみましょう。

NHKが2000年に行った国民生活時間調査によると、日本人の平均睡眠時間は7時間23分で、年代別では30代が6時間57分、40代が6時間59分と、働き盛りの年代で特に睡眠時間が短いという結果が得られました。

睡眠時間

参照元&出典:睡眠時間は8時間必要?長さより質が大事!

このグラフを見ても分かる通り、どの年代を見ても睡眠時間は6時間を超えています。

つまり、睡眠時間が3時間~5時間のあなたは明らかに睡眠時間が短い人だということが分かりますね。

さて、睡眠時間が短いということは分かりましたが、いったいその原因はどこにあるのでしょうか?

スポンサードリンク

睡眠時間が3~5時間の人はうつ病を疑ってみる

日常のストレス解消法、気分転換法で元気にやっていければそれにこしたことはありません。

しかし、ドクターに相談したほうがいいときもあります。

そこで、どんな状態になったら医者にいったほうがいいか?

そのチェックポイントを以下にあげてみましょう。

まずは、睡眠に註意してほしいうつ症状では、ほとんどの場合に睡眠障害が見られます。

その特徴は、大きく3つに分かれます。

1つは、寝つきが悪くてなかなか眠れないという「入眠障害」(寝つくまで常に30分~1時間かかる)

2つめは、寝つきはいいがすぐ目がさめてしまう「睡眠中断」と、朝早く目がさめてしまう「早朝覚醒」

3つめは「浅眠」

朝の目覚めがすっきりせず、不快感があったり、夜によく眠れず昼に眠くてしかたない。

眠れても、ちょっとした物音で目がさめてしまったり、悪夢にうなされる人もいます。

まずは上記の3つのポイントにあなたは当てはまっていないか?しっかりとチェックしておきましょう。

 

逆に躁うつという、普通のうつ状態と対極の症状も存在する

さきほどあげたのは、うつ状態の場合の睡眠異常ですが、躁状態のときの睡眠障害も存在します。

操状態のときは、行動が積極的や活動的になるりますが、それでいて疲れをあまり感じない。

眠る時間が惜しくなって、寝る間も惜しんでいろいろやりたがる。

他人の迷惑もかえりみずに深夜に電話したり、突然訪問したりする。

本人は疲れたそぶりは見せませんが、実際には活動しすぎで疲れはたまっています。

周りから、テンションの上がり方が明らかにおかしいや、無意識のうちに変な時間にハイテンションになっている、などの警告を受けたのであれば、躁うつを疑ってみるべきです。

しかも躁うつの人は、自分で躁うつなんだと気づけない事が多く、躁うつは自分で気づけないと治すことが不可能とも言われているので、夜にハイテンションになり寝れないという人は、一度疑ってみましょう。

 

ショートスリーパーの可能性も考えてみる

ショートスリーパーとは、基本的に睡眠時間が5時間以内または6時間以内でも周りと同じように生活をして、なおかつ体にそれほどストレスや負担がかかっていない人のことを言います。

そんなショートスリーパーの特徴とは、性格で見分けることができるそうです。

1.ショートスリーパーは楽天家で自信満々

2.短気で強気

3.かっとなりやすくて負けん気が強い

4.外交的で明るい

参照元:ショートスリーパーの特徴や性格

このような性格での特徴があるらしく、芸能人はショートスリーパーが多いというのは有名です。

また、勘違いしてはいけないのは以下のようなことですので、自分はショートスリーパーだと思った方は特にしっかりと覚えておきましょう。

時間が足りないショートスリーパーの場合は、ストレスなどで体に負担を抱えているので短命になる可能性はあるでしょう。

しかし、無理をしていないショートスリーパー、つまり無理なく睡眠をとっているショートスリーパーは短命になってしまうことはありません。

参照元:ショートスリーパーの特徴や性格

睡眠時間が3~5時間でも、全く疲労感を感じずに、無理なく日常生活を送れている人は、睡眠時間が長い人と比べても特に体の心配をする必要はありません。

しかし、忙しさや本当にまだまだ寝たいのにもかかわらず、無理矢理起きている人は問題です。

早死にの原因にもなりますし、うつ病の原因にもなりかねません。

平日が忙しいのであれば休日にしっかりと睡眠をとるなどの処置をしないと、健康な体でい続けることは難しいでしょう。

 

睡眠を見ると人の精神状態がよく分かる

このように人の眠りの状態を見ると、その人の精神状態がよく分かります。

睡眠が規則的で、夜はぐっすり眠れて朝はすっきり目覚められれば、心も体も健康なのです。

日本人の平均睡眠時間はおよそ七時間から八時間くらいです。

しかし、この時間をあまり気にしすぎないでほしい。

これはあくまでも平均です。

もっと短くても健康に過ごしている人もいるし、もっと長く睡眠を必要としている人もいる。

本人にとって、その睡眠時間でずっと健康に暮らしているなら、それがあなたの適正睡眠時間なのです。

また「眠れない」ことを気にしすぎるのも禁物です。

一日や二日眠れなくたって、どうということはない。

「眠れない、眠れない」と気にすることから余計に不眠が生まれるのです。

スポーツジムにでも行って、ひと汗流せば、心地よい疲れとともにぐっすり眠れることもあります。

しかし、長期的に睡眠異常が続き、日常生活に支障が現れるようならドクターにかかることをオススメします。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る