浅い睡眠の改善方法の4つ

質のいい睡眠をとることで、より効率的に体を回復させることができ、さらにストレス解消にも繋がっていくわけですが、浅い睡眠はどうも質の悪い睡眠に分類されるようです。

しかし、浅い睡眠であろうがとりあえず仮眠をとるということは大事で、体力の回復につながっていることは間違いありません。

そんな浅い睡眠を改善することで、質の高い睡眠をとることができるわけですが、実は質の高い睡眠をとるのは意外と難しいことではありません。

寝る前の少しの工夫さえすれば、あなたは浅い睡眠を改善することができます。

スポンサードリンク

睡眠と目覚めを画期的によくする方法

最近、お風呂の中で歌を歌ったことがあるでしょうか。

忙しすぎて風呂に入るのはあくまで義務、体をさっさと洗ってそれで終わり。

もしかすると、お風呂に入る時間ももったいないという人もいるかもしれません。

そんな人は、夜の長風呂の効用を知ってほしい。

お風呂を「ムダな時間」と敵視せずに、もうちょっと楽しんでみてはどうでしょうか。

風呂の中で歌うくらいの余裕もなくなっては、人生の長期戦を健康に保っていくのは難しいでしょう。

ストレスで緊張したままでは気持ちよく眠りに入れませんが、お風呂で十分リラックスしておけば睡眠も快適になります。

最近は少なくなりましたが、銭湯に行くのもおすすめです。

家でお風呂に入るのとはまた違った気分が楽しめて、いい気分転換になる。

裸のつきあいの少ない現代に、銭湯に集まる人たちとちょっとした言葉をかわすのもいいでしょう。

スポンサードリンク

銭湯やサウナがもたらす効果とは?

私も、スポーツジムのあとのサウナを社交場にしている。

服を脱いだおつきあいのせいか、リラックスして話がはずむ。

「つまらないことを、よくいつまでもしゃべっていられるものだ」 と思う人もいるようですが、おしゃべりは日頃のタテマエだらけの社会でたまったストレスのガス抜きになります。

タオルを洗面器に入れて銭湯に出かける気分もいい。

季節のいいときなら、風呂あがりの風が気持ちいいものです。

銭湯から帰って飲むビールも格別の味です。

 

朝のシャワーは熱めがオススメ

反対に、朝のシャワーも気分転換になります。

熱めのシャワーを浴びると頭がすっきりします。

朝からぬるめの風呂に入ると、リラックスしてしまって体が起きないので、朝は熱めの湯がおすすめです。

シャワーを浴びるために、ほんの三十分早起きするのもいい。

ぼんやりしたまま満員電車に乗り、会社に着いてだらだらと仕事をするより、早起きしてシャワーですっきり目覚めれば、一日の始まりがさわやかです。

始まりがきわやかなら、集中して仕事ができて、夜もぐっすりときわやかに眠れる。

どうも体がだるくてすっきりしないという人は、朝のシャワーと夜の長風日を試してみましょう。

 

アルコールが睡眠妨害になることも

アルコールを飲むことで、ぐっすりと寝ることができる人も多いかと思いますが、実はアルコールを飲んだ後にすぐに寝てしまうと、浅い睡眠になってしまう可能性が考えられます。

アルコールを分解するために内臓が働いているので、体は完全に休んでいません。

体を完全に休ませるには、就寝前の3時間はアルコールを摂取しないことです。

といっても、残業大国の日本ではこの条件を満たすことが難しい人もいるでしょう。

そんな人は、空けておく日と空けておかない日をしっかりと設定し、空けておく日は質の高い睡眠をとるように心がけましょう。

 

運動不足を解消する

自宅の近くにジムがある、または仕事帰りの道沿いにジムがあるのであれば、ジムに通ってみるのも浅い睡眠を解消する方法の1つです。

なぜ運動不足が浅い睡眠に繋がってしまうのかというと、浅い睡眠は体が疲れきっていない、または体が緊張状態のままで睡眠してしまっていることにあります。

仕事終わりにでも運動をすれば、この2つの原因を解消できるのでおすすめです。

あまり体を動かさない人は、コンビニやスーパーなどに歩いていくのも改善方法に繋がります。

とにかく体をしっかりと動かすということを心がけましょう。

 

食事を見直してみる

「夜間低血糖」という睡眠障害になってしまう原因をご存知でしょうか?

夜間低血糖とは、『空腹で血糖値が下がっている時に、糖質の多いものを食べてしまう』ことで起こる現象のことです。

空腹のお腹を満たした後に、糖質の高いものを食べると血糖値が一気に上がり、その血糖値は睡眠時間に一気に下がってしまいます。

この血糖値が一気に下がってしまうことが、質の低い睡眠に繋がってしまうわけです。

歯ぎしりや汗が大量に出る人、夜中にトイレで目が覚めてしまう人は、睡眠前の食事を見直してみましょう。

また、「睡眠時間が3時間~5時間は異常なのか?」もセットで読んでみましょう。

睡眠時間が長い人も短い人も、上記のページを読むことで、たくさんの種類の睡眠障害を知ることができます。

自分は睡眠障害になっている可能性が無いのか、しっかりと確認しておきましょう。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る