未分類

必要とされる人になるための2つの条件

必要とされる人になることができれば、いじめや仲間はずれに合わないことは当然ですが、会社での立場にも困ることは少ないでしょう。

必要とされる人ほど愛される人が多く、人気者が多いというのも事実です。

また、必要とされる人は会社でリストラにあうことも少ないというのは、言うまでもありませんね。

さてそんな必要とされる人になるための条件ですが、一体どのような条件が必要だとあなたは思いますか?

これから必要なたった2つの条件についてご説明していくことにしましょう。

人に勇気を与える 「平凡人」になろう

「平凡な人」とはどんな人だと思いますか?

少なくとも、毎日何の感動をするわけでもなく、あるいは何の苦労をするわけでもなく、ただだらだら過ごしている人のことでは無いはずです。

まず1つ目は「自分のことに真剣になれる人」です。

仕事でも勉強でも家事でも何でもいいので、何かに懸命に取り組んでいる人です。

もちろんその結果が、「夫や子供に感謝してもらい、家庭が円満にいっている」「上司に認められて給料があがった」「試験に受かって資格を取得した」などとうまくいけばいいですが、なかなかそうはいかないのが現実です。

「子供や主人は感謝するどころか、私の話をまともに聞いてもくれない」「こんなに懸命にやっているのに昇給どころか、リストラの不安に悩まされている」「何度受験しても受からずに、後から入った人に追い抜かれている」

世の中を見渡すと、こんなグチをもらしたくなる人のほうが多いのではないでしょうか。

もし「非凡な才能の持ち主」であれば、少し努力しただけでも、人に認められたり、物事がとんとん拍子にいくのかもしれません。

しかし「平凡人」ゆえに、簡単には結果が出ない。

思いどおりのぺースでは進んでくれない。

これが平凡人の苦労であり、切なきです。

だからこそ人は尊い

しかしだからこそ、それでもこつこつと懸命にがんばっている人は尊いのです。

「あの人はあんなに苦労して努力しているのに、なかなか結果が出ない。それでもまだがんばり続けている」

周りにいる人も同じ平凡人だから、その難しさとすごさがわかる。

「あの人があんなにがんっているんだから、私ももう少し頑張ってみよう」「私なんかまだまだ努力は足りないな」と。

そしてどんな人でも、がんばり続ければ必ずそれなりの結果は現れてくる。

「ああ。やっぱりがんばってきてよかった」「苦しいときもあったけど報われた」となる。

粘り強い人は人を勇気づける。

そして自らを幸せにすることもできるし、周りの人をもまた幸せにすることができる。

平凡人というのは少しずつ進んでゆく人です。

そして歩いていく過程でも、「今の幸せ感」を十分に味わっている人なのです。

 

自分ならではの「よさ」を上手く表していますか?

自分と同じようにどこかしら欠点を持ち、似たような日常の悩みを抱き、それでも自分を信じてなんとか毎日をがんばって生きている人。

こんな人を人々は求めています。

そういう人と時には多いに笑ったり、楽しい時間を過ごしたり、またあるときは励ましあい、悩みを語りあいたい…

実際にそのような「私に似た人」「私を理解してくれるだろう人」は、世の中には数多くいるでしょう。

あなたの周りにいるほとんどの人が、そんな平凡人なのです。

その星の数ほどいる平凡人の中から、あなたはどのようにして親友、恋人、パートナーを選んでいるのでしょうか。

なぜその人が「必要な人」なのか。

たまたま、同じ職場、学校だったから?

偶然に共通の知人を介して知りあったから?

初めて会ったときに、何となく気が合ったから?

確かに最初は偶然やたまたま、縁があったからというきっかけかもしれませんが、同じような偶然の出会いやささいなきっかけで知りあった人は、これまでにもたくさんいたはずなのに、なぜ隣にいた他の人ではなく「その人」だったのか?

他の人は付き合いが続くうちに離れていってしまったのに、なぜ「その人」は「必要な人」として残っていったのか?

答えはその人のなかに、他の人にはない「何か」を感じたからです。

そして、その人もあなたのなかに特別な「何か」を見てくれたからなのです。

 

その何かは一体?

その「何か」とは、「その人ならではの優しさ」かもしれないし、「自分を引っ張っていってくれる強さ」かもしれないし、「決してあきらめない粘り強き」かもしれない。

いや、おそらく一言にして表すことのできないものです。

いずれにしても、その「何か」は普段はその人の内に秘められているものなのに、何かの拍子にあなたにだけ見せてくれたものではないでしょうか。

それは逆の立場からいえば、あなたがその人に見せた「あなたのよさ」に相当するものでしょう。

有名でもなく、世間から称賛を浴びるわけでもない「平凡人」であっても、自分の内に育んできた「よさ」を人に表すことについては達人でありたい。

それが自分の周りに「大切な人」が大勢集まってくるという、平凡人にとっての最大の 「名誉」ということではないでしょうか。

また、「思いやりのある人と思いやりのない人の違い」もセットで読んでみましょう。

あなたは自分で自分を思いやりがある人だと思いますか?

思いやりがある人ほど人から必要とされ、愛される人であることは間違いないでしょう。

関連記事

  1. 未分類

    夢を諦めるべきか?年齢やお金や就職が頭にちらつくあなたに

    諦め半分の自分とサヨナラするために将来、大きく羽ばたくことを夢見て…

  2. 未分類

    悩む人と悩まない人の決定的な違い

    小さなことで悩む人と悩まない人。世の中にはこの2つのタイプに分…

  3. 未分類

    断れない人の心理

    断れない性格の人は、頼みごとをされると断れずについ引き受けてしまいます…

  4. 未分類

    職場で孤立の対策方法4つ

    職場で孤立してしまい、悩んだ挙句に会社を辞めてしまう人は後を絶ちません…

  5. 未分類

    根に持つタイプの心理状況とは?

    いつまでも根に持つタイプの人間というのは、どこか恐ろしく人を寄せ付けな…

  6. 未分類

    年収650万の手取りと生活・貯金の目安

    いくらの稼ぎがあれば、苦労せずに暮らしていくことが可能なのでしょうか?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 恋愛

    男性をその気にさせる方法と注意点9つ
  2. 浮気

    愛人が欲しい男性心理と特徴5選
  3. 恋愛

    食事に誘う男性心理から読み解く6の事実
  4. 恋愛

    絵文字を使わない男性心理から分かる8の事実
  5. 恋愛

    男が本当に好きな女に見せる態度10選
PAGE TOP