人間関係がうまくいかない時の修復方法の3つ

世の中には人間関係がうまくいかないと、人生を嘆いてしまう人も少なくありません。

また、人間関係が原因でうつ病になってしまったり、人間不信に陥ってしまう人も多くいます。

そんな時に最もいい対処法といえば、やはりそのうまくいかない人間関係を修復することでしょう。

しかし皆さんもお分かりのように、問題はそう簡単に修復できない事にあります。

しっかりと修復方法の3つを頭に入れておき、焦らずに人間関係の修復に取り組みましょう。

スポンサードリンク

「美しくない」ところに自分のよさがある

人と人とのどんな集まりであっても、その関係が乾いてしまってはうまくいきません。

「乾いた関係」とは文字どおり、血や汗や涙を介さない関係であり「それは君の仕事でしょう。私は自分のノルマは果たしたんだから関係ない」と突きはなすのがその一例です。

「それをこれから一人だけでやるのは大変でしょう。私も手伝うわ」と手を貸し、相手と一緒に「汗」を流す。

あるいは「実は今、こんな大変なことになっていて…」と苦しんでいる人に「それは気の毒ね。私はたいした力にもなれないけど、相談に乗ることくらいはできるからいつでも遠慮なくいってね」と一緒に「涙」を流してみる。

ともに流した血と汗と涙の量が多いぶん、その紳は固くなるでしょう。

仕事場であれサークルであれ、ともに闘っているという気持ちがあれば、その集団の結びつきはしだいに強くなっていくものだろう。

うまくいかないと感じている相手に対して、共同作業をする場をつくってみるということが、本当は一番ベストな人間関係の修復方法といえるでしょう。

また一緒に汗を流せないのであれば、相手の悩みに対して思いっきり共感してあげましょう。

共感することは、人間関係の修復に凄く役立つということも覚えておきましょう。

スポンサードリンク

いい関係を保つにはユーモアも大事

苦しみや辛さを共有すれば「いい関係」ができるというものでもなく、以前にも触れたユーモアも大切です。

そもそもユーモアの語源は「体液」だという。

ちょっとしたユーモアが、気まずい雰囲気や深刻な状況から救ってくれた。という経験は誰にもあるはずです。

さらにユーモアに富んだ関係は、いつも笑いに満ちています。

そういう意味で、ユーモアはまさに「心の潤滑油」になるのです。

今、人も社会も妙に「きれい好き」になって、体臭を隠し、汗も抑えて、他人の体液に触れることを恐れている人が増えているという。

しかしそんなに清潔にこだわり、乾いた心のままでいては相手の心はおろか、自分の心さえ潤すことはできません。

乾いた心同士が触れあっても、摩擦でお互いが傷つくことになるのではないでしょうか。

相手が自分のためにどこまで汚れてくれるか。

自分が相手のために、どこまで内なる体液を振りしぼることができるか。

表面的で乾いた関係を脱し、本当に互いが必要とされる関係まで築き上げられるかどうかは、そんな「美しくない部分」まで自分を見せることができるかどうかにかかっています。

そしてその一見「美しくない部分」のなかに、本当の「自分のよさ」が含まれているように思うです。

 

「ありがとう」や「ごめんなさい」は、人のためより自分のために

今の日本人は、「ありがとう」と「ごめんなさい」を素直にいえる人が少なくなっていて、人付き合いが下手くそになりつつあります。

「これくらいのことはしてもらって当然だ」や「自分だけが悪いわけではないから謝る必要がない」という考えは、いずれも「自分」を中心にしか考えられない人の考え方です。

そもそも「ありがとう」も「ごめんなさい」も、相手の心に報い、相手の気持ちをなだめるためだけの言葉ではありません。

そのセリフを口に出すことによって、誰よりも救われるのは自分自身なのです。

 

実際にこんな実例が存在する

これは実際に存在した話であり、過去にテレビ取材で後悔された”ありがとうの実話です”。

Aさんには、学生時代に大変お世話になった老夫婦がいました。

その老夫婦はAさんの下宿近くで食堂を営んでおり、貧乏学生だった当時のAさんに一品サービスしたりして、独り暮らしのAさんの面倒を見てくれた。

卒業後は就職先での仕事に必死だったせいもあり、その食堂に顔を出すことも少なくなり、やがて転勤になって転勤先で結婚して家庭を築く。

こうして社会人になって十年以上も過ぎた頃、Aさんはふと食堂の老夫婦のことを思い出しました。

あれだけ世話になっておいて何のお礼もせず、下宿を引き払うときにも挨拶のひとつもせず、思えば自分はなんと薄情な人間だったことだろう。

そんな思いがしだいにAさんの心に重くのしかかってきたそうです。

しばらくして、Aさんは妻をともなって出かけた。

もしかすると、もう食堂はなくなっているかもしれないという心配もあったが、当時と変わらぬ姿でそこにあり、老夫婦ともAさんを覚えていたそうです、学生時代に受けた恩に対してお礼をいい、それを今まで先送りしてきた非を詫びると、老夫婦はそんなことは気にするふうもなく、Aさんが立派に なって、家族にも恵まれたことをとても喜んでくれたという。

Aさんは老夫婦に会って、お礼とお詫びをいえたことで、久しぶりにすっきりとした気持ちを味わったと言います。

これでようやく胸の疲れがとれたと。

 

素直になれずその後に後悔する人は多く存在する

「ありがとう」と「ごめんなさい」は、決して人に対するためだけのものではなく、その快さは結局、自分に返ってくるということです。

ひとこと発すれば、相手も自分も心がすーっとして軽くなるのです。

世のため人のため自分のために「ありがとう」と「ごめんなさい」は、もっと口に出してみましょう。

人が思う感じのいい人とは、こういった常識と言われることが当たり前にできる人なのです。

また、「必要とされる人になるための2つの条件」もセットで読んでみましょう。

必要とされる人とは、人間関係も上手にこなしますし、何より愛され続け、人が寄ってきます。

あなたもそんな必要とされる人になることができれば、これからの長い人生で人間関係に悩むこともグッと少なくなることでしょう。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る