未分類

生きているのが辛い時に立ち直る方法の3つ

生きているのが辛いと嘆くあなたに。

確かに人生とは辛いことの連続であり、多くの人があなたと同じように生きているのが辛いと感じる時期は存在します。

そんな中でも、近年は自らの命を絶ってしまう人が後を絶ちません。

焦らなくても怖がらなくても失望しなくても大丈夫です。

立ち直る方法さえ知っていれば、これからの人生をより楽に楽しく生きていくことができるのですから。

スポンサードリンク

心と体のリズムを日々心がけよう

嫌なことが重なったり、ストレスがたまったりして、気持ちが弱っているときは、生活の基本的なリズムにその影響が現れるます。

「最近どうも食欲がない」「夜寝つきが悪い。朝起きるのが辛い」「トイレが近い」「便秘や下痢を起こしやすい」

とくに体調が悪いというわけでもないのに、こうした現象が現れるときは心が疲れているサインです。

どんなに気持ちを強く持っていよう、元気を出してがんばろうと思っていても、どうやっても気分が乗らないときもある。

体も疲労がたまると動きが鈍くなるように、心も疲労がたまるとどんよりと重くなるのです。

心の疲労は目に見えないだけに、ぎりぎりになるまで自分を追い詰めかねないのだから要注意が必要です。

このような症状が出たときは、ちょっとぺースをゆるめてみることが大事でしょう。

今まで10の力で走ってきたとしたら、8くらいまで落とすこと。

マラソン選手も野球の先発投手も、最初から最後までまったく同じぺースで飛ばしているわけではありません。

スタートの大事なところでは、好位置を確保するために多少の無理をするのだろうが、ポジション取りができれば勝負どころが来るまでじっと力をためている。

先発ピッチャーにしても、すべてのバッターに全力で勝負していたのでは、とても九回まではもたないのです。

常に10で頑張らなくても、8の力のみで生きていく週を作ってみるのもいいでしょう。

イジメで悩んでるのであれば8の力の日は保健室で休憩させてもらう、仕事なら8の力の日はペースはゆっくりで定時と決める、育児であれば家事は今日は全くやらない日、という感じに自分なりに工夫をしてみましょう。

スポンサードリンク

人生に疲れないためにはメリハリが大事

人生に疲れを感じない、うつ病にならない人はメリハリをつけるのが上手な人でもあります。

「ここぞ」というときに自分の100%の力が出せるように、抜いていいところは抜いている。

私たちの人生もよくマラソンに例えられます。

人生とは途中で上り坂あり下り坂あり、順風のときも逆風のときもある長いレースです。

「いざ」という場面で全力を出しきるためには、日々のコントロールが必要なのです。

今はダッシュするときか、それとも力を温存するときか。

途中でへばってリタイアしないように、心と体のリズムを調整しながら、ペース配分を心がけよう。

それができる人が自分のためにも、人のためにも「いざというときに力を発揮できる人」「ここぞの場面で強い人」なのです。

辛いのであれば休日は思いっきり息抜きをして、50%くらいの頑張りで生きてみましょう。

どうしても学校や仕事に行くのが嫌な日は、無理せずに休みをとってみるのもいいでしょう。

そもそも日本人は何事にも真面目に考えすぎです。

うつ病などの精神的な病や、人生の苦しい時を乗り越えたいのであれば、時には休んで何もしない日を1日くらい作ってみると体も精神も回復するはずです。

 

人が試練を乗り越えた時、どのような変化が起こるのか?

長く生きていくうちには走ることはおろか、立っていることさえできなくなることもあります。

しかし、立っていることさえできなくなった人がその試練を乗り越えた時、彼らにはどのような変化が起こるのでしょうか?

アメリカの研究チームは、生きているのが辛い状況の人々が、その試練を打ち破った時にどのような変化が起こったのか、大きな事故を起こして精神的に不安定な人々129人を対象に実験をおこないました。

長期間の治療が必要な病気や大怪我を負ったときの苦しみというのは、病気や怪我そのものの痛みだけではありません。

研究チームの中の1人の心理学者によると、長期間休むという苦みの原因は人間の以下の4つの心理に関係していると言います。

1.もう治らないのではないかという不安と恐怖

2.休んでいる間の経済的な不安

3.家族に迷惑をかけているという自己嫌悪と無力感

4.同僚たちが見舞いにきて励ましてくれるのはありがたいが、彼らの元気な姿を見て、自分は取り残されているといった焦り

このようにひとりぼっちで病室に取り残されているときは、一言ではいい表わせないような得体の知れない孤独感や不安、恐怖感にさいなまれることもあります。

そして気持ちで負ける人もいる。

これは「いじめ」や「仕事」や「育児」などで、人生に悩んでいる人々が思いきって長期間休むことができない理由と非常に類似しているそうです。

「生きる」という人にとって根源的な部分をおびやかされるだけに、病気にともなう苦しみは他のものとは比べものにならない。

当然、生きているのが辛いと思う人と同じように、「自分の死」ということとも対峠するのですから、病気はその人に大きな試練をもたらします。

しかしだからこそ、病気をきっかけに人が変わることもあるということが実験の結果判明したのです。

これらは生きているのが辛い人が、試練を乗り越えた時に人が変わるとも言い換えることができると、アメリカの調査チームは言います。

 

「生きることのありがたさ」が人の心を強くしてゆく

病気や怪我を克服すると同時に、それまでの精神的な弱さを克服していった人は少なくないということが、調査の結果で判明しました。

主に、以下のように人々は変わっていくという結果が出されたのです。

1.それまで自己中心的で、家族や周りの人にさんざん迷惑をかけてきた人が、退院してから人が変わったように優しくなる

2.それまでは目標もなくてだらだらと過ごしていた人が、一日一日を慈しむように真剣に生きるようになる

一体彼らを変えたのは何なのでしょうか。

彼らが究極の苦しみ、不安や恐怖のなかでもっとも感じたのは、「生きることのありがたさ」ではないでしょうか。

そして病気に勝った後は「生きていることのありがたさ」なのです。

これまで健康ではつらつと生きてきたことの幸運、大病に耐えこれからまた生きていけることの奇跡、自分の生を支えてきてくれた人へのいい尽くせないほどの感謝の気持ちなど。

「私は病気をしたおかげで生まれ変わった」と表現した人もいました。

もし本当にそう思えるのなら、長い人生のうちの一度や二度の病気をすることも決して無駄なことではないでしょう。

思いきって長期の休暇を取れない人は、今の時期は自分にとって体と心をオーバーホールするための必要な時期と考えてみてはどうでしょうか。

この難関を耐え抜いた人は、まぎれもなく「強い人」なのです。

それまでのがむしゃらな生き方をあらため、「日々を慈しむように生きてゆく」ことによって、本当の幸せ感を持つことができた人もいる。

そういう人の「安らかさ」の根源には、人間としての強さが横たわっているものなのです。

また、「悩み事の解消法と言葉の6つ」もセットで読んでみましょう。

あなたの悩み事は必ず解決することは可能です。

悩み事に対して真剣に向き合うことができれば、必ず可能なのです。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
  1. 恋愛

    絵文字を使わない男性心理から分かる8の事実
  2. 彼氏

    彼氏の行動心理10選〜あなたの謎を3分で解明!
  3. 恋愛

    男性をその気にさせる方法と注意点9つ
  4. 恋愛

    食事に誘う男性心理から読み解く6の事実
  5. 恋愛

    敬語を使う男性心理から分かる6の事実
PAGE TOP