未分類

きつい仕事の乗り越え方4つ

きつい仕事というのは、乗り切った時の達成感は素晴らしいものがありますが、うつ病などの精神病にかかってしまう人も少なくありません。

またブラック企業であることも多く、雇用状態に不満を持っている人も多いでしょう。

スパッと辞めることができればいいですが、辞めることができない状況にある人にとっては、どうにかしてこのきつい仕事を乗り越えないといけません。

今回はそんなきつい仕事の乗り越え方4つについて、例を上げつつご紹介しようと思います。

スポンサードリンク

仕事なのか休養なのか?いいバランスで回っていますか?

「週に五日、懸命に働いて土日は仕事のことは完全に忘れて、ゆっくりと休む。家族と過ごしたり、趣味に精を出したり、小旅行に出かけたりしている。休日の間にじっくり心の充電をしておけば、また月曜日から仕事が頑張れる」こういう人は、充実した生活を送っている人です。

一週間のサイクルのなかで、仕事と休日、緊張とリラックスの「オン」と「オフ」のバランスがうまくとれている。

しかし誰もがいつでも、こううまく生活をコントロールできるとは限りません。

職種や勤務ローテーションによっては、一週間ぶっとおしで働かなければいけないときもある。

重要なプロジェクトの最中や仕事が佳境に入っているときは、休みの日でも仕事のことが頭から離れないということもあるだろう。

きつい仕事にオンとオフの切り替えは必須です。

またオンとオフの切り替えがうまくできない人ほど、睡眠が浅かったり、寝付くまでに時間がかかってしまう傾向にあります。

スポンサードリンク

大事なことはオンオフ+自分のサイクル

ここで一つ、分かりやすいように私の知人を例に挙げ、話しを進めさせてもらいます。

その人の仕事は執筆業で、締め切り前とか原稿の依頼が重なったりしたときは、どうしても仕事場にこもりきりになり、寝る暇も食べる暇も惜しんで原稿執筆に集中する。

まさに体力勝負の「缶詰」状態であり、このような仕事漬けの毎日が二週間や三週間は平気で続く。

しかし彼はいつも仕事が終わると、長い休みをとって趣味の旅行に出かけるそうです。

こんなサイクルを長年続けていて、家人も「体を壊さないでください」と心配しているが、本人にいわせると「それが自分の体に合っている」らしい。

「適当に仕事をして適当に休む」という短いサイクルの繰り返しよりも、一気に仕事をして休むときも一気に休む、というほうが仕事もはかどるし、精神的にもストレスがたまらない」というのです。

ここからも分かるように、どのようなサイクルでオンとオフちを使い分けるかは、人それぞれということです。

要は自分のなかでバランスがとれて、心身ともに充実できるのであれば、それが自分に合ったサイクルということでしょう。

あなたのオンとオフは、いいバランスで回っていますか?

 

「小さなオン・オフ」は毎日行うと効果的

自分なりにオン・オフのバランスをとるのがうまい人は、「仕事」と「休み」という大きなオン・オフの切り替えだけでなく、一日の「仕事」のなかでの小さなオン・オフもきちんと行っている。

そもそも人間が本当にひとつの作業に集中していられるのは、せいぜい四時間、厳密には三時間が限度だという。

空港の管制塔で飛行機のレーダーをチェックするなどの神経を使う業務では、約三時間で交代することが義務づけられている。

仕事にのめり込んでいるときというのは、アドレナリンの分泌もさかんで、自分では疲れを感じにくくなっている。

だが、それは感覚として感じにくくなっているだけであり、実際には思考能力や瞬発力などは確実に低下しているのです。

能力的に三時間の集中が限界だから、それを過ぎるとどうしても作業の能率が落ちてくる。

それでも「時間がないから」「ここまではやらないと」と焦って作業を続けていると、 能率が低下するばかりか、ミスを引き起こすことになりかねません。

つまり、長期的に効率的に作業をこなしていこうと思ったら、三時間おきに適度な休憩をはさむ必要があるということです。

 

休憩にもこんなコツが必要

その休憩もただ椅子に座って休む、横になる、ということでなく、「今までやっていた作業とは違う環境で、反対のことをやる」ことが重要です。

例えば、椅子に座りっぱなしのデスクワークなら、休憩中は席を立ってできるだけ体を動かす。

うるさい現場で肉体労働をしていたのなら、静かな場所で体をゆっくりと休めるという小さな気遣いが、よりあなたの精神状態を癒すことでしょう。

これは家庭の主婦にもいえる。

仕事の流れも、家計簿をつけるなどのデスクワークと、掃除や洗濯などの体を動かす家事を交互にするのが理想です。

小さい子供がいる家庭なら、家事の合間に休憩の一環として子供と遊んでやれば、自分の能率もあがり、子守も「仕事」ではなく「遊び」としてできるだろう。

また仕事の環境も自分の工夫しだいで、より快適に変えることができる。

静かな音楽をかける、花や植物を置く、自分の好きな香りのするアロマを焚く…

そんな小さなことだけでも、仕事中のストレスは軽減されてゆく。

一日の仕事が終わったとき「遊ぶ気力もわかない」ほどぐったりと疲れてしまっては、オン・オフの切り替えようもないのではないでしょうか。

「小さなオン・オフ」は、このような小さなコツを知っておくことで、より効率的に自分の精神状態を癒すことに繋がるのです。

また、「仕事が楽しい人の共通点3つ」もセットで読んでみましょう。

仕事が楽しいと思えることができれば、あなたの人生はガラリと変わるでしょう。

共通点を知り、自分がどれだけ共通点に当てはまっているのか、一度チェックしてみましょう。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
  1. 彼氏

    彼氏の行動心理10選〜あなたの謎を3分で解明!
  2. 恋愛

    恋は盲目愛は幻?その心理が笑えない4の理由
  3. 恋愛

    敬語を使う男性心理から分かる6の事実
  4. 恋愛

    男が本当に好きな女に見せる態度10選
  5. 浮気

    愛人が欲しい男性心理と特徴5選
PAGE TOP