冗談が通じない人の特徴5つ

冗談が通じない人と冗談が好きな人というのは相性が最悪であり、冗談が通じない人の心が傷ついているパターンが非常に多いです。

もしもあなた自信が冗談の通じない人なのであれば、あなたは冗談ばかり言うタイプの人が苦手なのではないでしょうか。

今回はそんな冗談が通じない人の特徴5つ、そして冗談が通じない人にほど人から避けられやすい理由について、ご紹介しようと思います。

スポンサードリンク

プライドが高い

プライドが高い人ほど冗談が通じにくく、冗談を馬鹿にされていると思い込んでしまう傾向にあります。

もちろん相手側はそんな気もありませんが、冗談を言われた側としては相手のことを恨んでしまったり、ライバル心を抱いてしまうこともしばしば。

またプライドが高すぎる人間ほど、過去のトラウマなどから自分を強く見せたがり、見下されるのが何よりも大っ嫌いです。

デメリットはそのプライドの高さから、人間としての器が小さいと思われてしまう可能性が上がってしまう事です。

もしもあなたが当てはまっているのであれば、余分なプライドは捨てるくらいの気持ちで自分自身と向き合うことが大事です。

 

真面目すぎる

正義感が強く、真面目な人ほど冗談が通じない人が多いというのは、昔から言われています。

その通りであり、仕事に真面目な人は冗談で仕事内容を馬鹿にしたことすら、本気で受け取って注意をしてしまうケースがよくあります。

もちろん相手側からすれば気分が悪いですし、冗談が通じない人にとっても気分が悪いでしょう。

性格が合わないというのは、まさにこのような性格の2人を言うのではないでしょうか。

スポンサードリンク

人を見下している

人を見下している人ほど冗談が通じず、また理不尽な事に自分が冗談を言うのはOKでも、相手が言うのはNGという場合があります。

あなたの周りにも、このようなタイプの性格の人がいるのではないでしょうか。

こういった人は見下せる人と仲良くしたいので、基本的に周りには年下や気が弱い人が多い傾向にあります。

逆に社長などの社会的地位の高い人を嫌い、どこか心の中で嫉妬してしまっているのです。

このタイプの性格になれば人は寄り付かないのは当たり前ですので、あなたも要注意が必要です。

 

過保護で育ってきた

過保護で育ってきたということは、わがままし放題で育ってきた可能性が高いです。

つまり、自分の理不尽に感じたことに対しての免疫力が非常に低くなってしまっているのです。

少しイラッとした冗談ですら、感情に出してしまい、周囲の空気などはおかまいなしです。

また過保護で育ってきた子供ほど、自己中心的な性格になってしまう可能性が高いようです。

 

友達が少ない

冗談が通じないからこそ友達が少ないともいえるかもしれませんが、友達が少ない人はこういった冗談を言われる免疫力が弱いです。

逆に友達が多い人というのは、いろんなタイプの人間とうまくやっていけるので、冗談が通じる人が多いのです。

簡単に言い換えると、場馴れしていないがゆえに冗談が通じにくいということです。

 

なぜ冗談が通じない人ほど避けられるのか?

ここからは【冗談が通じない人にほど人から避けられやすい理由】について触れていこうと思います。

人の言葉を素直には受け取れない、またはひねくれた反応をする人が世の中にはいます。

どちらかというといつもは目立たない地味めの格好をしている人が、その日はいつになく原色系の服装をしてきたので、あいさつ代わりに「今日は珍しいですね。そんな派手な格好をしてくるとは」と声をかけたら、とたんに不機嫌そうになり、ムスッとした声で「私が選んだんじゃない。女房が買ってきたから、しかたなく着ているんだ」と言う。

こうなると、こちら側としては何もいえなくなるからホントに困ります。

逆に「ははは、やっぱり派手ですか。女房のやつが買ってきたときに、私は似合いっこないと言ったんですけどね」と照れ笑いで答えてくれたのなら、こちら側としても「いやいや、よく似合ってますよ。奥さんも、それがわかっていて選んだんでしょう」などと言えます。

服のことをいわれて不機嫌になった人は、自分でも「これは似合わないんじゃないか」「変な格好だと思われないだろうか」という不安を抱いていたに違いない。

だから服のことをいわれただけで、「似合わない」「変な格好だ」と指摘されたような気分になってしまったのでしょう。

 

心に不安がある人ほど言葉に敏感です

心に不安があるから相手の言葉や視線、行動をすべてネガティブにとらえてしまうわけで、過敏すぎるというか、ひねくれているというか、同じように「この服は似合わないんじゃないか」と思っていても、「まあ似合わないのも個性のうち」と、あまりこだわらない人は服のことをいわれても「ははは」 と笑って応えることができる。

そういう心の軽快さを持っている人というのは、付き合いやすい人です。

「背が小さい」「太っている」「髪の毛が薄い」など、人はそれぞれ気にしていることはあるものです。

そういう外見上のこと以外でも、他人には分かりにくい本人だけが気にしていることもあるでしょう。

相手がそのことを口にしたとき「この人はなぜ人の気にしていることを言うんだ。嫌な人だ。口もききたくない」 と、ひねくれた反応をする人と「ここで不機嫌になったら、言った人は気まずい思いをするだろう。笑っておこう」と、軽く受け止める人がいる。

どちらが人とうまくやってゆけるかはいうまでもない。

もしもあなたが冗談が通じない人なのであれば、自分は他人に気を遣わせてばかりいるかもしれない、という自分の性格のデメリットとも向き合う必要があるのかもしれません。

また、「ひねくれ者の特徴と心理」もセットで読んでみましょう。

もしかするとあなたの性格は、他人からひねくれていると思われているかもしれません。

上記のページで自分は当てはまっていないのか?チェックしてみるといいでしょう。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る