恋愛

人気者になりたい時に実行すべき3つ

人気者になりたいと思うあなたの、人気者の定義とは何でしょうか?

人気者とは、男女問わずに好かれる人のことであり、第一印象がいいだけの人が人気者かと言われれば、そうではありません。

上辺だけの人気者ほど第一印象のみが良くて、後々どんどんとイメージダウンしてしまうのです。

そこで今回の記事では、一時的では無く、ずっと人気者で居続ける方法の4つについてご紹介しようと思います。

本当に人気者になりたいのであれば、この1ページを最後まで真剣に読んでみてください。

スポンサードリンク

「ハゲててごめん!」と自分で言えますか?

「自分の欠点やおかしなところをわざととりあげて、相手に笑ってもらう」というのは芸人にとっての話芸の基本であります。

漫才師なら相方の体型をいじったり、失敗を暴露する。

大喜利なら、メンバーのひとりの髪の薄さや悪口をネタに使う。

「人の欠点や欠陥を口にするのはよくない」

「人の失敗を笑ったりするのはよくない」

私たちはこうしつけられ、実際に多くの人はそう思っているでしょう。

しかし、人の欠点や欠陥を口にして喜ぶ人は少なくないし、「人の失敗はおかしい」のが現実なのです。

だからと言って人の欠点や欠陥を口にし、他人の失敗を笑っていいと言いたいのではない。

逆に自分の欠点や欠陥をいわれたとき、自分の失敗を笑われたとき、そんなに気にしなさんな!といいたいのです。

スポンサードリンク

例を参考に、気にしないの本当の意味を知ってください

若い知人が高校時代の同窓会に行ったときの話を紹介します。

十何年ぶりに会う仲間もいるし、最初は誰もが少し遠慮がちで、それほど場は盛り上がらなかったそうです。

そこにひとりが遅れてやってきた。

彼はすっかり広くなってしまった額をなでながら、席についている仲間たちに大きな声で呼びかけた。

「遅れてこめん!。それにハゲちゃっててゴメン!こんなだから分からない人もいるかもしれないけれど、俺OOだよ。」

この挨拶に場内は大爆笑に包まれたそうです。

それ以降、みんなすっかりとうちとけて、高校時代のそのままの雰囲気で大いに盛り上がったという。

つまり、今の自分に格好をつけない彼の一言が「みんな、あの頃とは変わってしまったんじゃないか」というみんなの胸の内にあった不安を吹き飛ばしてしまったのです。

知人によると、彼は高校時代はそれほど目立つ存在ではなかった。

しかし、同窓会の席上では一躍人気者となり、彼をとりまいて「今はどうしているの?」という近況を報告しあう輪がができたらしい。

わざわざ自分の失敗や気にしていることを暴露することはない。

ただ、自分では失敗や欠点だと思い込んでいることも、ときには人の心をなごませる武器になりうることを知っておいてください。

たとえあなたの欠点をいじられたとしても、それを自虐ネタとして周りを和ますことのできるような人が人気者になれるのであり、プライドの塊で冗談すらいえないような人は、常に気を遣わし、できれば長い時間一緒にいたくないと思われる人に違いありません。

人気者になりたいのであればその場の空気を読み、プライドよりも周りを和ますことを優先するという選択肢も時には必要なのです。

 

簡単に見捨てない人になろう

情が深い人ほど信頼されやすいと言いますが、人を見捨てない優しさは人気者には不可欠です。

人を大事にする人には必ず人はついてくると断言する人もいるくらいであり、また人を大事にすることは人生を上手に生き抜く為にも大いに役立ちます。

あいつの〇〇が嫌だからとか、以前の〇〇な出来事以来嫌になった、などの理由で人を簡単に見捨てるのはやめにしませんか?

もちろん我慢の限界もあるでしょうし、性格が合わないという人もいるでしょう。

だからといって簡単に絶縁宣言をしたり、嫌われるような行動や言動に出ないことです。

多くの場合は、後々になってなんであんなことで怒ってしまったのだろうというケースがほとんどであり、必要のないプライドが邪魔していることの方が多いのです。

恨みや嫉みは、人から嫌われる原因になりえるということを覚えておきましょう。

 

自分の意見も時には我慢する

女性にモテる男性ほど聞き上手だと言いますが、これは男女間にのみ当てはまる法則ではありません。

聞き上手ほど男女ともに好かれる人であり、逆に自分の話ばかりする人ほど、嫌われ者になる可能性がグンと上がってしまいます。

もちろん聞く側もストレス解消に話を聞いてほしい時もあるでしょうが、そんな時は先に一言「ごめん!イライラするから話聞いてもらっていい?」と確認をとり、愚痴を話しましょう。

例えば友達から暇つぶしに電話がかかってきたという場合、たいていは相手側が暇だから話し相手をしてほしいという欲求が隠れていて、話をすることで心もすっきりとすることが多いです。

しかし電話がかかってきたのに対し、相手の話しは無視で自分の話ばかりするような人は、必ず嫌われてしまいます。

その場の空気を読んで、相手が今日は語りたい日だぞという日は、徹底的に聞き役に回ってみてください。

そして話の途中途中で自分の意見を交えながら、会話を進めていきましょう。

間違っても自分の話しや意見ばかりを言うことは避けたいものです。

 

実行すべき3つを再確認しましょう

  1. 失敗や欠点だと思い込んでいることも、ときには人の心をなごませる武器になりうることを知っておく
  2. 人を簡単に見捨てない
  3. 自分の意見ばかりではなく、聞き役に回ってみる

人気者になりたいのであれば、今から上記の3つを意識して日常生活を過ごしてみましょう。

他にもたくさんの方法が存在すると思いますが、全て実行するのではなく数点に絞ってみることが、人気者になれる人の特徴でもあります。

何でもかんでもやってみるのでなく、当サイトのように数点に絞って実行してみることが大事ですよ。

また、「必要とされる人になるための2つの条件」もセットで読んでみましょう。

人気者=必要とされる人でもありますから、マメ知識として2つの条件を知っておいて損はありません。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
  1. 恋愛

    男性をその気にさせる方法と注意点9つ
  2. 恋愛

    敬語を使う男性心理から分かる6の事実
  3. 恋愛

    食事に誘う男性心理から読み解く6の事実
  4. 恋愛

    恋は盲目愛は幻?その心理が笑えない4の理由
  5. 浮気

    愛人が欲しい男性心理と特徴5選
PAGE TOP