未分類

仲間外れにされる原因4つ

仲間外れにされ孤立してしまう「ぼっち」が近年増加傾向にあり、特に若者ほど仲間意識が強く、権力が強い者に逆らうと仲間外れにされかねません。

これは社会でに出た大人でも同じであり、職場で仲間外れにされてしまう人ほど、共通の原因が存在すると言われています。

まずあなたが知るべき1つのことは、仲間外れにされるということは、必ず原因が存在します。

今回の記事では、そんな仲間外れにされる人に多くに共通する原因4つについて、ご紹介していこうと思います。

スポンサードリンク

「若々しい人」のつもりが「図々しい人」に思われる

若い人たちにありがちなのが、相手が断ろうとしているのに「なんだ、付き合いの悪いやつだ」「それくらいたいした用事じゃないじゃないか。そっちを断ってしまえば」などと、ゴリ押しをしてしまう事です。

つい「勢い余って…」ということもあるだろうし、それが若者の特権ともいえるかもしれませんが、何歳になってもこの特権に甘えている人もいます。

こういう人は「若々しい人」なのではなく、人と人とのことが分かっていないのである。

こういう「若い人もどき」の誘い方をしている人は、仕事やお金の貸借においても、同じような言い方をしている場合が多いのではないでしょうか。

「これを頼まれてくれないかな?なっ、俺たち友達じゃないか!」「私、ここのところ大変で…わかるでしょう、これだけ貸して、お願い!」

人の情にすがるような言い方で、「自分がどれだけ大変か」といったことしか、頭にない。

そんなときだけ「仲間だ」「友達だ」と訴えられでも困るのであって、必死になればなるほど、そらぞらしく聞こえてしまいます。

 

考え方や価値観の違い

類は友を呼ぶという言葉をご存知でしょうか。

意味は【気の合う者や似通った者同士は、自然に寄り集まって仲間を作る】という意味です。

ここで知って欲しいことは、なぜ類は友を呼ぶのか?ということです。

答えは意外と簡単であり、気の合う者同士だと自分の考え方や意見を否定されないからです。

ギャンブル好きな人とギャンブル嫌いな人では、意見や考え方が全く違うので意見がぶつかりますが、好きな者同士だと都合のいい考え方ができます。

つまり、グループにいる多くの考え方と反する考え方や行動をしがちな人ほど、批判の目に合いやすく、目障りな存在になりえるということです。

周りに合わせないと仲間外れにされてしまう本当の理由は、こんな部分にあるのです。

スポンサードリンク

自己主張ばかり

自己中心的な人ともいえますが、自分の主張ばかりする人というのは、以下のような特徴的な行動や言動が見られます。

  1. 友達に会えば自慢話
  2. 自分は特別な人間だと思っている
  3. 人に迷惑をかけても、非を認めない
  4. SNSにて、幸せ自慢や金持ち自慢が激しい
  5. 忙しいアピールや寝てないアピールをしがち
  6. 人をよく批判する

あなたは上記の項目のうち、1つでも当てはまっている項目はありませんでしたか?

もしも当てはまっている項目があったのであれば、それが原因で仲間外れにされてしまっているのかもしれません。

一度気に入らないと思われると、すぐにグループ内に溶け込むのは難しいので、少し時間を空けてから再びグループに入り込むのがベストです。

しかしこのような場合は、一人が気に入らないと思い込んでしまっているケースも存在するので、グループで仲良くしてくれる人とはしっかりと付き合いを続けていくことが大事です。

 

嫉妬心から

人間というのは非常に汚い部分も存在し、嫉妬心から逆恨みしてしまうケースも存在します。

人の考えというのは分からないものであり、「えっ?こんなことで嫉妬するの?」ということでも嫉妬してしまう人も存在するのです。

例えば仲良しグループで、あなただけが恋人ができた場合がこのケースに当てはまります。

いつも皆同じ環境でいてこそのグループ、と思い込んでいる人が一人でもいれば、恋人を作ることが裏切りだと感じる人もいるかもしれません。

どんな小さなことでもいいので、周りに羨ましいと思われるような出来事が起こっていないのか?

今一度自分の過去を振り返ってみましょう。

そしてそんなことで仲間外れにするような人とは、無理に仲良くする必要はないのではないでしょうか。

 

人との付き合いは、基本的なルールが存在する

  1. 待ち合わせの時間を守る
  2. 二人の間で交わした約束は守る
  3. 金品の貸借ははっきりする

どれもこれも当たり前のことなのですが、付き合いが長くなって親密になってくると、その当たり前が「なあなあ」になりがちです。

「あいつは俺のことを分かってくれている」「あの人は私のことが好きだから」

そんな気持ちが、知らず知らずのうちに「なあなあ」になり、そういう一種の馴れ合いの態度が続いていくうちに、「こんなだらしない人だとは思わなかった」「最初に思っていたより、ずうずうしい人だ」と、相手の心には静かな腹立たしきが生まれているものです。

「友達」「仲間」だと思っているのは自分だけで、相手からは「迷惑な人」「図々しい人」「あまり関わりたくない人」と口にこそ出さないまでも、少しずつ敬遠されてゆくとしたら、こんなにつまらないことはありません。

また、「人気者になりたい時に実行すべき3つ」もセットで読んでみましょう。

人気者になる極意を知り、あなた自身が人気者になることができれば、この先きっと仲間外れという辛い経験をすることは無くなるはずです。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
  1. 浮気

    愛人が欲しい男性心理と特徴5選
  2. 恋愛

    恋は盲目愛は幻?その心理が笑えない4の理由
  3. 恋愛

    絵文字を使わない男性心理から分かる8の事実
  4. 彼氏

    彼氏の行動心理10選〜あなたの謎を3分で解明!
  5. 恋愛

    敬語を使う男性心理から分かる6の事実
PAGE TOP