さりげない気遣いが本当にできる人の条件4つ

さりげない優しさやさりげない気遣いができる人は、孤立しずらく、信頼されやすい人の特徴でもあります。

また恋愛においてもモテやすいというのは言うまでもなく、さりげない気遣いができることで、いろんなメリットが考えられます。

しかし多くの人はさりげない気遣いと、いらぬ世話の境界線を分かっておらず、気遣いのつもりが逆に迷惑に思われてしまった、という経験をした人も人も少なからずいるのではないでしょうか。

今回はそんな境界線を例をあげて分かりやすく説明していき、また本当に気遣いができる人の条件4つをご紹介するとしましょう。

スポンサードリンク

人の心を和ます気遣いとは?

「さりげない気遣い」や「ちょっとした思いやり」というのは、親しい人に対してよりも、まったく見知らぬ人に対してのほうが、意外と素直にできることもあって、そこが「人」の面白いところです。

電車で座っているときに、お年寄りが乗ってきて目の前に立った。

他に座席が空いていないのを見て、すっと立ち上がる。

「どうぞ、座ってください」と声をかけるのも、いかにもという感じで照れくさい…という人は、次で降りるからという理由を作って席を立つのだそうだ。

こういう人も、案外多いのではないでしょうか。

または初対面の相手との食事の席で、なかなか料理に手を出しにくい相手を気遣って、「これお好きですか?」と声をかけて取り皿にとる。

あるいは、あなたが男性で相手が女性の場合なら、座るときにさつと椅子を引く。

これらのことは、とりたてて思いやりとか親切というほどのことでもなく、やったほうも人に感謝してほしいというわけではないでしょう。

しかし相手にしてみれば、やはり嬉しい気遣いで思いやりを感じるでしょう。

こんなちょっとしたことが、人の心をなごませるものです。

 

問題は等しい人柄になった時の対応

ところが同じことが、自分の妻や夫、長年の友人などの間柄になると、「そんなキザなこと、照れくさくていちいちやってられるか!」「そんなことをしたら、かえって相手に気味悪く思われる」と思ってしまうのが人間です。

実際に普段は思いやりのそぶりも見せたことのない人に優しくして、「何かたくらんでいるんじゃないのか?」と怪しまれたことのある人もいるのではないでしょうか。

この優しさはきっとやましいことがあるのね、浮気なんかしているんじゃ…と。

それでも「さりげない気遣い」や「ちょっとした思いやり」は、人の心をなごませ、人と人とが「いい感じ」でいられる清涼剤なのであり、どのような関係においても必要なものなのです。

いつもいつも….でなくてよい。

ふと思いついたとき、相手が少し落ち込んでいるとき、元気のないときこそ「さりげなく」が必要になります。

それが「やっぱりこの人は自分のことを思ってくれているんだ」「この人がいてくれてよかった」という思いにつながるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

あえて何もいわない、そんな心配りができますか?

人と人のつきあいにおいて、「その人のために何かをすること」「何かをいうこと」だけが、いい結果をもたらすわけではない。

「あえて何もしないこと」や「何もいわないで、そっとしておくこと」が、人への心配りになる場合も案外多いのです。

仲のいい同僚が仕事でミスをしてショックを受けているように見えたが、それは上司に怒られたからというより、ミスを犯した自分に腹を立てているようで、目の色を変えて黙々と仕事に取り組んでいる。

こんなときに「そんなにくよくよするなよ。誰だって、ミスはするもんだから」や「あれくらいのミスであんなに怒るとはOOさんもひどいな」などと声をかけたら、おそらく逆効果となるでしょう。

本人は潔く自分の非を認め、その失敗を取り返そうと懸命になっているのに、妙な気遣いや慰めはいらぬおせっかいだからです。

かえって目障りな慰めに思われ、本人のやる気をそいでしまうといった結果にもなってしまいます。

こんなときは、とりあえず黙って見守ってやることも必要です。

 

放置しておけない状況に遭遇したなら

もしあまりに根をつめて精神的にもまいってきたようなら、「久しぶりに軽く飲まない?」などと誘って、気分転換させてやればいい。

もちろん、その席では仕事の話には触れないで、他愛ない話などでストレスを発散させてやるのがベストでしょう。

そして、この失敗を取り返すような仕事をなし遂げたとき、ちゃんと言葉にすればいいのです。

それも単純な言葉で、「よくがんばったな」と。

その一言でその人には自分を気遣って、ずっと見守ってくれたあなたの気持ちが伝わるはずである。

仲間や大切な相手が本当に苦しいとき、頑張っているときには、「なんとかしてあげたい」という気になるのは自然なことです。

思わず励ましの言葉をかけようとする気持ちもわかる。

それはたしかに気遣いである。

しかしそういうときこそ、ときには相手を信用して、まずは黙って見守ってやるという気遣いなのです。

相手の気持ちに余裕が生まれるまでそっとしておく。

注意深く見守りながら「待つ」ということも、お互いの信頼感が構築されていくものです。

また、「必要とされる人になるための2つの条件」もセットで読んでみましょう。

必要とされる人になることができれば、例えあなたがどんな状況に置かれても必ず周りの人が助けてくれるはずです。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る