恋愛

本当の優しさが伝わる人と伝わらない人の違い

本当の優しさとは、どのような定義や意味が存在するのか?

まず最初に言っておきますが、本当の優しさというのは相手が感じることであり、自己満で終わってしまっている人の優しさの多くは、裏の顔が隠れています。

鈍感な人でなければ、いずれこの裏の顔がばれてしまう事でしょう。

今回の記事では、本当の優しさが伝わる人と伝わらない人の違いについて、とことん追求した1ページとなっています。

スポンサードリンク

好きな人の「笑顔」があれば、ただそれだけで幸せな人

優しさの光を外にふりまいている人の周りには、笑顔が満ちている。

人は誰かに優しくされると、自然と顔がほころび、嬉しそうな表情になるものです。

逆にいうと、人の笑顔や嬉しそうな顔を見るのが好きな人は、ごく自然に人に優しく接することが習い性のようになっている。

「優しい人」といわれる人は、人から感謝してもらおうとか、自分のことを認めてもらおうという打算がない。

もちろん、誰でも人に感謝されれば嬉しいだろうし、認めてもらえれば誇らしい気分になるのでしょうが、それを目的にしているのではなく、ただ「相手が喜んでくれたら嬉しい」「楽しそうな顔が見たい」という素朴な動機で優しくしているケースが非常に多いです。

その人の優しさには打算が見えないから、こちらも素直に「ありがとう」という気分になれるというわけである。

 

あなたの優しさが相手に伝わらない理由とは?

「私の気持ちが相手になかなか伝わらない」「自分では頑張っているつもりなのに、なぜか人に認めてもらえない」「親切にしても、むこうはそれに応えてくれない」このような不満を感じている人は、むしろ結果や相手の反応をあれこれ気にしすぎているのではないでしょうか。

「こうしたら、相手は自分のことを気に入ってくれるかしら?」「認めてくれるかしら?」というのではなく、「こうしたら、相手は喜んでくれるかしら?笑ってくれるかしら?」 という単純な考えで行動してみてはどうでしょうか。

そして実際に相手が喜んでくれたら、笑顔を見せてくれたら、それでよしなのです。

こういうことが積み重なっていくうちに、自然と周りの人があなたのことを認めて、あなたの周りには人が集まっているに違いない。

「どんな人と付き合いたいですか?」というアンケートでは、男性でも女性でも「優しい人」や「面白い人」という答えが常に上位に入っている。

これは、人は自分を嬉しがらせてくれる人、笑わせてくれる人を求めているということだろう。

昔、『あなたが笑っているだけで、私は嬉しい』という広告のコピーがありました。

この通りであり、そう思っている人が、実は一番幸せな人なのではないでしょうか。

実際、私たちは赤ちゃんが笑っているのを見ているだけで、心が安らぐ。

同じような気持ちで誰とでも付き合いたいものです。

スポンサードリンク

最初は「つくり笑い」でも、いつか「プロの笑い」になる

人を笑顔にさせるのは、実はそれほど難しいことではない。

「おはようございます」「こんにちは」「またお会いできましたね」など、そんな挨拶とともに微笑んで見せれば、おそらく相手も「ああ、おはよう」「こんにちは」と笑顔で応えてくれるに違いない。

また、「今日の夕食は美味しいな」といって、自分から奥さんに微笑みかけてみてはどうでしょうか。

口では「何言ってるんですか。いつもと同じよ」「じゃあ、いつもは美味しくないっていうこと」などと素っ気ないかもしれませんが、内心は嬉しくないはずはない。

何はなくとも、まず自分から笑顔を見せること。

人は相手の表情や態度に反応して、自分の表情や態度を決めるものです。

相手に笑いかけられれば、自然と顔がゆるむ。

相手がムスッとした顔をしていると、こちらも緊張した面持ちになる。

それが人間の自然な反応なのです。

 

無理に笑えるわけが無いと思うならば

「おかしくもないのに笑えるか!」「それじゃあ、心のこもらないつくり笑いじゃないの?」こう思う人には、「まずは、つくり笑いで結構」「おかしくなくても、無理にでも笑顔をつくってごらんなさい」と言いたい。

私たちには、つくり笑いに対しては当然、警戒心が働く。

つくり笑いをする人には何か裏の顔があるに違いない、と思い込んでいるところも存在します。

例えば、営業のセールスマンやテレビに出てくるアイドル歌手。

彼らは「笑うこと」を仕事の道具として使っている。

だから、信用ならない…と。

しかしそこまで分かっていて、なぜ彼らは「笑いかける」ことをやめないのか?

それはいかにつくり笑いだろうが、営業スマイルだろうが、それが相手に分かっていようが、やはり笑顔に人の心をなごませる効果があるからなのです。

シンクロナイズド・スイミングの選手は、演技中、顔をあげているときは絶えず笑顔を「つくって」いる。

息継ぎもままならず、パートナーたちと動作をそろえようと集中し、激しく体を動かしている最中に、誰が笑いたい気分になるものか。

しかし、だからこそ演技に華をそえる彼女たちの「つくり笑い」には価値があり、感動を与えるのではないでしょうか。

つくり笑いも板につけば、それは本物の笑顔になる理由は、自己暗示にかかるからです。

最後に、作り笑いで顔の温度が一度下がるというアメリカの研究があることもつけ加えておきましょう。

また、「さりげない気遣いが本当にできる人の条件4つ」もセットで読んでみましょう。

世の中にはさりげない気遣いを勘違いしている人も多く、それらの多くはありがた迷惑になってしまいがちです。

やさしさの1つでもある、さりげない気遣いを勘違いしてないのか、一度チェックしてみましょう。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
  1. 彼氏

    彼氏の行動心理10選〜あなたの謎を3分で解明!
  2. 恋愛

    男が本当に好きな女に見せる態度10選
  3. 浮気

    愛人が欲しい男性心理と特徴5選
  4. 恋愛

    男性をその気にさせる方法と注意点9つ
  5. 恋愛

    恋は盲目愛は幻?その心理が笑えない4の理由
PAGE TOP