結婚

セックスレスに陥る夫婦の原因7つ

セックスレスに陥ってしまい、頭を悩ます夫婦は数多く存在します。

またセックスレスが原因で離婚を考える人もいるほど、セックスレスというのは、あなたが思っている以上に危険のサインなのです。

そもそも日本人夫婦は世界的に見てもセックスレスな割合が多く、セックスレスが普通だと思われがちですが、夫婦円満の家庭はセックスレスに陥りにくいという共通点があることが分かっています。

そういった研究結果も多々報告されていますので、セックスレスに陥る原因を突き止め、よりこれからの夫婦生活を円満に過ごしていける為にも、セックスレスに陥る夫婦の原因7つを知り、原因を改善してみましょう。

自分に性的な魅力があると思わなくなる

私たちの文化において性的な魅力というと、若く金持ちで、健康で美しく、独身といった、少数の人々にしか関係ないものというイメージがあります。

頭では否定していても、そうしたイメージのおかげで、自分はまったくおよびではないかもしれないと、どこか怯えてしまうのです。

同時にある年齢をすぎ、モデルのように痩せていない人たちもセックスをするとは考えられません。

自分がそうしたタイプにあてはまるようになったと思うと、性的なことをする資格がまだあるかどうか、他人から見て性的魅力があるかどうかと疑問に思うのです。

そしてその疑問が、セックスレスへと繋がっていきます。

 

セックスに関する知識に乏しい

恋愛関係にある二人が身をかためたとたん、たいてい生活は激しい変化の連続になります。

キャリアを磨くことに一段と力を入れたり、家を買ったり、貯蓄を増やしたり、子供をもうけたりしはじめます。

これらはみなポジティブな変化ですが、同時に時間をとられ、ストレスを増やすことでもあります。

もはや求愛の段階は表向き終わっているので、二人の間に性的な関係がなくなりかけていると気づいても、もっとセックスについて学んで事態を改善しようとは思いません。

二人が性的に未熟な場合、性生活を改善しようと提案することは、どちらかあるいは双方に何か問題があるのではないかと言うことになるので、切り出しにくい話題だと思うかもしれません。

 

私たちは、年をとるにつれて自分の世界が広がっていくことを期待しています。

興味や趣味に関しても当然、いいものと悪いものを識別する能力が増します。

長年の間には昔からの趣味を掘りさげたり、新しい趣味を開拓したりもしているでしょう。

現在好きな料理、インテリア、映画、本、ファッション、考え方、活動などは、昔好きだったものより上等で、おもしろく、刺激的で、充足感がある、と思っているでしょう。

 

ところが、セックスに関しては、そんなふうに考えられなくなってしまうのです。

性生活についてより、新しいヘアスタイルやリビングルームのデザインを考える時間の方が多いという人がほとんどです。

どれほどセックスを楽しみ、相手を愛していようと、セックスがいつも同じ演出では、しまいに、まったく退屈ではないまでも刺激的ではなくなります。

意外性に欠ける決まりきったセックスしかしなくなってしまい、ケーキを焼いたり、遅くまでオフィスで仕事をするほうが実際楽しいという夫婦もたくさんいるのです。

肉体的な問題がある場合

健康状態や、医学的な治療や投薬が性生活に悪影響を及ぼすことを知らない人も大勢います。

セックスに関する問題はたいてい非常にゆっくりと進行するので、肉体的なコンディション以外に原因があると思う場合が多いのです。

あなたもしくは相手が性欲減退や肉体的な問題を経験していたら、医者を訪ねるか、次のような原因を疑ってみましょう。

 

〈処方薬や売薬の副作用〉

さまざまな病気、とくに高血圧、不安、抑響、鼻炎、アレルギーに一般的に処方される薬は性的能力を弱めることがあります。

プロザックのようなある種の抗欝剤はオーガズムに達する力を弱めたり、失わせたりする場合があります。

 

〈ホルモンの減少、低下、不安定〉

男女とも年をとるにつれ、性的ホルモンの量が減少します。

男性の場合、テストステロンの低下により性欲減退、勃起不全、疲労感、抑うつなどの症状があらわれます。

女性の場合、エストロゲンの供給の減少(三十歳頃からはじまる)により、性欲減退やセックスに苦痛を覚えるなどさまざまな問題が生じます。

更年期、あるいは閉経期に入っている場合、ホルモン置換療法やそのほかの療法について医師と話し合うといいかもしれません。

 

〈そのほかの肉体的コンディション〉

あなたもしくは相手が慢性的な、あるいは深刻な健康問題を抱えている場合、肉体的、性的な面で自分に対する見方が変わってしまっているかもしれません。

たとえば、過去に心臓発作を起こして助かった男性とその相手は、激しいセックスをするとまた発作が起こるかもしれないと怯えている場合がよくあります。

子宮摘出や乳ガンの手術を受けた女性は、自分にはもう性的魅力がないと思っていることがあります。

こうした問題を解決するには、医師あるいは、その分野でカウンセリングの訓練を受けた専門家に相談する必要があるかもしれません。

 

〈受胎問題〉

女性が妊娠しにくい、あるいはこれまでしにくかった場合、男女ともセックスを、演出された目的優先の行為ととらえるようになりがちです。

何か月も、何年もカレンダーを睨み、セックスのタイミングをはかっているうちに、セックスにロマンティックな雰囲気がなくなり、その雰囲気は二度と元に戻らないと、男女ともあるいは一方が感じるようになる場合があります。

女性が妊娠できなかったり、流産したりした場合、そのカップルにとってセックスが悲しい喪失を思い出させるものになることもあります。

もしそうした経験があるなら、その喪失に対処するべく専門家のカウンセリングを受けるよう強くすすめます。

 

〈避妊〉

心の奥で自分の避妊法が快感をそこなわず、手軽で、絶対確実なものかどうか案じている場合、セックスの喜びに集中しつづけるのは難しいでしょう。

おそらくあなたの体も以前とは変化しているはずです。

十年来服用したピルはもうやめたいとか、もう不便なコンドームを使いたくない、などと思っているかもしれません。

避妊や望まない妊娠にたいする考え方も多少変わったかもしれません。

これ以上子供をつくるつもりがなく、精管切除や卵管結紫などの永続する避妊法を考えはじめている場合もあるでしょう。

何であれ、今のあなたと相手のためになる解決策をみつけてください。

 

セックスレスは夫婦で解決するものです

セックスレスに陥る夫婦の原因7つをご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

セックスレスに陥ってしまう原因は必ず存在しており、その原因を改善しなければ、あなた達夫婦はいつまでたってもセックスレスのままです。

そして重要なことは、セックスレスは一人で悩み、一人で解決できる問題ではありません。

しっかりと相手と向き合い、今思うあなたの本音を話してみましょう。

そしてセックスレスの原因を突き止め、夫婦二人の力で解消していきましょう。

また、「夫婦円満の秘訣と感謝の気持ちの関係性」もセットで読んでみましょう。

セックスレスを解消できれば夫婦円満へと繋がることは言うまでもないですが、円満で居続ける秘訣は、まだまだ存在します。

そんな中でも最も大事になる1つのコツでもある、夫婦円満の秘訣について知り、今の関係を客観的に見直してみましょう。

関連記事

  1. 結婚

    旦那が冷たい時に見直すべき5項目

    旦那が最近冷たいという悩みを抱く人は多く、特に産後や妊娠中といった期間…

  2. 結婚

    結婚相手の選び方や見極め方8選【間違えたとは言わせない!】

    自分と相性がいい相手なのか、またはこれからも間違えたとは言わずに、結婚…

  3. 結婚

    結婚してくれない彼と絶妙な別れのタイミングはいつ?

    結婚したいが、彼はまだ早いと言うこの間、知り合…

  4. 結婚

    男性が結婚を意識する態度や行動は?

    男が結婚を意識するとき男が結婚を意識するのは、…

  5. 結婚

    DV夫の心理と特徴

    「暴力をふるわれでも別れない人」の心理世の中に…

  6. 結婚

    家族サービスが嫌いな人・悩んでいる人へ

    家族サービスが嫌いな父親は多く、理由の多くはめんどくさいや、疲れがとれ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 彼氏

    彼氏の行動心理10選〜あなたの謎を3分で解明!
  2. 浮気

    愛人が欲しい男性心理と特徴5選
  3. 恋愛

    絵文字を使わない男性心理から分かる8の事実
  4. 恋愛

    男性をその気にさせる方法と注意点9つ
  5. 恋愛

    恋は盲目愛は幻?その心理が笑えない4の理由
PAGE TOP