恋愛

さりげなく好きを伝える方法

「好き」という気持ちをさりげなく相手に伝えるコツは?

 

人を愛する心は、その人の態度や行動にあらわれる。

相手を大事にし、ケアすること。

相手が何を必要とし、何を求め、何を訴えているのか、理解しようとする。

スポンサードリンク

愛しあうパートナーとして、相手に対して責任をもってかかわる。

こういったことで、愛を表現することができる。

しかし、相手に対する愛の表現の仕方がよく分からないとか、どうも苦手だという人が案外多いように思うので、そんな人に、ちょっとしたヒントを述べよう。

 

第一に、たとえば、こういう表現の仕方をしてみてはどうだろうか。

「あなたのおいしそうに食べるところが好き!」「あなたの笑顔はとっても素敵よ!」

ただ漠然と「あなたが好きだ」とか「愛している」と言うのではなく、具体的にほめるのがポイントだ。

 

そう言われると、相手も素直に受け入れやすい。

すると、相手の態度や言動が変わってくる。

「そう言ってくれる君のそばにいることが幸せだ」 といった言葉が返ってくるかもしれない。

スポンサードリンク

第二に、こういう表現を心がけてみよう。

「今日は少し疲れているみたいね。肩でももんであげましょうか?」

つまり、相手への気づかいやケアを、具体的に表現するのだ。

 

体にふれることで相手に対する好意が伝わり、あなたの優しい想いも伝わる。

相手があなたの好意を受け入れていると感じたら、優しい声で「愛しているわよ」と耳元でささやいてもいい(これは男性にもできることだ)。

 

第三に、相手の大好きな料理をつくってあげることなども、間接的な愛情の表現になる。

反対に、そういう好意を示してもらったときは、「おいしい!」という言葉で感謝の気持ちをあらわすことも、もちろん大切だ。

家での食事は、空腹を満たすためだけのものではなく、お互いにいたわりあい、心を愛で満たすためのものなのである。

 

愛を語りあうのは、レストランで豪華な食事をするときよりも、家でする食事のときのほうがずっといい。

そんなに気ばった料理でなくても、相手への好意や気くばりが感じられる食事であればいいのだ。

こういった具体的な態度や行動を示すことで、愛が育つのだと思う。

同時に、愛する技能が少しずつ磨かれ、上手に愛することができるようになるのではないだろうか。

 

 

結婚はゴールではなく学びの場です

 

もちろん、自分の愛し方が相手にとって心地よくないこともあるだろう。

そんなときは、相手からネガティブな反応が返ってくる。

つまり、相手の反応は、自分はどういう愛し方をしているかを映し出す鏡なのだ。

 

相手の反応から学ぶことで、自分勝手な思いこみによる愛し方を抜け出し、人の愛し方そのものを学んでいくことができる。

 

恋人の関係を、愛の関係に育てていくには、こういった愛し方の学習が欠かせない。

愛し方の学習の過程においては、さまざまな葛藤が生じる。

その一つひとつの葛藤に悩み、試行錯誤を繰り返しながら、自分を学び、相手を学ぶ。

 

そうした体験の積み重ねの中で、お互いの愛情が強まり、「愛しあう関係をつづけたい」という思いを共有するようになる。

それが結婚という、より深く相手にコミットする関係 へと発展するのである。 だが、決して結婚はゴ lルではない。

愛する技能を学びながら、愛を育てていく作業は、結婚してからもつづけていかなければならない。

 

愛する技能は、決して短期間で学べるものではないからだ。

その意味では、結婚生活というものは、愛する技能を学ぶ修練の場であるとも言えるだろう。

それも、もっとも効果的な修練の場ではないだろうか。

 

自分の気分がよいときにだけ、ともに時間を過ごす恋人関係と違い、常に相手に対応することが求められるのが結婚生活なのである。

だから、逃げることも、ごまかすこともできない。

こういった関係に入るには、勇気がいる。

 

覚悟もいる。

相手への、より深いかかわりも必要である。

勇気がなければ、愛の人には成れないのだ。

 

関連記事

→男性から愛される女性になるためには

→何故か嫌われる人の特徴

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
  1. 彼氏

    彼氏の行動心理10選〜あなたの謎を3分で解明!
  2. 恋愛

    食事に誘う男性心理から読み解く6の事実
  3. 恋愛

    男が本当に好きな女に見せる態度10選
  4. 恋愛

    恋は盲目愛は幻?その心理が笑えない4の理由
  5. 恋愛

    絵文字を使わない男性心理から分かる8の事実
PAGE TOP