結婚

結婚前の同棲なのに、結婚できないと心変わりしてしまう理由

結婚前に一度同棲をしてみようと心がけるカップルは多く、同棲を経て結婚を決意するカップルは多くいます。

一方で、この同棲が原因で結婚する前提での同棲が、結婚できないという考えに変わってしまう人もいます。

それらの人の多くには、同棲を通して感じたある理由が原因であることが多く、その原因を改善しない限りは、結婚しようと心変わりしてくれる可能性は低いといえます。

今回の記事では、そんな結婚前の同棲なのに、結婚できないと心変わりしてしまう理由に関して、ご紹介していこうと思います。

スポンサードリンク

まずは知って欲しい事実

「結婚前の同棲なのに、結婚できないと心変わりしてしまう理由」というタイトルですが、結婚できないと心変わりしてしまう理由ばかりに触れてしまえば、あなた自身が同棲なんてメリットが1つもないと感じてしまう可能性が生じてしまうので、まずは結婚前に同棲をすることによって、得られるメリットの面について少し触れておきましょう。

今や多くのカップルが、結婚を前提に、または不安を解消するために同棲を選んでいる。

恋愛カウンセラーである私は、破局を迎えたカップルをあまりに多く見てきたために、すべてのカップルは結婚を決める前に、一緒に暮らしてみるべきだと感じている部分があります。

それは二十四時間一緒に過ごしてみて、週末や週に何回か会うだけでは生じなかった問題に直面していなければ、いったいどれほどのカップルが間違った選択をしてしまったと、後々結婚を後悔するのだろうとは思えずにはいられないからです。

結婚前に同棲するメリットは第一に、一緒に暮らさなければ分からない恋人の一面を発見できることできます。

同じ屋根の下で暮らせば、それ以外では見ることのできない習慣や態度、言動が明らかになってきます。

日常的な状況で、疲れたり、気分が悪かったり、腹を立てたり、いらだったり、不機嫌な時の相手の真の姿を知ることができるのです。

結婚して一緒に暮らし始めたとたんに、相手の我慢できない面を発見したなんて、悪夢のような話は誰だって避けたはずです。

スポンサードリンク

ライフスタイルの違いを確認できる

結婚前の同棲の第二のメリットは、二人のライフスタイルが本当に合っているかどうかについて、より多くの発見ができます。

ロマンチックな恋愛の相手としては最高ですが、旦那としては最低であったり、知的な会話を楽しむ相手としては理想的だが、フルタイムの恋人としては最悪といったように、長期間共に暮らさなければ、恋人と自分のライフスタイルが合わないということに、気づかない場合があります。

ライフスタイルが合わないということは、どちらか一方が合わせるのか、それとも両方が工夫をしていくのかという選択肢になってくるわけですが、今まで長年続けてきたライフスタイルを変えるということは、自分の環境を大きく変えるということに繋がるので、私生活に大きな影響を与えかねずに、酷い人の場合は、うつ病などの病を起こしてしまう可能性も考えられます。

結婚前に同棲をすることにより、このようなライフスタイルの相性を確認することが可能になります。

 

パートナーシップを確認できる

結婚前の同棲の第三のメリットは、恋人がいかに真のパートナーシップを発揮できるかが分かります。

一緒に暮らすには、権力と支配力を分かち合う必要がある。

二人の個性あふれる人間が、それぞれの癖や欲望を融合させるのですから、当然同棲には互いの妥協と柔軟性が要求されるのです。

家計や食物の好み、家事の負担、買い物などについて二人でとり決める必要が生まれた時に初めて、恋人がどんなタイプのチームプレイヤーかが分かるというわけです。

よく共働きなのに家事育児を全く手伝わない旦那が…というような相談を受けますが、このような後悔をすることを避けこと為にも、結婚前の同棲は大いに役立ちます。

 

同棲のデメリットも当然存在します

一方、一緒に暮らすことで、次のような「結婚できない」と心変わりされてしまう、ネガティブな結果が引き起こされる可能性もあります。

まず、まだ発展段階なのに、二人の関係に多くを期待しすぎて壊してしまうということです。

多くのカップルは、お金を節約するため、一方が広い住まいをもっているから、より多くの時間を一緒に過ごせるから、相手を失うのが恐いからなどの、さまざまな理由で早すぎる同棲を始めてしまうことがあります。

結婚意識、成熟度、感情の安定が一定のレベルに達する前に一緒に暮らせば、二人の関係は、緊張に押しつぶされる恐れがあるのです。

緊張に押しつぶされるとは、例えば、片方がもう少し遊びたい気持ちがあるにもかからわず、もう一方は結婚に焦ってしまう状況というのが、よく見られる状況の1つです。

もう少し遊びたいという願望を隠したまま同棲しているとすれば、この願望を隠している方からすれば、「同棲なんてしなければよかった」「結婚できないとやっぱり断ろう」というネガティブな思考に走ってしまい、結果的に結婚前の同棲のはずが、結婚できない理由を作ってしまうことになりかねません。

 

大事な相手だと感じなくなる

結婚できないと心変わりしてしまう理由の第二に、大事な恋人だったはずが、大事な相手だと感じなくなる可能性が考えられます。

同棲をするということは、相手がいつもそばにいるために、関心や感謝の気持ちを表さなくなったり、さまざまな面で二人の関係を大切にしなくなる場合が多々あります。

そうなれば、大事な恋人のことがただの物でしかなくなり、物扱いをしてしまう可能性が高まるのです。

こうなれば物に感謝をしないのと同じように、大事な恋人が都合のいい物になったり、感謝の気持ちを示す必要がなくなっていくのです。

 

コミットメント恐怖症

コミットメントとは、『恋人や物事と深く永続的に係わること』を言います。

結婚できないと心変わりしてしまう理由の第三に、この互いへのコミットメントを深めようとしなくなることが考えられます。

結婚後の金銭面や離婚などの代償を考えれば、一緒に暮らすさまざまな恩恵と比べてしまい、わざわざ結婚を申し込む理由がなくなってしまうのです。

十分に時間をかけて互いを知り合わないまま、一緒に暮らし始めた場合は、特にこういうケースがあることは認めざるをえない。

そして同棲のままの方がメリットが多々あると感じてしまった結果、結婚前の同棲だったはずが、結婚できないと断られてしまい、恋人の結婚願望は無くなっていってしまうのです。

 

焦らず、大事にしあえる関係が大事です

いかがだったでしょうか。

結婚しないと心変わりされない、または自分自身がしないためには、同棲のタイミングを焦らずに、同棲後もお互いを大事にしあう心がけが大事となります。

新たな環境を生み出すことには、必ずリスクがついてきますので、同棲することに恐怖心を抱いてしまうのではなく、しっかりとリスク管理をすることが大事といえるでしょう。

また、「結婚相手の選び方や見極め方8選【間違えたとは言わせない!】」もセットで読んでみましょう。

結婚に少しでも不安を抱いているのであれば、こちらで選び方や見極め方も知っておきたいところです。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
  1. 恋愛

    食事に誘う男性心理から読み解く6の事実
  2. 彼氏

    彼氏の行動心理10選〜あなたの謎を3分で解明!
  3. 恋愛

    恋は盲目愛は幻?その心理が笑えない4の理由
  4. 恋愛

    敬語を使う男性心理から分かる6の事実
  5. 恋愛

    男性をその気にさせる方法と注意点9つ
PAGE TOP