失恋

むかつく元彼に復讐や憎い気持ちがある人に

どうしても怒りがおさまらないときは

 

もし私が浮気された立場ならどうするだろう、と考えてみよう。

まず、自分の心の内を見つめてみる。

どんな感情の波が発生しているのか。

相手の行為に対する怒りがあるはずだ。

スポンサードリンク

でも、その怒りの感情はどこから来たのだろうか。

それは相手が私の心に生じさせたものなのか、それとも怒りを生み出す何かの感情が私の中にあるのだろうか。

だとすれば、それを探してみようと考える。

 

一つは、相手から裏切られたことへの失望感。

それも大きいかもしれない。

 

次に、自分の価値や存在をおびやかされるような不安と恐れ。

さらに、私に対する愛情がほかの人に移ることによって生じる悲しみや、自分の将来に対する不安感もあるだろう。

こういったいくつかの思いや感情が、怒りの感情の根底にある。

それが大きな火の塊のように強力なエネルギーとなって、私の思考や判断を狂わせているのかもしれない。

私自身への評価や、相手を見る目も正常に働いていないのかもしれない。

スポンサードリンク

もし怒り狂った状態のまま、その怒りの感情を相手にぶつけたりしたら、どういう結果を招くか分からない。

おそらく、自分にも相手にもよい結果はもたらさないであろう。

とすれば、しばらく時聞をおくほうがいい。

怒りの根底にある一つひとつの感情と対話してみることが必要だ。

 

それらの感情の実体や、その源がはっきりしてくると、怒りの感情は消えるかもしれない。

消えなくても、少しは和らぐかもしれない。

心が少し落ち着いた段階で、相手にどう対応するかを考えてみよう。

より建設的な方法が浮かんでくるかもしれない。

 

怒りの感情を相手にぶつけるのではなく、不満な思いを伝えるという方法もある。

それでも怒りの感情がおさまらないとしたら、どうしようか。

怒りの感情を処理するには、相手に直接ぶつける以外にも、どこかで発散させるという手もある。

 

このように書くと、「怒っているときは、そんなに冷静になれないのではないか」と反発する人もいるかもしれない。

そういう人は、だからこそ冷静になる時間と、冷静に考えることが必要なのだと思う。

 

 

許す・・その喜びは計り知れない

 

相手と自分のやりとりを思い返してみると、なるほど、自分の行動には自分と親とのかかわりが影響しているな、と思い当たることもあるのではないだろうか。

相手を許せないと思う人、つまり相手を許さない人は、自分自身が許されない、許してもらえない家庭で育っていることが多いように思う。

相手のあるがままを拒まず、受け入れる姿勢が自分にないと、相手は心を閉ざしてしまうだろう。

本当の思いや願望などを抑え、隠してしまう。

そして、受け入れる姿勢のある人に心惹かれる。

隠れて、そういう相手との関係をもつようにもなる。

相手を許せない、許さない自分の側の問題を見つめることが大切なのだ。

 

すると、許せないことをしたと思う相手に裁くことの愚かさに、気づかされるのではないだろうか。

自分の心がなぜそう動くーのかという原因が見え、相手の行為を生み出したさまざまな要因が見えてくると、なぜ許せないかが分かるようになり、やがて許せると思えるようにもなるだろう。

許すことは理解すること、そして理解することは愛することなのだ。

そして、いままで許せないと思っていた相手を許すことができたとき、人は不思議なほど心の安らぎを感じる。

そのとき人は、ほかの誰でもない、自分こそが許されたのだと、感じるはずだ。

 

以前、沖縄に住んでいたとき、離婚して間もない女性が『うりずんの家』にカウンセリングを求めて行った。

彼女は、最初、怒りに燃えていた。

「愛人をつくり、自分を裏切った彼を許せない。別れて、もう関係ない人だと思っても、許せないんです」と、涙を流しながら言う。

その苦悩の深さに、カウンセラーの心も暗くなった。

 

その後、何回かカウンセリングをくり返すうち、彼女はしだいに明るさを取りもどしてきた。

「この間、海に行ってきました。寄せては返す波を見ながら、先生と話した愛について考えてみたんです。

海を見ていたら落ち着いてきて、ふと、自分が生かされているということを強く感じました。

知らないところで、いろいろな力が私を生かしてくれている。

そして、許されてもいるんですね。

 

彼を許せないと怒り狂ってばかりいた自分が、とても愚かに思えてきました。

そう語る彼女の頬に、涙が光っていた。それは、最初に見せた怒りと苦悩の涙とは、まったく違う涙だった。

自然を前にすると、人は不完全な自分を思い知らされ、謙虚になる。

そんな不完全な自分でも、いまこうして生きていられる。

そして、どんな人も完全ではあり得ない。

その事実に気づいたとき、人を許さないという行為の倣慢さや不毛さにも、気づくことができるのかもしれない。

 

許し、許される。

その喜びは計り知れない。

その喜びの中にこそ愛があるのだと、私は思う。

 

関連記事

→多くのバツイチの人が恋愛は怖いと答える理由

→恋愛で自分に自信がない女性になってしまった時の対処法

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
  1. 恋愛

    男が本当に好きな女に見せる態度10選
  2. 浮気

    愛人が欲しい男性心理と特徴5選
  3. 恋愛

    絵文字を使わない男性心理から分かる8の事実
  4. 恋愛

    男性をその気にさせる方法と注意点9つ
  5. 恋愛

    恋は盲目愛は幻?その心理が笑えない4の理由
PAGE TOP