恋愛

尽くす女性の心理と嫌われる確率が高いのはマジ?

尽くすだけ、奪うだけの愛は不幸になる

 

「あなたと結婚できたら、私はあなたを必ず幸せにします!」 映画やテレビドラマのこんなシーンに感動した人は多いだろう。

実際、こうしたプロポーズの言葉を聞いて、「この人が私を幸せにしてくれるなら結婚してもいい」と考え、結婚を承諾したという人もいる。

こういうプロポーズの言葉は、男性が女性に向かって言う事とはかぎらない。

たとえ言葉に出さずとも、心の中でそんな思いを抱いている女性も少なくないだろう。

スポンサードリンク

「この人を幸せにしてあげたい。そのために一生懸命に尽くそう」

男は女を幸せにしてくれる。

女も男を幸せにしてあげる。

そんな期待をお互いに寄せあって結婚する。

そして、現実は?

 

「君を幸せにする」と言った相手は、結婚したとたんにそんな約束はどこ吹く風で、自分だけが幸せになろうとしているように見える。

あるいは君の幸せよりも、自分の幸せを得ることに専念し、そのために私を利用しているのではないかと思いたくなってくる。

多くの人が、結婚してからそんな現実に直面している。

 

もし私がプロポーズするなら、また、されるなら、次のようなセリフのほうが説得力があると思う。

「私はあなたを幸せにすることは約束できない。でも、私はあなたと結婚することで、絶対に幸せになります」

一見、無茶な言葉に思えるけれど、逆に誠実さを感じさせる。

真実だからである。

 

これこそ男のひたすらな恋心からあふれ出た言葉だと思う。

また、結婚だけでなく、恋愛においても、そういう気持ちでいることが大切ではないだろうか。

スポンサードリンク

「結婚さえすれば幸せになれる」と考えている人へ

 

そもそも、人間が幸せになるとは、どういうことなのだろう。

誰かが自分を幸せにしてくれるのだろうか。

いや、そうではない。

幸せになるかならないかは、自分が決めることなのだ。

 

究極的には、幸せは自分の心のあり方で決まるものであって、人から与えられるものではない。

相手の態度や言動を自分がどう受けとめるかによって、幸せと不幸せのいずれかになるのだと思う。

このことが分かっていないと、自分が幸せでないのは、相手が私を幸せにしてくれないからだと、相手を責めたい気持ちになってしまう。

この逆もある。

 

相手が「幸せでない」と言って、幸せにしてあげられない自分を責めてしまう。

あるいは、「こんなに幸せにしてあげようと思って尽くしているのに、どうしてあなたは幸せではないの?」と、相手を責めたりすることになる。

そして、相手に何とか幸せだと感じきせようとして、必要以上に相手に尽くしてしまう。

そのあげく、恋人に逃げられてしまったりする。

 

そういう幸せの押し売りに、たいていの人は耐えられなくなるからだ。

幸せとは、誰かに与えてもらったり、与えたりするものではない。

自分でつかむものだ。

 

特に、いま恋人がいる人は、そのことをしっかりと頭に入れておくほうがいい。

相手を幸せにしてあげようとして尽くしたあげく、逃げられてしまった女性は、悲しみと失意と怒りに襲われる。

「私の愛に、何が足りなかったの?」と悩み、苦しむ。

 

三つ年下の男性に尽くしつづけて、結局逃げられてしまったと訴える30歳の女性から、相談を受けたことがある。

その言葉には、怒りがあふれでいた。

 

彼が新入社員で入ってきて間もなくからのつきあいでした。

職場では私が先輩で、給料も彼よりずっと上。

恋人の関係がスタートしてから、彼の世話をしつづけてきたんです。

休みの日には彼のアパートで洗濯、掃除、料理。デートで出かけたときの支払いも全部私。

誕生日やクリスマスには、彼の喜ぶものをプレゼントしてきました。

その彼が、もうアパートに来てほしくないと言うのです。

 

私は泣いて尋ねました。

私の何が不満なの?と。

何の不満もないし、尽くしてくれることはありがたいけど、僕は幸せではないんだと、彼は言うんです。

転勤になったのを機に、彼は引っ越してしまい、私に新しい住所を教えてくれませんでした。

私をさんざん利用し、自分ばかりいい思いをして逃げたんです。

私の体と、私の青春を奪っていったんです。

 

最初は女性の優しさに惹かれて恋人になったものの、いつの間にか男性は尽くされることに慣れてしまう。

それが当然と言わんばかりに、感謝の言葉一つなく、関心も示さなくなる。

そんな男性の変身ぶりに戸惑い、悩む女性は、自分を責め、相手を責める。

あげくに男性は自分からだんだん離れていく。

 

こういった例は、決して珍しくない。

相手を幸せにしてあげられる、相手から幸せにしてもらえるという幻想が、そういう悲劇を生むのだと思う。

 

関連記事

→彼氏が彼女を愛してるはどこまで信じていい?

→むかつく元彼に復讐や憎い気持ちがある人に

スポンサードリンク

コメント

    • ぽんちゃん
    • 2015年 2月 17日

    尽くすとなめられる。
    でも尽くさずにはいられないのですが、やっぱりやめるべきですか?

      • サイト所有者
      • 2015年 2月 18日

      尽くし過ぎは危険というだけなので、ある程度尽くすことは大事ですよ。
      なにより一番大事なのは、相手を大事にできる行動です。
      そこを忘れずに。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
  1. 浮気

    愛人が欲しい男性心理と特徴5選
  2. 恋愛

    敬語を使う男性心理から分かる6の事実
  3. 恋愛

    絵文字を使わない男性心理から分かる8の事実
  4. 恋愛

    男性をその気にさせる方法と注意点9つ
  5. 恋愛

    男が本当に好きな女に見せる態度10選
PAGE TOP