未分類

団結力を高める方法~チームワーク力向上のカギ4選

団結力があるチームとないチームでは、長い目で見ると必ず大きな差が出るということが、過去の研究結果によって多くの報告がされています。

チームワーク力を向上し、団結力を高めることができれば、必ず今の状態からさらにもう一段階上の実力が発揮できることでしょう。

今回の記事では、そんな団結力を高める方法~チームワーク力向上のカギ4選をお伝えしていき、心理的理由なども述べていきます。

団結力を高めたいのであれば、相手を操る心理テクニックが有効であり、そして意外と難しいテクニックではないことに驚く人も多いのではないでしょうか。

結束力のある強力な集団はこう作る!

友人と口喧嘩をしていようと、家族がいがみ合っていようと、このテクニックを使えば争い事はおさまり、仲直りすることができるでしょう。

数々の研究によれば、脅威となる外敵が現われると、内部分裂が解消されることが分かっています。

それは外的要因により、お互いに手を組む必要が生じると協力し合い、一致団結しようという気持ちが高まるのからです。

これは実際に、内戦、社会紛争、内政不安などは、共通する外敵の出現をきっかけに終息することが多いことからも、この研究結果の信憑性の高さがうかがえます。

逆に何も外圧がないときは、一人一人の関心や敵意が内輪に向けられてしまいます。

そこで、手っ取り早くグループ内に協力の輸を広げたければ、外部に脅威となるものをつくることが効果的です。

何らかの形で競争させるなど、他のグループと対抗させるだけでもいい。

共通の敵をつくれば、敵対していた者同士が素早くまとまり、結果的に団結力やチームワーク力が高まるといった効果が期待できるのです。

グループの団結力やチームワーク力を固めるテクニックとしては、これが一番効き目が早いといえるでしょう。

実は、日常生活でもよく目にしています

こうした現象は日常生活や心の中にもよく起こることです。

たとえば、精神を集中させるものが何もないと、心が乱れ、心配や不安が生じる。

しかし、情熱を傾けられるような明確な目標ができて外に目を向けるようになると、心が落ち着くようになるのです。

こんな経験は誰にでもあるのではないでしょうか。

これは、はっきりとした目標があると、気分も明るくなり、気が引き締まって集中力が出てきます。

すると、急に「細かいこと」がいちいち気にならなくなるからです。

結果的にバランスの取れた見方ができるようになり、何が本当に重要なのかが、分かるようになります。

そうしなかった場合は、グループの場合と同じように、心を占めるものが何もないと、心が反乱を起こすようになり、注意を集中できるものがないため、精神的に不安定となり、絶えず不安につきまとわれるようになるのです。

しかし何かに興味をもち、それに没頭できるようになると、たちまち心が穏やかになる。

趣味をもっと気持ちが安らぐ、という人が多いのはこのためです。

関心が外へ向き、心が何かに熱中しているときは、「我を忘れる」状態といるのです。

 

以上の作戦を実践すれば、いつも和気あいあいとした、まとまりのよい団結力やチームワーク力が高いグループとなるでしょう。

とはいえ、性格的に他と衝突しそうな者が一人や二人いるかもしれません。

そこで結束を固め、秩序を保つためには、次の三つのルールを守ることが大切となります。

 

★互いに対立している人たちの配置は、向かい合わせではなく、隣り合わせにする。

というのは、物理的に向き合うと、精神的にも「私たちVS彼ら」といった感じになるため、溝がさらに深まることになります。

並んで座れば、団結し協力し合うのに最適な雰囲気づくりができるはずです。

 

★接触と近接の効果を利用する。

対立している者同士をいつも近くに配置し、類繁に接触させるようにしましょう。

これは過去の多くの研究結果からも分かるように、そばにいるほど好感度がアップするということが分かっています。

覚えておきましょう。

皆がみんないつも近くにいる必要はありませんが、協力関係を最大限に引き出したければ、近いに越したことはないということを。

 

★身体に触れる。

ボディタッチの効果をけっしてあなどってはいけません。

できるなら、お互いに握手するとか、接触する機会をたくさん作りましょう。

人というのは身体に触れることで、親密な感じがかなりするものです。

相手に物理的に触れることで、心理的にも繋がりができたと思い込むのが人である。

 

たったこれだけでOKです

いかがだったでしょうか。

団結力やチームワーク力を高める心理的方法が、あまりにも簡単すぎて驚いたという人も多いのではないでしょうか。

それもそのはずであり、人間の心理というのは案外単純な部分が多いのです。

ですからそんな単純な心理を逆手にとってやれば、団結力やチームワーク力を高めることは、それほど難しいことではないのです。

また、「思いやりのある人と思いやりのない人の違い」もセットで読んでみましょう。

団結力には思いやりは必須ですので、そんな思いやりがある人とない人の違いも知ってみませんか?

関連記事

  1. 未分類

    誤解されやすい人の性格は言葉と話し方がダメ!

    どういう言葉なら思いが通じるのでしょうか?今回…

  2. 未分類

    友達が少ない人が孤独を感じる理由とは?

    友達が周りに比べて少ない...なぜでしょうか?孤独を感…

  3. 未分類

    追っかけの心理~アイドルオタクに大人がなる驚きの理由12選

    近年ではオタクがよくメディア出演するようになったことも影響し、男性でも…

  4. 未分類

    繊細すぎる性格のメリットデメリット

    繊細すぎる性格というのは、何かとデメリットが目につきやすく、メリットが…

  5. 未分類

    真面目すぎる人の改善方法

    いろんな性格がありますが、その性格によって、得することもあれば損するこ…

  6. 未分類

    感情がない人が喜怒哀楽に気づく方法6つ

    感情がない人というのは、自分には感情がないので、無理に笑うしかないし、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 彼氏

    彼氏の行動心理10選〜あなたの謎を3分で解明!
  2. 恋愛

    男性をその気にさせる方法と注意点9つ
  3. 恋愛

    恋は盲目愛は幻?その心理が笑えない4の理由
  4. 恋愛

    敬語を使う男性心理から分かる6の事実
  5. 恋愛

    食事に誘う男性心理から読み解く6の事実
PAGE TOP