年収350万の手取りと生活・貯金の目安

サラリーマン全体の平均年収は約440万です。

この数字を見て「本当かな~?」と思った方は、かなり多いのではないでしょうか。

それもそのはずで、実際には、年収300万~400万を稼ぐ人の割合が、全体の約30%にまでおよんでいます。

そこで今回は、多くの人が気になっているであろう、年収350万の手取りと生活・貯金の目安について、お話したいと思います。

スポンサードリンク

年収350万なら手取りはいくら?

年収が1年間の全収入を表すのに対して、手取りは1年間に得る純収入を表します。

年収から手取り額を導き出すための鍵は、社会保険料と所得税と住民税の3つにあるはずです。

年代別の統計データによると、20代の平均年収が約350万ですので、単身世帯を例に、年収350万の手取り額を割り出してみましょう。

社会保険料=51万(年額)
所得税=7万(年額)
住民税=15万(年額)
合計=73万

年収350万から、社会保険料と税金の合計73万を差し引いた残りの額、つまり277万が手取りの金額となります。

 

年収350万で達成できる貯金額

年収350万、手取り277万の収入の場合、毎月の収入は約23万ということになります。

ここでも単身世帯を例に、毎月の収入23万に対する支出と貯金について、一緒に考えてみましょう。

単身世帯の支出について

単身世帯の一般的な支出は以下の通りです。

支出合計(15万)
住居費(7万)
水道光熱費・通信費(1.5万)
食費(2.5万)
交際費(2万)
理美容費・被服費(1万)
車の維持費(1万)

単身世帯の可能貯金額

年収350万の単身世帯では、毎月の収入が23万に対して支出の合計は15万ですので、月に8万の貯金を実現できます。

くわえて、実家暮らしで住居費や水道光熱費について考える必要がなく、車を所有していないとなると、毎月16万の貯金も達成可能でしょう。

スポンサードリンク

既婚者の場合は?

既に結婚していて、さらに子供がいるとなると貯金はなかなか難しい年収となっており、基本的に貯金の目安は2割だといわれていますが、この2割を達成できない家庭も多くなってきます。

ですからその達成できなかった金額を、共働きで穴埋めをする家庭が多く、年収350万だった場合は、最低でも4万円の貯金はしておきたいところです。

共働きで補える家庭は多いと思うので、もしも旦那の収入のみで4万の貯金ができなかった場合は、共働きで足りなかった分を補うということができれば、よりいいでしょう。(ちなみに23万の2割は、4万6千円です)

 

生活レベルの参考

32歳Aさんの場合

年収350万で、独身の男性です。毎月の貯金額は約5万円。趣味がギャンブルしかないので、これでも自分なりに精一杯の貯金をしているつもりです。

以前はギャンブルに全額投資していましたが、30代になりようやく貯金しなければ…というまともな考え方出来るようになり、今ではギャンブルに使うお金と、生活費を分けています。

結婚を考えていないのでこんな生活ができますが、結婚を考えている人は、僕くらいの年収では同じことをしないようにしておいた方がいいよ!と警告しておきます。

38歳Bさんの場合

妻と子供二人の四人家族であり、共働きしています。ろくに貯金もせずに結婚したので、全てローンを組んでしまい、私の年収だけではとても貯金ができる環境ではありませんでした。ですから妻の稼ぎで貯金をしてもらい、助けてもらっています。

生活レベルはといえば、月々のお小遣いが3万円。お弁当は妻の手作りで、夏場は水筒を持参しています。

それほど贅沢な生活はできませんが、妻の協力があれば、十分に楽しい結婚生活をおくっていける年収だとは思っています。

 

単身世帯だと最大192万の貯金が可能

いかがだったでしょうか。

晩婚化が進む現在の日本では、20代の単身世帯が多くなっています。

結婚した時のことや、子供ができた時のことを考えると、少しでも多く貯金額を増やしたいものです。

毎月16万貯金(最大値)できれば、1年で192万貯金額を増やせますが、仮に毎月8万の貯金でも、1年に96万貯金額を増やせるでしょう。

ちなみに、お金がある程度貯まったら、預金だけでなく投資についても考えた方が良いでしょう。

もちろん、短期的な投資はギャンブルに等しいためおすすめしません。

ただ、長期投資を念頭に、投資する市場を分散させて運用を考えれば、もっと効率的にお金を増やしていけるはずです。

関連記事

安定した職業=正社員はもう時代遅れな理由5つ

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る