未分類

年収450万の手取りと生活・貯金の目安

年収450万の手取り額が分かれば、貯金の目標がより的確になり、多くの貯金をすることに繋がったり、さらには生活水準をしっかりと維持しつつ貯金がたくさんできる、といったメリットが見られます。

また、当サイトでは年収450万稼ぐ人々のリアルな生活といった調査で、同じ年収を稼ぐ人のリアル声も聴いていますので、こちらを見てみることにより、同じ年収を稼ぐ人々のリアルな貯金額や生活レベルといった部分が見えてくるでしょう。

年金の受給額が少なくなってきている今では、老後には欠かせないのが貯金となりますから、しっかりと今から貯金をするといった意識を強く持つようにしましょう。

スポンサードリンク

年収450万の手取り額

年収450万の手取り額は、350万~380万程度となります。

月に換算すれば、およそ30万程度の手取りと思っておけばいいでしょう。

月に30万の手取り額があるわけですから、当然この年収ですと、ある程度の定期預金ができます。

そこで次のページでは、貯金の目安について考えていきましょう。

 

貯金の目安は?

年収450万での貯金の目安は、月の手取り額から20%の貯金ができれば合格ラインとなります。

つまり、月30万の手取りがあった場合で考えると、月に6万円以上の貯金ができている場合は、これ以上生活レベルを落とす必要はないと思ってOKです。

逆に20%以上の貯金を目指すとなれば、私生活に様々なストレスを抱えるデメリットが増える恐れがありますので、自分の将来の生活を豊かにするための貯金だと思いつつ、月に20%の貯金ができれば十分だと思い込む勇気も必要となってきます。

もっとも、出費が少ない家庭の場合はもう少し上の、25%~30%あたりを目指してみるのもありですが、我慢ばかりの生活をしていると、自身の体調に大きく影響しかねませんので、無理だけは厳禁となります。

スポンサードリンク

貯金には必ず目標が必要

月に30万円前後の手取り額であるなら、その中から使わないお金を予め予想しておきましょう。

年収450万円の方であれば、毎月40,000円から60,000円程度がその目安になります。

そして、そのお金を前もって貯金すると決めておくのです。

そうすれば使い込んでしまうケースも少なくなりますよね。

とは言え、年収450万円という水準は一般サラリーマンに毛が生えた程度であり、無駄な出費を抑えなければ、貯金とは無縁な生活環境が出来上がってしまうため注意が必要です。

その上で、まずは毎年初めの給与が支給される前までに、単年度で貯めたい貯金額を決定しましょう。

そして当初決定した金額は、何が何でも貯めるという意気込みが重要です。

金額が決まったら12で割って下さい。1年間に100万円貯めたければ100÷12=約8.3万円が1か月に必要な貯金額になります。

特に男性で多いのが、入ってきたお金をすべて使ってしまうといったことです。

使ってしまうのであれば、最初から余剰分を計算しておき、そのお金を貯金すると決めておくのです。

そうすればその金額を省いたお金を毎月使うことになるので、確実に貯金ができる自分へと変わっていくことが可能です。

 

生活レベルの参考

30代、世帯年収450万さん

私の家庭は世帯年収が450万程度であり、月々の貯金額と生活レベルは以下の通りです。

月の貯金額は7万円であり、子供は二人、月8回自転車で買い物に行きます。

旅行は年に一回、外食は月に4回(月曜日)と決めています。

基本的に貯金は月に7万円と決めているのですが、7万円貯金できなかった月は、違う月に足りなかった分を貯金するといった方法を実施しています。

基本的に贅沢と無理なローンを組まなければ、貯金は自然とできる年収と思いますので、私はそれほど無理に貯金をしようとは思っていません。

専業主婦さん

子供が二人で、一軒家のローンが残っている状態です。

月の貯金は6万円以上と決めており、多い月は9万円程度の貯金ができます。

私と夫は、生きていくための仕事という考え方をしていますので、楽しみを減らしてまで貯金をしようとは考えません。

結婚前にお互いに貯金もあったこともあり、私たちの家庭は月に多くの貯金ができていると思います。

ちなみに私の親友の家庭は、年収550万程度で月に8万円程度の貯金と言っていたので、450万で6万以上の貯金ができていれば、十分だと私は感じます。

 

年100万以上の貯金も目指せます

いかがだったでしょうか。

年収450万ともなれば、やりくり次第では年100万以上の貯金も十分に狙えます。(ただし、私生活に制御が必要となる覚悟が必要)

年収450万円で上手に貯金をするコツは、何と言っても支出を抑えることです。

その支出の抑え方は、「無駄を省く・値引き、割引を見つける」の2点が有力候補です。

当たり前のことですが、この当たり前のことさえできれば、月の手取り額から20%の貯金をすることは、難しいことではない年収のはずです。

関連記事

年収550万の手取りと生活・貯金の目安

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
  1. 恋愛

    敬語を使う男性心理から分かる6の事実
  2. 恋愛

    絵文字を使わない男性心理から分かる8の事実
  3. 浮気

    愛人が欲しい男性心理と特徴5選
  4. 恋愛

    食事に誘う男性心理から読み解く6の事実
  5. 彼氏

    彼氏の行動心理10選〜あなたの謎を3分で解明!
PAGE TOP