結婚

年収500万の結婚と専業主婦の実態5選

収入面において、「ステータスがある男性」と言える年収は、どれぐらいでしょうか?

女性向けの某雑誌の調査によると、年収500万円ぐらいからはそのステータスが認めてられてくるようです。

また、毎年500万円程度の収入があれば、自分は一生働かなくても良いのではないかと考える女性も多くなるそうです。

実際に年収500万円世帯の半数が、妻は専業主婦であるというデータも有りますが、年収500万円程度で専業主婦になることで生活が苦しくなるというデータもあります。

この生活の苦しさを我慢できれば、専業主婦でいつづけることも可能でしょう。

また、いくつかのポイントを押さえて生活することである程度余裕をもって専業主婦になることができます。

今回の記事では、そんな年収500万の結婚と専業主婦の実態について、どんな人が専業主婦で居続けれるのかについても、お伝えしていきます。

スポンサードリンク

家の支払いのことをきちんと決めておく

年収500万円とはいえ、手取りだと月に30万円ほどです。

その中で住宅ローンを組むと、月収の3分の1程度は毎月の出費になります。

それゆえ、家を買うのか賃貸で済ませるのかというのを決めてしまうことが、専業主婦を続けていくうえでのポイントといえます。

生涯にかかるお金が明確になれば、逆算して生活に使えるお金がわかります。

あなたがもし、年収500万の結婚で専業主婦を続けたいのであれば、大きな買い物は早めにと決めて、その後の人生設計を定めることが大切となります。

逆に男性の場合は、結婚相手を選ぶのであれば、こういった計画性がある女性を結婚相手に選ぶことができれば、お金に困ることなく一生を過ごしていけるでしょう。

 

子供がいれば、教育計画を立てる

また、夫婦二人だけなら、年収500万円程度でも生活自体は余裕があります。

しかし、児童手当があるといえども子供を育て上げるには、約2千万円のお金が必要になってきます。

それゆえ、どの程度の教育を受けさせるかもポイントになってきます。

公立に行くのか私立に行くのかといった計画も、しっかりと立てておくべきです。

もしも私立であった場合は、年収500万ではキツキツの生活になってしまうこともありますから、専業主婦一本で生活を送るのが厳しくなる場合もありますので、そういった教育計画も重要です。

男性の場合も同じであり、どちらかが教育熱心で教育の多額のお金をかけるのであれば、そのために働いてくれる、または節約をしてくれる女性を結婚相手に選ぶことがポイントといえるでしょう。

スポンサードリンク

年収500万の家庭の実態

ここでは、年収500万世帯がどのような生活送っているのか?2組の家庭にインタビュー調査をおこなってみました。

神奈川県在住

年収500万弱の旦那を持つ専業主婦です。

神奈川県にマンションを購入しており、旦那のお小遣いは月に4万円。

旦那は学校の先生をしていますので、休日以外は毎日大忙しであり、お金を使う暇がないのでお小遣いは4万円でも十分だそうです。

子供は2人いて、3歳と1歳です。

生活はそれほど切り詰めていませんが、それでも月にできる貯金額は最低でも5万円はできています。

このように、贅沢さえしなければ年収500万で専業主婦は十分可能と思いますよ。

難しいライン

私は今専業主婦であり、旦那の年収は500万を超えます。

しかしながら、月々の支払いが多すぎて、生活が結構キツキツでストレスを感じます。

この生活を圧迫しつつある原因が、子供の習い事や塾にかけるお金です。

貯金は私が若き頃に想像していたよりも、全然下の金額しかできなくって、正直子供がもう少し大きくなれば週2~3回程度で働こうと思っています。

子供の為なので仕方がない部分もありますが、私のように教育ママになってしまうと、出ていくお金は増える一方なので、覚悟が必要ですよ。

 

女性は心の準備が必要

こういった年収500万の家庭のリアルな声を知れば、年収500万レベルであれば、結婚後は専業主婦で居続けることは難しくありませんが、やはり生活レベルによっては専業主婦一本では厳しい場合もあります。

さらに年収500万円といっても、離婚することもあるかもしれませんし、いつ会社が倒産するかも分かりません。

それゆえ、いざとなったら自分でも稼げる力というのを磨いておくことをオススメします。

また、在宅でできるお小遣い稼ぎも増えているので、結婚しても専業主婦の延長線上で多少の金銭は自分で稼ぐという感覚を身につけておくのが大事といえます。

 

専業主婦でいるためには、工夫が必要

いかがだったでしょうか。

年収500万円の人と結婚できれば、確かに専業主婦にはなれますし、さらに貯金をしながらある程度の生活をすることは可能です。

しかし、楽しく過ごすためには、工夫も必要だということを理解しておきましょう。

もちろん、派手な生活さえ望まなければ、年収500万円の男性と結婚することで専業主婦でいつづけることは十分に可能です。

ですが、旦那との関係が悪化することでストレス解消に出費がかかったり、中には愛情が薄れるにつれて働くことを要求する男性もいます。

専業主婦になれたから気を抜くのではなく、家族のために、旦那のために、愛情を注ぎ続けることができる女性であることが大事です。

また、「年収550万の手取りと生活・貯金の目安」もセットで読んでみましょう。

こちらのページを読むことで、より一層生活レベルの実態が見えてくるでしょう。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
  1. 恋愛

    恋は盲目愛は幻?その心理が笑えない4の理由
  2. 恋愛

    男が本当に好きな女に見せる態度10選
  3. 恋愛

    食事に誘う男性心理から読み解く6の事実
  4. 浮気

    愛人が欲しい男性心理と特徴5選
  5. 恋愛

    敬語を使う男性心理から分かる6の事実
PAGE TOP