かまってくれない彼氏との関係を改善する方法6選

彼氏がかまってくれないことに対して、つまらないや寂しいといった感情を抱く女性が多く、さらには冷めたかもしれないという不安を抱いてしまう女性も中にはいます。

彼氏がかまってくれないのにはそれなりの理由が存在し、そしてその理由をしっかりと改善するように心がけると、今の関係を大きく変えることができるでしょう。

今回の記事では、そんなかまってくれない彼氏との関係を改善する方法について、6選にまとめてみました。

改善方法は案外簡単な方法で大丈夫ですので、ぜひ実行に移してみてください。

スポンサードリンク

指図するのではなく、お願いするのです

信じられないほど簡単なことですが、彼氏に「お願い」 とひとこと言うだけで、かまってくれない彼氏との関係は見ちがえるほどなめらかになります。

「明日の朝、出る前に起こしてね、お願い」「ちょっとお願い、ドア閉めてくれる?」「お願い、キスして」など、二人の付き合いが長くなってくると、ついついこうした「お願い」は省略してもいい、と思いたくなるものですが、実際はそうではありません。

それに、これは単なるエチケットなどの類でもありません。

「お願い」と一言つけ加えることは、二人の関係を大切にしているという気持ちを表すことにも繋がってきます。

つまり、彼氏が何かしてくれることを当たり前だとは思っていないと表明することになり、命令や指図をしているのではないという意味になるのです。

 

カップルが成り立つ関係を知ろう

成り立つ

つまりのところ、カップルの関係とは、親切心をお互いに交換することで成り立っています。

「お願い」は、そのために役立つ、最高のおまじないの言葉なのです。

「バター取ってくれ」「電気消してよ」「帰りにアイス買っといて」など、こういう言い方は指図になり、とても温かい関係をはぐくむものとはいえません。

このような会話ばかりでは、二人の関係は今より殺伐としていき、より彼氏がかまってくれない状況を作り出してしまうのです。

「お願い」とひとこと言えば、彼氏が存在してくれることに感謝しているという気持ちが伝わるはずと同時に、それは彼を一人の人間として尊重しているということにも繋がるのです。

彼氏が何かをしてくれた時、それがどんなに簡単なことだったとしても、彼にしてみれば楽しいことではなかったかもしれないのです。

二人がどんなに長く一緒にいようが、どんなに愛し合っていようが、どれほどなんでも言える仲であろうが、どんなことでも頼める仲であろうが、何かをしてくれたのは親切心の現れであり、愛情のたまものであることを、忘れてはいけません。

スポンサードリンク

手助けできないか、訪ねてみましょう

現代の生活の中では、皆自分のことだけで十分に忙しいものです。

仕事はあるし、その他にもやることはたくさんあるし、子供がいればなおさらのことです。

だからこそ、その忙しいあなたが、彼に対して何か手助けができないかと申し出るのは貴重なことなのです。

それは、単に日々の雑用の分担を申し出るというだけではありません。

相手が大変そうなときに、「何か私にできることない?」と聞いてあげることは、愛情の表現以外の何者でもありません。

「買い物、行ってきてあげようか?」でも、「風邪薬、買ってこようか?」でも、「なんだか憂欝そうね。私に話してみたら?」でも、なんでもかまいません。

助けになってあげるには、さまざまな方法があるのです。

彼にかわって何かをしてあげたり、話を聞いてあげる他に、優しい言葉をかけてあげるのもその1つ。

別の言葉でいえば、愛する人の人生を少しでも楽にしてあげるための行為といえるでしょう。

 

あなたの力量が試されるとき

試される

反面、それができるかどうかは、あなたに他人に気を配る力量があるかどうかということでもあります。

つまり、あなたが彼の人生に参加し、一緒に生きることができるかどうかということなのです。

一つひとつの行為はとるに足らない小さなことでも、それを申し出ることによって、彼を気にかけている気持ちが少しでも伝われば、返事がイエスかノーかは重要なことではありません。

これは、かまってくれない彼氏との関係を改善すると同時に、二人の結びつきの強さを再確認するための行為だといってもいいでしょう。

 

こんなケースに要注意が必要

二人の間がこじれる原因の1つに、自分の個人的なフラストレーション(不満や欲求)を解消するために、相手をその標的にしてしまうということがあります。

例えば、かまってくれない彼氏に対してフラストレーションが溜まり、うまくいかないことがあると、すぐ彼のせいにしてしまうといったことです。

こういうことは、付き合い始めた頃にはまずやらないことなのですが、お互い相手に慣れてくるにつれ、気づかないうちに、いつの間にかはじまってい るのです。

こうした落とし穴にはまるのを防ぐには、いつも彼の身になって考えることを習慣にするのが一番です。

自分の行動を彼がどう感じ、どういう思いをしているのだろうかと考えるようにすることです。

どうも虫の居所が悪い…職場で不愉快な思いをした…仕事がうまくいっていない…何かで失敗した…生活が退屈だ…そんなとき、彼に八つ当たりしそうになったら、その結果彼はどんな気がするだろうかと、すぐに考えてみてください。

さまざまなストレス、屈辱、緊張、反発、落胆、怒り…小さなことから大きいことまで、さまざまな悲劇が彼の身にふりかかることになるでしょう。

ですからひと呼吸おいて、かまってくれない彼のことでも、しっかりと考慮してあげてください。

 

彼の気持ちも考える習慣をつけよう

彼の気持ち

このようにして、二人がお互いの気持ちを深く感じとることができるようになれば、いつでも慰め合うことができるし、彼を非難したい気持ちになっても、抑えることができるようになるでしょう。

もしそこまで考える余裕がなげれば、「自分は相手にとってなんなのか」と考えてみてください。

もしあなたがニックネームで呼ばれているのなら、心の中でその名を呼んでみましょう。

あなたは彼の「OOちゃん」なのです。

そうして、考えてみるのです。

いったい何が問題だというのだろうか、自分が八つ当たりされたらどんな気がするだろうか、と…

この方法は、かまってくれない彼氏に対してフラストレーションが溜まり、二人が感情的になって衝突したとき、争いがエスカレートするのを防ぐのにとても効果があります。

つまり、これは自分の言動が彼にどんな影響を与えるかを、相手の身になって感じる練習なのです。

こうして彼の気持ちを深く思いやることができ、感情移入できるということが、本当の理解に繋がるのはいうまでもありません。

またこの方法は、自分勝手な推測や決めつけをしないようにするための練習にもなります。

結局、どこまでも彼の身になってあげられるということこそ、真の愛情と理解の姿であり、二人が一つになるために必要な条件なのです。

また、「彼氏との気持ちのすれ違いへの対処法3選」もセットで読んでみましょう。

気持ちすれ違っていると感じているのであれば、放置しておくべきではありません。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る