初体験が怖いと感じる女性に知って欲しい4つのこと

女性にとって初体験が怖いという感情を抱いてしまうのは、当たり前のことであり、初体験は痛いや、血が出るといった情報がネットなどでも出回り、多くの女性が初体験に対して怖いというイメージを持ってしまっています。

また、彼氏が要求してくることに対して、断り続けることが正解なのか?それとも別れるべきなのか?といった悩みを抱く女性も非常に多いです。

今回の記事では、そんな初体験が怖いと感じる女性に知って欲しい4つのことをお伝えし、なぜそれが大事なのかというポイントをしっかりと挙げていきます。

とっても大事なことをこれからお伝えしますので、しっかりと最後まで目を通してください。

スポンサードリンク

不安や恐れも相手にさらけ出す勇気

人間は、とにかく自分の弱いところを他人に見せまいとするものです。

特に女性と付き合いはじめたばかりの男性は、何事においても強がりたがる傾向があります。

だからといって、愛する人との関係において、無理して虚勢をはっても、何の得にもなりません。

これは女性であっても、力を見せようとするのは、愛情を交わすのとは正反対の行為であることを知っておいてください。

人間である以上、どんな人にも不安や恐れはあって当然なのです。

それを隠して自分を強く見せようとするのは、嘘をついているということにほかなりません。

仕事や他の人間関係でならいざ知らず、彼氏と真に意味深い関係を築きたいのなら、男でも女でもそういう感情について、隠さずに語れることが必要で す。

もしもあなたが初体験が怖いと感じるのであれば、彼氏にその本音をぶつけてみる必要があります。

 

不安や恐れを抱くのは、恥ずかしいことではない

恥ずかしい 

世の中には、そうした態度を見下したりからかったりする風潮がありますが、愛する人に自分の不安や恐れを見せるのは、恥ではないばかりか、それができるということは、かえって勇気があるということです。

真に勇気があるということは、そういう感情を抱かないのとは違うということを覚えておいてください。

それからもう1つ、どんな人でも傷つくことを恐れています。

そういう初体験などの恐れは、私たちの心の中の、かつて傷ついたことのある分部や、今だに子どものままで成長できていないところなどの、非常に繊細な部分から生じています。

とるに足らない小さなことから、死の恐怖のような大きなものまで、恐れには非常にたくさんの種類がありますが、どのような種類の恐れもつきつめれば、私たちの心のもっとも壊れやすい、もろい部分から発しています。

すなわち恐れとは、私たち人間が自分を存在させていくうえで、もっとも根源的な感情であるといえるでしょう。

ですから、お互いにその核心部分を隠さずに表すこと、またお互いにそうした恐れに対して、それを受け入れる理解することこそが、二人が真に愛し合うことに繋がるのです。

結局、自分の不安や恐れを包み隠さず語るということは、彼の愛情を信じ、彼に心を開くということにほかなりません。

つまり、自分の一番もろい分部をさらすわけですから、それが彼に対する信頼にも大きく繋がってくるというわけです。

スポンサードリンク

体を通して伝わる愛とは?

心と体は、人間が存在するための両輪です。

私たち人間の肉体は、心(精神)が入っている容器(入れ物)であるとよく言われますが、同時に体は心を表現する手段でもあるわけです。

したがって、男女の愛に関しても、もちろん精神的なことばかりとは限りません。

誰かを愛しているとき、その基礎には、肉体的にも相手に惹かれているということがどうしても必要です。

だからこそ、二人の体は何も喋らなくても、その所有者の真髄を伝え合うことができるのです。

私たちは赤ん坊のとき、親に抱かれたりして体が触れ合うことによって、愛されていることを実感します。

母親の温かい胸や、父親の力強い腕に抱かれたとき、その皮膚感覚から安心感を得て、それによって愛情を学ぶのです。

一般的に、両親からそのようなスキンシップを十分に注がれて育った人は、大人になってからも精神的に安定しているため、好きな人ができたときには、自分が受けたのと同じような愛情を相手に注ぎたいという欲求が生まれます。

一方、そのような愛情を受けないで育った人は、相手からスキンシップを受けることを渇望する傾向が強くなります。

 

初体験ばかりが愛し合うではない

違う 

人は、肉体が喜びに満ちているときには、感情もポジティブで精神も高揚しています。

それゆえ、愛する人が惜しみなく体を与えてくれたとき、愛されていることを強く感じることができるのです。

ですから、愛する人と愛し合うときには、お互いに肉体的にも十分与え合うことにとまどうべきではありません。

ただし、スキンシップというのは、ベッドで愛し合うことばかりではありません。

彼が疲れていたら、足や背中を指圧したりマッサージしてあげる。

風邪をひいて熱を出していたら、額を冷たい濡れたタオルでふいてあげる。

虫に刺されたところに薬をつけてあげるなど、こうしたことも、全て体が触れ合うことによって示される愛情表現なのです。

相手が家に帰ってきたときには抱き合う、彼女が台所で何かしているときに肩に触れる、二人で話をしているときに彼(彼女)の腕や手に触れる、という具合に、特に理由がなくても何気ないしぐさで相手の体に触れたり、抱き合ったりして、頻繁に皮膚の接触をこころみてください。

そしてもしも愛し合うときには、体で会話することも忘れないように。

あなたの体は、言葉にできないほどたくさんのことを語り、愛情を与えることができるのですから。

 

焦る必要は全くありません

いかがだったでしょうか。

初体験が怖いという感情を抱いているのであれば、焦る必要はなく、心の準備が整うまで無理をしない方がいいでしょう。

最も、男性は怖いなどの感情を抱きにくいこともあり、体を求められることもあるかもしれませんが、そんなトラブルを避ける為にも本心を打ち明ける必要があります。

男性は女性よりも表情やしぐさで感情を読み取るのが苦手であり、言葉にしなければ伝わらないことも多々あります。

初体験というのは女性にとって非常に大事なことでもありますから、恥ずかしがらずに堂々と、彼と本音でぶつかるべきなのです。

また、「女を騙す悪い男の特徴10選」もセットで読んでみましょう。

世の中には体目当てで近寄る男性も多いですから、そういった不安が少しでもある場合は、特徴に当てはまらないかチェックしてみましょう。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る