黙る心理とよく喋る心理

なぜ、人は沈黙するのか

 

沈黙する理由は、人によって異なるだろう。

また、沈黙しているときの、その相手をしている人によっても、その沈黙の理由が異なると思う。

ここで、沈黙の構造の分析を試みてみよう。

スポンサードリンク

人はなぜ沈黙するのか。

さまざまな理由が考えられるが、思いつくままに列挙してみる。

 

1.相手への関心がない。

話をして関わることに価値がないという判断。

愛情が消えた場合など。

 

2.わがまま。

自分だけの世界に閉じこもっている。相手のことを考える配慮がない。

 

3.面倒くさい、わずらわしい。相手にしゃべらせておけばいいといった態度。

4.討論になったり、ケンカになってしまうので、それが嫌だ、そんなエネルギーがない。

5.自分の考えや思いをどう表現していいか分からない。あるいは、苦手、下手だから、照れくさいから。

スポンサードリンク

6.自分をさらけ出すのが怖い。批判されたり、裁かれたくない(そういう相手の場合は特に)

7.何をどう表現したらよいか、と慎重になりすぎて言葉が遅くなったり、話すチャンスを失ってしまう。

8.卑怯な態度を途中までは話しはするけど、話の結論を相手に言わせようとする。

 

9.責任をとらない態度や頼みごとなどで、「・・・してほしい」とはっきり言わず、相手が「・・・していいです」と言うのを待ち、言ったことの責任を相手に負わせてしまう。

10.黙っていても、相手は心を読みとってくれる、分かってくれるだろう、といった自分勝手な期待。

11.相手がよくしゃべり、しかも楽しんでいるので、ただ黙って聞いている方が楽である。

 

まだこの他にもあるかもしれない。

もちろん、人間の心理は複雑なので、こういった理由のいくつかが複合的に存在するのかもしれない。

 

 

「しゃべらずにはいられない」という心理

 

人がなぜおしゃべりになるのか、その心理構造を分析してみることにした。

考えついたことを挙げてみよう。

 

1.相手の沈黙の意味を分かりたい。

沈黙の意味が分からないと不安になるので、その不安から逃れたいために、口を聞かせようとして、いろいろと質問を浴びせる。

答えが返ってこないと、自分が考える答えを陳述してしまう。

 

2.沈黙に耐えられない。

相手が心を開くのを待つことができない。

1の場合と類似しているが、より自分の焦燥感が募り、黙っているのががまんできなくなる。

 

3.強迫観念から。

相手の沈黙とはあまり関係なく、つねにしゃべっていないと落ち着かない。

 

4.自己主張が強い。

相手にしゃべるチャンスを与えずに、自分を表に出し、人びとの関心を自分に寄せたいという欲求が強い。

特に、何人か人が集まったところでよく示す行動。

自己顕示欲が強い人によく見られる。

 

5.サービス精神が旺盛。

冗談を言ったりして、相手(一人より、集団のときの方が多い)を笑わせたり、感心させたりするのが上手。

実は相手へのサービスよりも、自分が悦に入るという自己満足のため。

 

6.単純に、相手が話をしないため。

間をつなぐとか、話題を提供して、相手の話を引き出そうとする。

 

7.心のふれ合いが欲しい。

「以心伝心」というが、心は、黙っていては通じないと考えているので、とにかく、言葉を交わすことで相手の心の内に入りたいし、自分の心の内も相手に伝えたいという思い。

 

8.コミュニケーションは、「言葉」を交わさなければ成立しないという思い。

言葉以外にもコミュニケーションの手段はあるのだが、そういった手段には長けていないために、言葉を重要する。

 

上記のような事が心理的に考えられる。

人間の心理というのは、データさえあれば、単純なのかもしれない。

 

関連記事

→彼氏彼女の会話が続かないや弾まないと思う方に

→嫉妬深いを治す方法!原因は愛情不足から?

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る