彼氏

元気ない彼氏を励ます時のNGワード6つ

人は誰しも、時として己の弱さに打ちのめされ、怒りや恐怖に駆られるものです。

彼氏が自らそうした感情を認めたときには、実はその場しのぎの励ましなどは、口にしない方がいいということをご存知でしょうか。

元気ない彼氏を本当に励ましたいのであれば、NGワードは極力避けて話すようにしましょう。

今回の記事では、そんな元気ない彼氏を励ます時のNGワードに関して、6つの項目と理由をお伝えしていきます。

スポンサードリンク

根拠のない励まし

☑こんな言葉はNG
「大丈夫、きっとうまく収まるわ」
「あなたなら乗り越えられるはずよ」など。

より分かりやすく進めていくために、まずは例を1つあげ、この例を参考に話しを進めていきましょう。

彼氏「秘書をクビにしなければならないんだが、どうしていいか分からない。職を失えば彼女が困るのはわかっているが、全く仕事ができないんだ。おかげで能率はがた落ちさ」

彼の訴え『この男性は一切、感情的な表現を用いていないが、その言葉には、相手への同情、葛藤、自分の仕事に対する不安、早く決断を下さなければという焦りが如実に表れている』

女性「心配しないで。物事は、自然と丸く収まるものよ」

 

実際には、問題が一人でに解決することなど、まずあり得ません。

日々のごくありふれた出来事さえ、些細なきっかけでトラブルへと発展しかねないのが現実。

それを口先だけの綺麗ごとで片づけるのは、彼から託された思いを真剣には受けとめていないことを、自ら白状するようなものです。

相手がコンピューターならば、スイッチを入れるのも切るのもたやすい。

でも、胸に刻まれた不安の文字を指先一つで消し去ることはできないのです。

こういった励ましを受けた元気ない彼は、独りになって気持ちを整理しようと努めるでしょうが、やはり不安は簡単には解消されず。

こうなってしまうと、苛立ちを抑えるどころか、自分に向けられていたはずの怒りさえ、その矛先を彼女へと転じることにもなりかねません。

スポンサードリンク

「前向きに考えて」

彼氏(弁護士)「明日は、かなり手こずることになりそうだ。法廷で闘う充分な準備がまだ整っていない」

彼の訴え『この男性も「心配でたまらない」とは口にしていないものの、当日の予想や自分の状況を伝えることで、内なる不安を訴えている』

女性「そんな弱気じゃ、成るものも成らないわ。もっと前向きに考えなきゃ。前回の裁判では勝ったじゃないの」

 

彼は、たちどころに不安を消してくれる魔法の杖など持ち合わせてはいません。

弱音を吐くことも許されないとなれば、不安はますます募るばかりでしょう。

人は重圧に押しつぶされそうになったとき、誰かにそれを打ち明け、胸のつかえを吐き出すことで精神のバランスを保とうとします。

この男性も例外ではありません。

あえて恐れを口にして気持ちを切り替える、それこそが前向きに考えるための最も効果的な方法なのです。

この場合、彼を励まそうと思うのなら、あなたがすべきことはただ1つ。

黙って、彼の気が済むまで話を聞いてあげることです。

この励ましは確かに、楽観的なものの見方に救われることは多いものですが、「果報は寝て待て」式の考え方は、むしろ元気ない彼氏には逆効果です。

何の努力もしないで都合のいい展開ばかり期待しても、それは見果てぬ夢というもの。

元気ない彼氏を励まそうと、自分では優しい言葉をかけたつもりが、彼にとっては逆効果であることも多いのです。

 

「あなたは恵まれている方よ」

彼氏「どうして僕にばかり、こう悪いことが続くんだろう。失業したうえに、今度は交通事故だ。何だか苦労して貯めた金が全部、消えていくような気がするよ」

女性「そんなこと言ったらバチが当たるわ、あなたはまだ恵まれている方よ。私が仕事で関わっている人たちをごらんなさい」

 

このひと言は、彼氏に罪悪感を与えるものです。

自分一人が問題を抱えているような顔をするのは間違っている、世の中にはもっと不幸な人たちが溢れているのだから、と。

これでは、おちおち愚痴をいうこともできません。

確かに恵まれているかもしれませんが、彼はこの先どうなるか分からない不安を、口にすると罪悪感を与えられるのですから、当然自分の殻に閉じこもってしまうことが想定されます。

 

「騒ぐほどのことじゃない」

彼氏(財産税の引き上げに、元気をなくし、怒りが湧いてきた)

「よそへ引っ越すぞ!これ以上、我慢できない。だいたい金だけ取られてオレたちにどんないいことがあった?」

女性 (穏やかな口調で)「ねえあなた。そう騒ぐほどのことじゃないわ。市が通りの向かい側の地所を売りに出したときも、引っ越そうと言ったわよね。ちょっと言ってみただけなんでしょ?それに、私たちの払った税金はいろいろ役に立っているわ」

 

この男性は、 何も税金のことだけに腹を立てているのではないかもしれません。

もしかしたら、その日昇進を逃したのかもしれないし、歯の治療にかなり費用のかかることが分かったのかもしれない。

そこへ税金問題がとどめを刺すことになったのだとしたら?

この物静かな女性は彼氏の怒りを鎮めているつもりでも、まるで子供をなだめるような扱いをしています。

恐らく、彼女の言った通り、この男性に本気で引っ越すつもりはなかった。

誰かに話すことで鬱憤を晴らそうとしただけかもしれません。

しかし、そう決めつけてしまうと、かえって彼はムキになり、何としてもあなたに自分が本気であることを認めさせようとするかもしれません。

結果的に、彼を心にもない行動へと走らせることにもなりかねません。

この場合は、むしろ怒りにまかせてドアを拳で突き破ったりせずに、自分の感情を言葉にしたことに注目すべきだったのです。

 

「最悪ではない」

彼氏「なあ、もしもこのまま歩合が下がっていったら、このマンションには住めなくなるかもしれないよ。こんなことは言いたくないが、実際、金が入ってこないんだ」

女性「まあ、そんな話はやめて。まだ最悪ってわけじゃないでしょ」

 

元気ない彼は、まさにそうなることを恐れているのです。

このまま手をこまねいていたら最悪の事態を招いてしまう、だから手遅れになる前に何とかしたいのだ、と。

このケースの女性は、問題を解決しようと相談を持ちかけた彼氏の努力を台無しにしてしまったわけです。

もしも、マンションを手放すことになるまでこの男性が何もせずにいたとしたら、彼女はきっとこう言ったはず。

「どうしてこうなる前に話してくれなかったの?」と。

この場合は、問題解決に協力している姿勢を見せることが、元気ない彼氏を励ますには一番いいといえるでしょう。

 

「嫌なことは忘れた方がいい」

彼氏 (内科医)「疲れたよ。あの病院にはもうウンザリだ。僕はこんな生活のために、十年も勉強してきたのか?」

女性「仕事に何の問題もない人なんていないわ。皆悩んでいるのよ。ねえ、映画でも観て、嫌なことは忘れるのよ。きっと、元気が出るわ」

 

この彼氏は、自分の心情を吐露しようとしています。

どれほど自分が混乱しているか、彼が感じているままをすべて吐き出して、気持ちの整理をつけたその「後」ならば、気晴らしも効果的だと申し上げておきましょう。

ろくに話も聞かず、上記の例のようにいきなり気晴らしを勧めるのは、彼の悩みなど時間をかけて聞くほどの問題ではないと決めつけているようなもの。

つまらない愚痴からはさっさと解放されたいと、そう言っていると同然なのです。

 

話を聞いてあげよう

いかがだったでしょうか。

元気ない彼氏を励ましたいのであれば、とにかく彼の本音を吐き出させることに力を注いでください。

彼が本音を口に出して外に吐き出すということは、心の中にたまっていた不安を外に吐き出していると同じ事なのです。

ですからアドバイスよりも、まずは彼の不安をとことん聞いてあげましょう。

どうアドバイスしたらいいのかわからない場合は、気分転換となる場所へのデートを予定するといいでしょう。

彼氏を励ますということは、あなたからのアドバイスが必ず必要ではないということを、覚えておいてください。

また、「大事にされる女性とされない女性の違い9選」もセットで読んでみましょう。

あなたは大事にされない女性の特徴というのをご存知ですか?

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
  1. 恋愛

    男性をその気にさせる方法と注意点9つ
  2. 恋愛

    恋は盲目愛は幻?その心理が笑えない4の理由
  3. 浮気

    愛人が欲しい男性心理と特徴5選
  4. 恋愛

    食事に誘う男性心理から読み解く6の事実
  5. 恋愛

    敬語を使う男性心理から分かる6の事実
PAGE TOP