恋愛

浮気を許してもらう方法~謝り方の重点7選

浮気という行為は、相手を傷つける最低な行為に間違いはありませんが、浮気というのはされる側にも問題がある場合も当然あります。

もちろん浮気癖がついているパートナーであった場合、自分勝手な言い分や行動で、愛する人を傷つけてしまうこともあるでしょう。

また、軽はずみな気持ちで浮気をしてしまい、愛する人を傷つけたことに深い罪悪感を感じ、関係をどうにか元通りに戻したいと思う人も当然存在します。

今回の記事では、そんな浮気を許してもらう方法~謝り方の重点に関して、心理テクニックを駆使した方法を、7ステップ式に例を挙げて分かりやすくお伝えしていきます。

スポンサードリンク

①自分を顧みる

許しを乞う立場として、あなたは真撃に己れを顧みなければなりません。

ただパートナーや他人からの意見を受け入れるのではなく、自分自身で問題の根を突きとめるのです。

過ちはいかにして起きたのか?二人の間の出来事を思い出し、そのときの自分が何を感じていたか、心の底を見つめるところからすべては始まります。

自分という人間を突き放して眺めてみたとき、あなたはどんな人間でしょうか?

胸のドキドキするような経験を求めずにはいられない?あるいは、「自分は魅力的なのだ」と、確かめずにはいられないタイプかもしれません。

過去にも、自ら破滅的な行動へ走ってしまったことがあったか?それとも、パートナーが充分な愛情を示してくれないせいで、心に迷いが生じただけ?

たとえそうでも、今すぐパートナーに反撃することは絶対にしてはいけません。

こうした問題をパートナーと率直に話し合うのは構いませんが、その場合、目的は原因を探り当てることであって、どちらが悪いか白黒をつけるためではないことを、パートナーにも理解してもらうことが必要です。

 

☑こんな場合はどうする?

もしも、あなたがパートナーのために苦しんできたのだとすれば、パートナーに対して思わずカッとなったり、罪悪感から逃れるために、逆にパートナーを責めるような場面も出てくるでしょう。

あなたは本心から自分の過ちを悔いているのか、それともパートナーの苦悩を知って済まないと思っているだけか、それを見極める必要があります。

そしていずれにせよ、今の自分の気持ちをありのままにパートナーに伝えてください。

最後に問われるのは、あなた自身の意思なのです。

心から「許し」を乞う気持ちがないかぎり、パートナーとの平穏な日々を取り戻すことはできないでしょう。

 

②パートナーに真実を告げる

真意を告げる

何があったのか、パートナーが知りたいと望むなら(あるいは、あなた自身が必要だと考えるなら)、できるかぎり詳しく話してください。

今、あなたの胸にあるのは罪悪感なのか、悲しみなのか、恐れなのか。

浮気という過ちを犯したときに、あなたが感じたものは、苦い後悔、喪失感、それとも困惑でしょうか。

パートナーにあなたの気持ちを理解してもらうためにも、浮気をパートナーのせいにするような言動はやめましょう。

もし実際に、浮気へと駆り立てる原因がパートナーにあったのならば、会話を通してパートナー自身がそれを悟るように仕向けてください。

一方で、浮気をして原因も全て自分の責任であると感じるのであれば、素直に真実を告げてみることが、許してもらう為には重要となります。

スポンサードリンク

③後悔の念を伝える

パートナーが今もあなたを愛していて、深く傷ついているとしたら、あなたはそれに対する自分の悲しみを、パートナーにきちんと伝えなくてはなりません。

「何であんなことをしたのか、自分でも信じられない。まるで他の誰かに操られていたみたい。この気持ちをどう伝えればいいのか分からないけれど、あなたを苦しめたことも、自分を庇めたことも、心から悔いている。」といった後悔の念を、パートナーに告げましょう。

もちろんこれは本音を話さなければなりませんので、浮気を許してもらう為に嘘偽りの言葉を並べるのは、やめましょう。

 

④パートナーの話を聞く

話を聞く

この件について話をするときには必ず、パートナーの言い分をパートナーの気が済むまで聞くこと。

話をはぐらかして、事実から目をそらさないでください。

まだ傷も癒えないうちに、パートナーに何事もなかったかのようなフリを強いても無意味なことです。

そもそも、重要な問題をきちんと話し合ってこなかったことが、こうした事態を招いてしまったとも言えるのですから。

 

⑤軌道修正を図る

同じ過ちを二度とくり返さないと心に決めたら、次はそのために「どうすればいいか」を考えましょう。

大々的な意識改革をしようというのですから、あなた自身が変わる努力をすべきなのはもちろん、パートナーのサポートも欠かせません。

たとえば、あなたの飲酒が原因で二人の関係にヒビが入ったのだとしたら、まずはお酒の飲み方から変えていかなくては、その先の成長も変化も望めないでしょう。

職場での誘惑が問題だというなら、真剣に転職を考えてください。

「この先いつまた孤独感に苛まれ、浮気に走ってしまうかもしれない…」

そんな不安に打ち勝つには、あなた自身が孤独との上手なつき合い方を身につけるしか、浮気を防ぐ方法はないのです。

 

⑥過ちを償うために

償う

浮気をした罪のために、パートナーに対して今、何を差し出すことができるかを考えてみてください。

時間、反省、会話、触れ合い、涙など、形はどうあれ、あなたの後悔や愛情、パートナーの心の痛みや願望を真撃に受けとめ、過去の過ちを乗り越えたいと願 っていることを、はっきりそれとわかるようにパートナーに伝えることが大切です。

驚くことに、こうした関係修復の過程では必ずと言っていいほど、冷めかけていた二人の気持ちに火のつく瞬間が訪れます。

かつてないほど激しくお互いを求めている、そんなときには情熱のおもむくままに愛し合うのもいいでしょう。

身も心も一つに結ぼれることが、結局は関係修復における最も重要な要素なのかもしれません。

許しを乞う為に贈りものをするなら、金額にこだわらず、「あなたの何気ないひと言に気づいていた。あなたの好みも、今何がほしいかもちゃんとわかっている。」そんな思いが伝わるような品物を選んでください。

やり直そうとしている二人ならばなおのこと、けじめとなる儀式を行うことで、関係修復にも弾みがつくはずです。

またどういうわけか、浮気の噂はすぐに広まるものですから、親しい友人たちを招いて二人の決意を知ってもらうのもいいでしょう。

形式にこだわる必要はありません。

やり方はどうであれ、自らの過ちを償おうとする姿勢に意味があるのです。

パートナーにきちんと後悔の念を伝え、許しを乞うにはどうすればいいか、その具体的な方法については、最後にご紹介する方法をぜひ参考にしてください。

 

⑦和解への道のり

過去を乗り越え、和解へとたどり着いた二人。

浮気の許しを乞う側のあなたも、ようやく罪悪感から解放されるときがきました。

過去の過ちはきちんと受けとめ、自分の心に言い聞かせてください。

「自分にできる償いはすべてしたのだから、もうこれ以上自分を責めるのはやめて。罪悪感からは何も生まれない。これからも、お互いに許し合えるような二人でありたい」と。

再出発への旅は、パートナーからあなたへ、あなたからパートナーへのかけがえのない贈りものです。

押しつけず、見返りを求めずに、お互いを尊重し合える二人だけが知る「与えることの喜び」なのです。

いつまでも過去の過ちにとらわれていては、かえって相手を追いつめ、新たな罪を生む結果にもなりかねません。

今こそ過去の呪縛を断ち切り、服罪の日々に終わりを告げてください。

 

裏切らないと決心しよう

いかがだったでしょうか。

もしも浮気を許してもらえたのであれば、もう二度と同じ過ちを犯さないと心に決め、愛する人を傷つけるようなことはやめましょう。

更にこの際に、普段の何気ない言動がパートナーを傷つけたり、困らせたりしていないのかに関しても、振り返ってみるといいでしょう。

いずれにせよ、浮気を許してもらえたのであれば自分自身を見直す絶好の機会となります。

この機会を有効活用して、自分自身を見直す期間にできれば、再びパートナーを傷つけてしまうかもしれない原因を無くすことができます。

また、「浮気したい人の心理や気持ちの抑え方6選」もセットで読んでみましょう。

こちらを読んで、あなたが浮気した時の心理状況や気持ちの抑え方を知ってみませんか?

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
  1. 彼氏

    彼氏の行動心理10選〜あなたの謎を3分で解明!
  2. 恋愛

    男が本当に好きな女に見せる態度10選
  3. 恋愛

    絵文字を使わない男性心理から分かる8の事実
  4. 恋愛

    恋は盲目愛は幻?その心理が笑えない4の理由
  5. 恋愛

    男性をその気にさせる方法と注意点9つ
PAGE TOP