女性

占いを信じる心理~占い好きな女が多い本当の理由を教えます!

占いを信じる人もいれば、占いを信じない人もいるわけですが、信じる人は比較的女性に多いと言われており、これにはしっかりとした理由が存在します。

また、占いを信じてしまう人もこの世にはたくさんいるわけですが、なぜこれほど多くの方が占いを信じるのか、あなたは本当の理由をご存知でしょうか?

占いが引き起こす錯覚心理などの、謎についても解明していきましょう。

スポンサードリンク

占いを信じる理由

占い信じる

バーナム効果

バーナム効果は、占いでは必ず使われる心理テクニックであり、意味としては、【誰にでも当てはまるような性格を表す】ことを意味します。

ここに1つ例を挙げてみましょう。

1.あなたは寂しがり屋の一面がありますが、人間関係がめんどくさいと感じることもありますね?

2.自己中心的な一面も見られますが、友達に優しく、自己犠牲の精神があなたにはしっかりと備わっている

上記のような、人間であれば誰にでも当てはまるような性格を口に出せば、外れることはまずありません。

どれだけ几帳面な一面があるといっても、面倒だと感じれば、誰だってサボってしまうことはありますし、手を抜いてしまうこともあるのです。

またこのバーナム効果の凄い部分は、1つのことをズバッと言い当てるのではなく、「〇〇だけど〇〇な一面もある」と、二面性を指摘する部分にあります。

人間というのは、二面性を指摘されることで、自分の心の内を本当に覗かれているような錯覚に陥り、占いを信じてしまいやすくなるというわけです。

実際に占いを経験したことがある人であれば、思い出してみてください。

おそらく、「〇〇だけど〇〇な一面もある」といった占い方をされているのではないでしょうか。

 

予言通りに動いた

半信半疑であっても、占い師が助言したことが当たったり、どう進むべきかのアドバイスが的確で、アドバイスを取り入れたところ上手くいったことによって、占いを信じるようになる人もいます。

自分に自信がない人ほど、こうして他人に依存することが多くなりますので、前回の占いがズバリ的中していた場合、その占い師を信じてしまうことも無理はありません。

例えば占いを信じていない人も、ロト6の一等が当たることを事前に予言されていて、実際に当たったという経験をしたのであれば、おそらく「あの占い師は凄い」といった感情が芽生えるはずです。

スポンサードリンク

占いでよく使われる言葉

占い

ここでは、占いでよく使われる言葉について見ていくことにしましょう。

占いでよく使われる言葉を知ることによって、より占いを信じてしまう人と、信じない人との違いが明確に見えてきます。

☆占いでよく使われる言葉

  • 〇〇だけど〇〇な一面もある
  • 自分では〇〇と思ってるけど、本当は〇〇な一面も持っています
  • 〇〇に見えて、実は〇〇なタイプです
  • これから先、〇〇な才能が開花し、〇〇な実力を秘めている
  • 将来は〇〇に関しては、心配する必要がない
  • あなたは〇〇年を過ぎた後に結婚し、仕事に関しても心配はない
  • あなたは〇〇されたいという願望を持っている

上記のように、二面性を強調するというテクニックと、未来に関する助言、誰にでも当てはまると思うような性格面を、よく占い師の人は指摘します。

バーナム効果にて、二面性と誰にでも当てはまる性格に関してはもう説明済みですが、なぜ未来に関する助言をすることも多いのだと思いますか?

理由は簡単であり、【未来のことは誰にも分らない】からであります。

近未来型投資詐欺なども同じですが、未来のことは誰にも分らないので、正論で反論することも難しいですし、未来のことをいい方向に口にしておくことによって、占われる側の機嫌を損なわない=占いとしての評価が上がるという考え方にも繋がるのです。

 

占い好きに女性が多い理由

占い 女性

歴史が関係する?

占い好きに女性が多いということは言うまでもなく、実際に有名な占い師が営業しているお店を覗いてみると、ほとんどが女性であります。

なぜこれほど男性よりも女性に占い好きな人が多いのかといえば、これは人間が生き抜いてきた環境が大きく関係していると考えられています。

まず男性の場合、昔から家族を守る大黒柱として、外の世界で勝ち抜くための力が必要だったので、男性というのはどうしても結果にこだわりますし、力に対する憧れが非常に強いです。

力を手に入れることは、昔で言えば自分や家族を守ることに繋がったので、これが今の世まで受け継がれており、男性の方がアプリなどでレアカードをゲットするために課金してしまう割合が多いのも、その為です。

一方で女性の場合、社会に出て外の世界で戦うというよりかは、どちらかといえば男性が外の世界で出した結果を待つという、受け身な立場でいることが多かったのです。

自らの力で勝ち取るというよりかは、常に受け身でしかいることができなかった時代を生きてきた女性は、ある意味運にすがることで、希望や安心感を得てきたのではないか、という考えがあります。

 

脳が関係する?

よく男性は理論的で女性は感情的であるといいますが、ネットなどで検索をかけてみても、同じような質問や結論を出している人が多くいます。

確かに男性は計画的であり、急な事態にも柔軟に対応できる人が多く、女性は感情に左右されるため、急な事態に弱いという分部があるようにも思えます。

これは男女の会話を思い出してみても分かりやすく、男性は相談されると答えを言いたがりますが、相談側の女性は、ただ話が聞いてほしいだけである、ということが多いですよね。

一方で男女関係なく、「感情語」と「論理語」が関係していると考える現代文講師の方もいますので、今のところこれが100%間違いなく正解だという回答が、どれであるのかということははっきりとは分かっていません。

 

ハマりやすい性格や心理

占い はまる

依存体質である

人間というのは決して強い生き物ではなく、何かに押しつぶされそうになったり、ストレスが溜まったり、不安な気持ちになると、やがて特定の物にしがみつき、依存してしまう傾向が強いです。

占い依存症という言葉があるように、運命を全て占いにゆだねる、または占い師の助言がなければ不安で仕方がないという人を知っていますが、こういった人は、占い依存症であるといえるでしょう。

このタイプの人が気をつけるべき点は、洗脳されないこと、そして詐欺師に騙されないことです。

占い師を装い、洗脳してしまうケースはよく詐欺師が使う手段でありますから、占い依存症の疑いがある人は、特に詐欺師に注意をしなければなりません。

 

理想が高い

理想が高ければ当然恋人を作ることも難しくなりますし、何より自分が描く理想通りの恋愛を待つ傾向が強くなります。

こういった人が長年恋人が続かない状態が続くと、どうすれば理想の人が現れてくれるのか?理想の人と出会えるのか?私は理想の人といつ出会えるのか?という不安が心にたまり、やがて他人の力を借りるようになってしまいます。

他人に助言をもらうだけでも、心がすっきりとしたり、希望が再び燃え上がったりするものですが、こういった人は神社などに依存することも多くなります。

また理想が高い人の特徴としては、過剰に縁起を担いだり、迷信を信じて振り回される人が多いといった特徴も見られます。

 

孤独/友達が少ない

孤独であったり、友達が少ないという悩みを抱えている人は世の中にたくさんいますが、孤独である人というのは話し相手やアドバイザーが周りにいないので、どうしても不安な気持ちやストレスを溜めこんでしまう傾向にあります。

当然没頭できるような趣味がある人であれば、趣味を通して解消できるかもしれませんが、やはり人間であれば、誰かに話を聞いてほしい時は必ず訪れるのです。

そんな時に占いへと足を運ぶことで、自分が抱えている不安や愚痴をすべて吐き出すこともできます。

また占い師は知り合いではありませんので、自分のコンプレックスといった弱い部分をさらけ出しても、周りに伝わることも無いので、比較的楽に相談しやすいということも関係していると考えることができるでしょう。

 

優柔不断な人

よく服を購入する際に、「どっちが似合う?」とか、お金を出費するか迷う際に、「どっちがいいだろう?」と、周りに質問する人がいますが、これは後押しが欲しいという本音が隠れており、自分と意見が一致すれば、一歩踏み出そうと思えることは不思議なことではありません。

よく当たるとされる占い師であれば、自分の未来を託してみるということも、大いにあり得ることでしょう。

注意点としては、いい加減な占い師も必ず存在するでしょうから、いい加減な占い師を頼ることを避けることが重要となるでしょう。

 

信じる信じないは自分次第

いかがだったでしょうか。

占いを信じる派の人も、占いを信じない派の人も、どちらにせよ自分の未来が明るい未来なのであれば、それで結果オーライなのです。

自分がどちらを選択すべきなのか、本当に自分で決めきれないときには、よく当たると評判の占い師に頼り、その選択にかけてみることも、人生を面白くする方法の1つであるかもしれません。

当然、自分の将来が大きく左右されるようなことを、面白半分で試してみることはリスクが伴いますので、そこは慎重に行動に出るべきでしょう。

特に男性は人生を占いを信じるなんて馬鹿げていると思っている人が多いかもしれませんが、そんなことを言えば、男性だってギャンブルに人生をかけている人もたくさんいるのです。

占いを信じる派の人は、依存症とならない程度に、占いの世界観を楽しんでみることをおすすめします。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
  1. 恋愛

    男性をその気にさせる方法と注意点9つ
  2. 浮気

    愛人が欲しい男性心理と特徴5選
  3. 恋愛

    男が本当に好きな女に見せる態度10選
  4. 恋愛

    絵文字を使わない男性心理から分かる8の事実
  5. 恋愛

    敬語を使う男性心理から分かる6の事実
PAGE TOP