恋愛

犬が好きな人の心理~独身がペット購入で恋を諦める理由って?

ペットを飼っている世帯は、今や3世帯に1世帯の割合であるというデータもあるほど、今ではペットを飼っていることは普通であり、ペット可の賃貸も今では簡単に見つけることができる時代となりました。

そんなペット王国日本の中でも、特に犬を飼っている人の割合というのは高く、さらに犬が嫌いや苦手だという人も割合的も少なくなってきているというデータも出ています。

犬好きな人心理には、どういった欲求が満たされ、犬を溺愛するほど愛情を注ぐようになるのか、そのメカニズムについて解明していきます。

犬好きな人の心理4つ

犬好きな人

孤独感を無くしてくれる

犬が孤独感を無くしてくれることは、説明なしに多くの人が共感できることの1つであります。

例えば独身の方が仕事を終えて疲れて家に帰ると、急激に寂しい気持ちに襲われることがありますが、犬はそういった孤独感を埋めてくれます。

犬嫌いな人からすれば信じられないかもしれませんが、犬というのは飼い主が悲しんでいれば、その感情をくみ取ったかのように、慰めてくれたり、心配してくれたりするものです。

どれだけ寂しい夜であろうが、犬がいることでその孤独感が軽減されたり、悲しい気持ちだって軽減してくれることは珍しことではありません。

さらに寂しい気持ちの時に、自ら犬に近づくことで、犬は人と違い飼い主を拒否するようなことは考えれないので、当然受け入れてくれるのです。

この孤独感がなくなったということが理由で、恋をする理由がなくなったという人もいるほど、犬というのは人の心の癒しとなり、寂しい気持ちを吹き飛ばすパワーを持っているのです。

安心感を得ることができる

恋人と一緒に寝ることによって安心することができると答える人がいますが、まさにこの安心感と同じ心理欲求を、犬は満たしてくれます。

これは接触行動というものであり、「血のつながりがあるものとの触れ合いは、人に安心感を与える」という効果が期待できます。

さらに安心感を与えると同時に、穏やかで幸せな気分を与えてくれるということも分かっており、人が失恋などで悲しい気持ちになった時に、犬などのペットと触れ合うことで、気持ちが穏やかになるのは、このためであります。

また犬は愛くるしい外見をしていることからも、感情移入がとってもしやすく、しっぽを振って喜んでくれる仕草をよく見せるので、自分の寂しさを受け入れてくれる存在であると人は感じやすいのです。

ですから悲しい時に犬に語りかけ、自分の感情を犬に伝えているドラマなどをよく目にしますが、これは寂しさや切なさを受け入れてもらい、そして安心感を得たいという心理が関係しており、独身の場合、安心感を得ることによって、恋人がいなくても一人じゃないという気持ちにも繋がりますので、結婚を諦めてしまう人も当然出てくるわけです。

 

犬は裏切らない

よくペット愛好家の人が「動物は裏切らない」という言葉を口にする人がいますが、これは確かにその通りであると思います。

家に帰ると、出迎えてくれる存在である犬というのは、家に帰っても自分は一人じゃないという希望を与えてくれ、さらにしっぽを振って帰宅を喜んでくれる姿に、自分が生きる価値を見つけたという人も中に入るでしょう。

人間というのは欲の塊であり、自分の利益の為であれば平気で人を裏切る人もいますので、そういったドロドロとした人間関係に疲れきってしまった人ほど、決して裏切らない犬やアニメなどに恋をしてしまいやすくなる傾向が見られます。

さらに自分が犬に対して少し残酷なことをしてしまっても、また再びしっぽを振って帰宅を喜んでくれる犬だけに、飼い主との信頼感というのも非常に生まれやすい関係でもあるのです。

自分が傷つくのが怖い、自分の思い通りにいかない世の中に不安がある人は、犬を飼うことで、そういった欲求を解消することができるのです。

恋人に過去に浮気をされた、いじめられて友達ができないなどの、過去に強いコンプレックスを抱いている人からすれば、犬が唯一の心を許せる存在であるという人もいるはずです。

 

養護欲求を満たしてくれる

養護欲求とは、「他人を守り他人を助ける欲求」のことを言い、この養護欲求があるからこそ、「この子には私がいないとダメ…」という気持ちになってしまうというわけです。

これは恋愛などでも見られる心理であり、特に誰かを守りたいという欲求が強い人ほど、支配欲が強い人であると言われており、自分が相手を助けることによって、自分に逆らえないような環境づくりをしていくことが、この心理にも当てはまります。

当然そんなつもりでペットを飼うという人はいないと思いますが、この養護欲求により、子供を育てるという本能的な欲求を、人は満たしているのです。

故にペットにはまる人というのは、養護欲求が強い傾向が見られ、さらに母性本能が強い人であると言い換えることができるでしょう。

犬を我が子のように育てる人がいますが、これは本能的な欲求を満たしており、それが生きがいであるという気持ちも、心理を知ることによって、少しは理解できるようになった人もいるのではないでしょうか。

 

犬が人にもたらすメリット

犬 メリット

ストレスの軽減

犬が癒される=ストレスの軽減に繋がることは当然であり、これは幸せを分泌するホルモンの分泌量が増加されるということも分かっています。

そのホルモンとは、「オキシトシン」であり、オキシトシンは安らぎの感情を強めたり、情緒を安定されるといった効果も見られます。

このオキシトシンの分泌量を増加するには、犬以外にも、感動したり、恋人と触れ合ったり、私生活を改善することで、分泌量の増加を期待することができます。

また恐怖心を減らし、信頼関係の構築にもこのオキシトシンは効果があるので、ボディタッチなどをすると親密度が上がるのは、このためであります。

 

リラクゼーション効果

リラゼーション効果とは、緊張を緩めたり、息抜きをすることをリラクゼーション効果と言い、患者の治療に役立つということを耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。

ペットによるリラクゼーション効果は、「血圧や心拍数が下がる」ということが分かっており、ペットを使った治療方法を実行しているところも、世界中で見られます。

犬があなたの健康に大きなメリットをもたらすということが分かったと思いますが、先ほどもお伝えしたオキシトシンも、高血圧の抑制や、免疫力の向上、心臓の機能を高めるといった効果が期待できるので、実は愛するワンちゃんがあなたの健康に多きなメリットをもたらしてくれているという、隠れメリットが存在するのです。

 

人生が楽しくなる

犬を育てることが生きがいであったり、犬の散歩に連れていくのが日課となり、人生が楽しくなったという人はたくさんいますし、暇な人生にたくさんの刺激を与えてくれるのがペットであったりもします。

家に引きこもりがちであったという人でさえも、散歩やペット用品をきっかけに、外に出る回数が多くなり、以前より健康的になったという報告もたくさん聞かれます。

また、オキシトシンは幸せホルモンと言われているので、オキシトシンが分泌した結果、今の現状でも十分に幸せであることに気づくという可能性も、十分に考えられるでしょう。

犬を通して学ぶこともたくさんありますし、犬が人生に与える影響というのは、計り知れないほどの影響力があるのかもしれません。

 

犬好きに多い性格の特徴

犬好き 性格

寂しがりでかまってちゃん

よく犬と対象にされる猫でありますが、犬好きと猫好きの性格面での違いというのは、寂しがりであるのか、それともマイペースで気まぐれであるのかの違いが、多く見られると言われています。

確かに犬はどんな時でも飼い主の近くに寄り添い、甘えたで、飼い主を頼りにすることも多いですが、猫は甘えたな猫であっても、やはり距離感をとる猫は多いです。

自分に頼ってきてほしい、常に傍にいて欲しい、べったりと甘えてきてほしい、といった願望が強い人ほど、犬が好きになってしまうというのも、納得です。

 

お世話好きな人

ペットを飼う人全員に挙げられる特徴であると思いますが、犬を飼う上では、散歩に連れていったり、お風呂に入れてあげたりと、様々な世話をしなければなりません。

お世話好きな人というのは、こういった他人に尽くすことで自分の存在価値を確認したり、自分にも同じように恩を求めるというわけでありますが、犬好きのあなたは、どちらかと言えばお世話好きである性格だと、周りから言われたことは無いでしょうか。

毎日の散歩や定期的なお風呂というのは、マメで自己犠牲精神がなければ、簡単にできることでもないので、犬が好きな人はお世話好きな性格傾向が見られると言われているのです。

 

ペットロスになりやすい人って?

ペットロス

ペットを飼う人が増加した結果、ペットロスに陥り、なかなかそこから脱出できないという人は、世の中にたくさんいます。

そんなペットロスに陥りやすい人の特徴を、以下にまとめておきましょう。

  • ペットに依存している
  • 後悔することが多い性格
  • 自責の念にかられやすい性格
  • 予想外の突然の死を受け入れる時

上記のような性格の人は、ペットロスに陥りやすい性格であるために、ペットの死が近づいてきていることを感じているのであれば、事前に対策をしておくなどの必要があるかもしれません。

ペットロスの症状としては、やる気が起きない、睡眠食欲の減少、落ち込む日々が続くなどの症状が見られますので、死が近づいていると感じる場合は、対策法をしっかりと頭に入れておくといいでしょう。

 

ペットで繋がる愛もある

いかがだったでしょうか。

独身がペットを購入すると、一生独身のままである確率が高まるという情報が、ネットやテレビを通じて出回っていますが、ペットを購入すると安心感や孤独感が減り、独身でも十分に幸せだと思える人が多くなる可能性は当然あるでしょう。

しかしながら逆に、ペットを通じての恋が始まるということも考えられますので、最近恋をしていないという人がいるのであれば、一度犬好きが集まるオフ会や、散歩でいつも会う人に話しかけてみてはいかがでしょうか。

これは友達がいない人でも同じであり、ママ友がいない、結婚後に友達が減ったという悩みを持っているのであれば、犬好きという性格を活かして、様々な出会いが想定できる場所に足を運んでみるといいでしょう。

何にせよ、ペットというのは人々にたくさんの幸せを与え、人生に生きる活力を与えてくれるということは、間違いありません。

関連記事

  1. 恋愛

    重い女にならないために尽くす恋愛はやめよう!

    思い切って「NO」を突きつける勇気を「わたしっ…

  2. 恋愛

    性的魅力を感じない心理的原因4つ

    性的魅力を感じない相手に対して、付き合うか付き合わないか悩む人。…

  3. 恋愛

    面長芸能人から学ぶイケてる自分の見せ方

    ※男女ともにご紹介しています。面長というと、どのようなイメージ…

  4. 恋愛

    浮気を許してもらう方法~謝り方の重点7選

    浮気という行為は、相手を傷つける最低な行為に間違いはありませんが、浮気…

  5. 恋愛

    熱しやすく冷めやすい恋愛ばかりの理由は趣味間隔だから?

    「気持ちが続かないんです・・・」私って、どうし…

  6. 恋愛

    レディーファーストの起源や意味4つ

    日本はレディーファーストが出来ない国と言われていましたが、時代は変わり…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 恋愛

    食事に誘う男性心理から読み解く6の事実
  2. 恋愛

    男性をその気にさせる方法と注意点9つ
  3. 恋愛

    恋は盲目愛は幻?その心理が笑えない4の理由
  4. 浮気

    愛人が欲しい男性心理と特徴5選
  5. 彼氏

    彼氏の行動心理10選〜あなたの謎を3分で解明!
PAGE TOP